タロットカードの意味|マルセイユタロット大アルカナを逆位置も含めて読み方を解説

タロットカード(マルセイユ版)の意味を一覧で解説しています。

このページには特に、マルセイユタロットの大アルカナ22枚について、逆位置も正位置も含めた読み方のコツをまとめています。

リーディングをする際にすぐ使える押さえておきたいポイントを簡単にまとめています。ぜひ、ご活用ください。

なお各タロットカードの詳しい意味の分析や解説は、カードごとに設定しているリンクからご覧いただけます。

マルセイユタロット大アルカナ一覧

タロットカード(マルセイユ版)「愚者」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「愚者」を数字でみると「0(ゼロ)」。
「愚者」に「何もない」と考えるならば、知識がない、仕事がない、お金がない……一方で、怖いものがない、所属がない、しがらみがない、といってもいいでしょう。

「愚者」を、なにも持たずにこの世に生まれてくる赤ん坊のような存在だとするならば、何ものにでもなることができ、また、いかように生きることができます。

あるいは自らすべてをなくすことで、「愚者」は、これまでの世界と決別し、新しい世界に臨もうとうとしている姿だとみることもできます。

また、これまでの記憶を失い彷徨っている、とも読むことができます「愚者」。

可能性が潜んでいる一方で、どこか世間や他人の意を介さないところもあります。

このカードが逆位置になると、愚者の目線の方向が変わります。
自分の内側に目線がいきますから、「人の意を介さない」ところが強調されることになります。また外には背を向けますから、極端に解釈すれば、外の世界に適応できずに逃走してきた、と読むことも可能です。

いずれにしても、カードに含まれる言葉は常に二面性を持っています。積極的な意味も消極的な意味もすべてを総じて、その時のリーディングに相応しい言葉を選んでいきたいところです。

タロットカード「愚者」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「0」:境界/楕円/ない
  • 絵柄「犬」:守り/護衛
  • 絵柄「崖」:境界
  • 絵柄「人物」:右向き→外へ解放、外へ脱出
  • 絵柄「閉じられた袋」:封印されている力、所有物
  • 絵柄「服」:社会的人格→破れている→本心が見える

タロットカード「愚者」の意味を表すキーワード

積極/解放/可能性/推進/自由/独創的/未知/無知
消極/閉鎖/無駄/挫折/無防備/非常識/逸脱/建設的

タロットカード「愚者」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「愚者」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「愚者」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「愚者」は、目的もなくふらふら~っと旅するかのような自由さと気楽さがあります。
でも、この無作為さが「愚者」のいいところでもあります。

もう少し気を緩めたらエエで
「愚者」は、そうアドバイスしてきます。気持ちの向くままに進むのがここでは吉です。

こちらに、タロットカード「愚者」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|愚者

ワンオラクルで「愚者」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「魔術師」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「魔術師」のカードは「1」とつくように、始まりやスタートを意味します。
また、魔術師とともに描かれている「コイン」「ナイフ」「カップ」「棒」から、魔術師には世界を想像する力は備わっている、とも読めます。

大アルカナ1:魔術師のカードは、「1」とつくように、始まりやスタートを表わすカード。物事のスタートや節目を表します。

魔術師の絵柄をみると、そこには「棒(火)」「ナイフ(風)」「コイン(土)」「カップ(水)」といった、万物を創造する「四大元素」が描かれています。
つまり魔術師には世界を想像する力は備わっている、というわけです。

創造の力を携え、物事をスタートさせる魔術師。

いざ、まいらん!
素晴らしいスタートダッシュが切れそうです。

このように、物事をはじめる才能がある魔術師も、逆位置になれば、自分の力を信じることができずにスタートの一歩が出せない状態にある、あるいは、準備が不十分なまま、いきあたりばあったりでとりあえずスターを切った、と読むこともできます。

いずれにしも、世界を創造する力が使える魔術師はスタートラインに立ったばかり。スタートラインから一歩前にでるか、あるいはそのままとどまるかは本人しだい。もし、スタートラインから一歩前に出たとしても、自分の持っている力を存分に使いこなせかどうかも、魔術師本人しだい。

ここからスタートをきった魔術師がどんなふうに生きていくかは、魔術師のこれからの選択にかかっているということは、押さえておきたいところです。

タロットカード「魔術師」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「1」:スタート/開始/新しさ/オリジナル/節目
  • 絵柄「机」:場/特定の範囲/環境
  • 絵柄「品物」:棒→火の元素/ナイフ→風の元素/コイン→土の元素/カップ→水の元素/
  • 絵柄「帽子」:頭のフィルター/天と自分の仕切り
  • 絵柄「人物」:左向き→内面・野心

タロットカード「魔術師」の意味を表すキーワード

スタート/実行する/再起/発展/決める/学生的/オリジナル
流動的/衝動的/見直し/口だけ/弱気/他者期待/猿まね

タロットカード「魔術師」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「魔術師」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「魔術師」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「魔術師」は、本人が自覚をしているかどうか、は別として、なにかをスタートする準備が整っている状態を表します。はじめる力は、十分にあるのです。

だから「魔術師」は、「さぁ、はじめよかー」とアドバイスしてきます。

はじめた後のことは、ここではまだわかりません。でも、その力は十分にもっているわけで……ここで使わんとどうすんの?! とさえ言ってくるでしょう。
ここは、まずはやってみる、が吉です。

こちらに、タロットカード「魔術師」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|魔術師

ワンオラクルで「魔術師」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「女教皇」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「女教皇」は動きがすくなく内向きのカードです。ですが、動かないのには訳がある……それは、あらゆる可能性を探っているから。

女教皇の持つ書物がアカシックレコードだとするならば、そこには宇宙のあらゆる記憶が保存されています。

そんな書物を手にする女教皇は、アカシックレコードを守ろうとしてるとも読めますし、新しい記録を綴る作業をしている、ともいえます。あるいは、私たちにその記録を伝えようとしているのかもしれません。

読み方のコツとしては、基本的に「過去を守る」性質があることを思い浮かべてください。それともうひとつ。「受動的」であるということです。常に受け身です。自ら動き出す性質にない、というところもあわせて押さえておいてください。

もし、このカードが逆位置にでたならば、過去に執着して手放せないでいるか、あるいは、過去のことがうまく昇華できていない、と読むことができます。

いずれにしても、これまでに学んできた智慧や知識を活かそうとおもえば、可能性を探る作業をやめて、女教皇の態度から抜けて行動を起こすことが大切である、というところが案に隠されているカードです。

タロットカード「女教皇」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「2」:相対/関係性/変化/受動/無意識/非行動/資質
  • 絵柄「本」:データーベース/過去の記憶/集団記憶/トーラ
  • 絵柄「衣類」:布/ベール→あいまい・包む
  • 絵柄「人物」:左向き→内面・自己・閉鎖的

タロットカード「女教皇」の意味を表すキーワード

資質/受動/相対/可能性/変化/無意識/恩恵/運命的
潜在的/非行動/依存的/生産性はない/思い込み/閉鎖的/呪縛

タロットカード「女教皇」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「女教皇」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「女教皇」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「女教皇」は、直観力と知性に溢れた過去の番人……厳粛な雰囲気を持っています。
そんな「女教皇」は、自ら刻んできた過去にも光をあててくれます。

もうええやん。やるだけやってきてんから。あとは流れに身を任せたらエエねん。

「女教皇」は、そんなアドバイスをしてくるでしょう。ここは、受け身でいること、が吉です。

こちらに、タロットカード「女教皇」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|女教皇

ワンオラクルで「女教皇」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「女帝」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「女帝」は創造や豊かさを象徴するカードです。
「3」という数字は外向きで能動的な数字ですが、ここに女性が描かれているのは、女性しか子どもが産めない、という事実から、「3」の生み出す性質を強調したかったのかもしれません。

このカードは「豊かさ」も表している、といいましたが、それは、この生み出す力があるからこそです。

創造が豊かさが生み出しているのだとすれば、私たちの今の豊かさは、これまで創造を生み出してくれていた人たちがいるからともいえます。

もし次の世代を担う子どもたちに豊かさを残そうと思えば……私たちの創造力にかかっているのだ、と思わずにはいられません。

このカードの読み方のコツは、「創造性」や「豊かさ」がある一方で、それは果てない生産を続けることが裏テーマです。つまり、休むことをしらない、というわけです。

テーマや他のカードとの関係にもよりますが、アドバイスカードとして逆位置であらわれた場合は、「休息した方がいい」とも読むことができます。

タロットカード「女帝」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「3」:生産性/多産/果てない発展/創造/第三視点/客観
  • 絵柄「鷲の盾」:盾→防衛/鷲→死と再生・繰り返し/右手→自己主張
  • 絵柄「勺」:攻撃性・積極性/左手→受容性・外に対する

タロットカード「女帝」の意味を表すキーワード

生産性/豊かさ/産む/活動的/前向き/能動的/創造/変化
過剰/落ち着かない/休みない/乱脈/試行錯誤/止まらない

タロットカード「女帝」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「女帝」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「女帝」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「女帝」は、豊かさと生む力の象徴です。物事が発展していきます。
積極的で推しが強いところがなによりの魅力ですから……

イケイケドンドン~!
「女帝」は、後押ししてくれます。

なにごとにも、積極的なアプローチが吉です。

こちらに、タロットカード「女帝」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|女帝

ワンオラクルで「女帝」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「皇帝」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「4」の「皇帝」は、安定や定着を意味します。一方で、支配的な面もあります。

物事が定着し安定した状態になるまでには、多くの人に「そういうものだ」と認識される必要があります。「そういうものだ」という共通言語はお互いの結びつきを強くします。

一方で、その言語を持っていないものに対しては排他的になるか、もしくは、それを強要しようとするか……定着がいきすぎると、今度は支配力や硬直化を招いてしまうからです。

「強要」や「支配」とはきついいい方をしてしまいましたが、少し極端な言葉を物事の二面性として捉えておくと、タロットのリーディングには役立ちます。逆位置を捉えるときには特に。

また、もし占星術になじみがあれば、このカードは「蟹座」に相当することを思い出してみてください。
身内や仲間には寛容で守ろうとする一方で、コミュニティの輪を乱すものには容赦がない一面も持ち合わせます。まるで、蟹の大きなハサミで切ろうとするかのように……

もちろん、すべては仲間の安全を守るため。そこは、心に留めておきたいものです。

タロットカード「皇帝」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「4」:安定/定着/平均化/コピー/基盤/支配的
  • 絵柄「鷲の盾」:盾→防衛/鷲→再生力/左下→物質的
  • 絵柄「勺」:権威・突破力/右手→自己意志

タロットカード「皇帝」の意味を表すキーワード

定着/普及/維持/安定/均質化/信頼/伝統的/権威
自由はない/コピー/依存的/個性はない/創造性はない

タロットカード「皇帝」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「皇帝」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「皇帝」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「皇帝」の段階になると、物事が安定してきます。刺激的なことや目新しさは感じにくいかもしれませんが、状態は落ち着いているので順風満帆といえば、そうでしょう。

だいぶようなってきたやん
「皇帝」は、そんなふうに労ってくれます。ここは信じてこのまま進むのが吉です。

こちらに、タロットカード「皇帝」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|皇帝

ワンオラクルで「皇帝」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「法王」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「法王」のカードを捉えるうえで大きなポイントは、なんといっても「子ども性」だと思います。
「自分の想いを押し通す無邪気で自由なわがまま」といっても……いいのではないかと思います。

また「5」の数字から五芒星を連想することもあるかもしれません。「魔除け」として捉えられることもあります

私などは、その本質に、外からの影響をはねのけるほど強い自己肯定、にあるのだと思えてなりません。

ただし、自己主張も行き過ぎれば、「わがまま」「頑固」「自分勝手」という面が強調されてしまいます。逆位置では、「行き過ぎるとどうなるだろう?」と考えてみるとその意味が掴みやすくなります。

さて、カードの絵柄をみると法王の足の配置に二人の人物がいます。
法王の足が二人の人物になっている……この人物たちは法王の信者といってもいいのですが……

法王は自らは動かない。でも二人の人物が法王の足として、力と名前を拡散してくれる……果たしてどっちが依存しているのか……

特にこのカードが逆位置で出た場合、これまでのパワーバランスが崩れているとも読めますので、過去の権威にすがる態度だけが大きい困ったさん、ともみられかねません。

カードの展開にあわせて、このあたりのことも読んでみると、いろいろなことが見えてくるように思います。

タロットカード「法王」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「5」:自己主張/自由/遊び/子ども性/主観
  • 絵柄「勺」:権威・意識の回路/左手→受容性・外に対する
  • 絵柄「人物」:右向き→他への働きかけ/足がない→抽象的/指先→技巧・説得力

タロットカード「法王」の意味を表すキーワード

自己主張/自由/遊び/子ども性/個の肯定/壮大/権威/父性
わがまま/具体性の未熟/暴走/無謀/見栄/理想主義/支配欲

タロットカード「法王」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「法王」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「法王」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「法王」は、自己肯定感の塊のような存在です。
自己主張も強いですが、一方で、自分を肯定している分、相手の存在も肯定しているのが「法王」なんです。

わたしはわたし。あんたはあんたでしょ?
「法王」は、その本当の意味を気づかせてくれる存在です。

ここは、自分にとっての「善」に拘ることが大切。

こちらに、タロットカード「法王」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|法王

ワンオラクルで「法王」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「恋人」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

大アルカナ6:恋人のカードは、相手に呼応する「6」の数字のカード。ここには「反応する」という意味があります。

マルセイユタロットの「恋人」のカードは、ライダー版とは少し絵柄の様相がちがいます。
マルセイユタロットの「恋人」の中心人物は、顔と手の向きが、それぞれ違う女性の方に向いています。

このようなマルセイユタロットの絵柄に、「母親と妻と俺の三角関係」のような人間模様をみることができます。
それはなんというか……究極の選択、とでもいいましょうか。

図柄からは、こっちを選ぼうか、あっちを選ぼうか……と選択を迫られているように見えるふしもあります。
こっちを選べばあっちは立たなくなり、あっちを選べばこっちは立たなくなる

ただ忘れてはならないのは、「選ぶ」ということは、そもそも与えられた他の選択肢はそこでいったん切り捨てるのと同じ、だということです。

もちろん、いったん切り捨てても、あとから再選択することは可能です。
ですが、その瞬間は少なくとも、選ばないのは確かです。

ただし、このカードで押さえておきたいことは、カードに天使が描かれているところです。天使の応援がある選択ですから、「その選択は必然である」ということを表します。

つまり、どちらを選ぼうとも、その選択は、あなたにとって最善最高である、ということです。

このカードが逆位置になると、「どっちをえらばおうか……」という迷いが強調されることになります。結局、どちらも選べない、判断ができない、となってしまうこともいなめません。

あるいは、節度なくどちらにもいい顔をしてしまう、ということもあるでしょう。または、相手に振り回されている可能性も大いに考えらます。

決める、ということはなかなか大変なことでもありますが、少なくともこのカードが出たならば、決めないといけないときもある、ということは思い出したいところです。

タロットカード「恋人」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「6」:反応/結びつく/相対性/配慮/選択
  • 絵柄「天使」:純粋さ/素朴さ/大きな意志/矢→縁
  • 絵柄「人物」:中央に3人→マルチな展開/左側→個人的/右側→公的

タロットカード「恋人」の意味を表すキーワード

反応する/適応/調和/忠実/他との結びつき/配慮/相対的
決断不足/かみ合わない/振り回される/アンバランス/自主性がない/弱気

タロットカード「恋人」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「恋人」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「恋人」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「恋人」は、そうなることが必然、というカード。
ここでは、運命的な出会いや選択の巡りあわせがあります。

これがわたしの最善最高やねん!

その選択に自信を持ち、環境になじんでいってほしいと、「恋人」のカードはアドバイスしてくるでしょう。

こちらに、タロットカード「恋人」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|恋人

ワンオラクルで「恋人」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「戦車」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「戦車」の本質は「勝ち続けること」です。
それはつまり、目の前に壁が立ちふさがったとしてもそれを突破すること。

そこには、止まることなく走り続けること、が課せられているともいえるでしょう。
ひとにはやらなきゃいけないときがある、とでもいうように、全力疾走で壁を壊していくようなイメージです。

実は私……子どもの頃から、兄の影響で「キン肉マン」や「ドラゴンボール」や「北斗の拳」、いまでも「ワンピース」や「NARUTO」とか……青年雑誌に掲載されているマンガが好きなのですが……
壁にぶち当たりながらも全力で突破していく主人公の姿に、なんどと勇気づけられたものです。

主人公が目の間のことにがむしゃらになって突破しようとする、「戦車」のカードに、私はそんなシーンを思い浮かべてしまいます。

そんな戦車のカードの本質は「突破力」ですが、カードを読むときに押さえておきたいところは少し違います。押さえておきたいポイントは、「(戦車が)向かうべき目的があるから突破力が生じる」ということです。目的があるからこそ、戦車は動くのです。

このカードが逆位置で出た時などは特に、この「目的」に注目します。突破力が発揮できない、あるいは暴走してしまうのは、もしかすると、目的が曖昧になっていたり見失ってしまっている可能性があるからです。

その場合、「どこに向かいたいのか?」を探ることで深いリーディングも可能になります。

もうひとつ逆位置のときに注目したいのは、馬です。
このカードが逆位置にあるときは、精神性をあらわす青の馬と、物質性を表す赤の馬のパワーバランスが崩れて戦車をうまく走らせることができない状態にある、と読むこともできます。

もしそんな状況が読めたならば……自分の気持ちと、お金や時間などの物理的な面を改めてすり合わせることで、むしろ、軌道修正ができるいい機会になるのではないかと思います。

タロットカード「戦車」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「7」:運動力/伝達/指向性/一方通行/落差/発展
  • 絵柄「馬」:二頭→精神性・物質性→対立・葛藤/左向き→個人的・我欲
  • 絵柄「勺」:権威・突破力/左側→個人・意志
  • 絵柄「天蓋」:保護/遮断/閉鎖的
  • 絵柄「人物」:ひじを曲げている→押しのける・排他的

タロットカード「戦車」の意味を表すキーワード

行動力/活動的/発展/戦う力/敏捷/決断力/堅い意志/指向性
暴走/落ち着かない/自己都合/衝動的/混乱/一方通行/葛藤

タロットカード「戦車」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「戦車」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「戦車」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「戦車」は、勝利を得るために走り続けます。
現実と理想にギャップがあり、その葛藤が原動力となり目的地=勝利に向かって走ることができるのです。

勝利のためにツッコめ~
「戦車」は、葛藤を糧に二頭の馬の手綱をひいて走り続けます。

とはいえ。この「戦車」で注目したいのは、どこに向かおうとしているのか? の目的地です。目的地を見失うと、馬の手綱をうまく操れずに暴走しかねないからです。

こちらに、タロットカード「戦車」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|戦車

ワンオラクルで「戦車」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「正義」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

大アルカナ8:正義のカードは、非常に冷静です。

「正義」というと自分の価値観で自己中心的な意味に捉えてしまいそうですが、ここでの様相は少し違うように思います。
それは、絵柄に秤が描かれているからです。

目に見ることができない精神性と、目に見ることができる物質性をはかりにかけ、公平を図ろうとしています。
とはいえ、剣も描かれていることから、判断をきめなければなりません。

その判断の目的は「いまよりよくするにはどうしたらいいか?」です。

ところで……左手に持つ剣は個人の意志を示します。
目に見える現実と自分の気持ちの両者を冷静に扱い、物事を公平に見る目を持ちます。そして、自分の意志で最終的な判断をくだします。

しかし、客観的な目線から天秤によって公平に扱われたものたちへの評価や判断は、固い意志がなければくだすことができません。
必ずしも決断は早いとはいえませんが、軽率なことはしないため、その判断には説得力が伴うはずです。

この「正義」のカードは、なにかを判断するときは、自分と相手を客観できることが大切なのだと、教えてくれているようです。

では、このカードが逆位置になった場合はどのように読むといいでしょうか?
逆位置であっても、カードの本質は変わりません。

まずは、秤の均衡が崩れることがあります。それは、逆位置になると、女神の顔が下層にくることからも読めるのですが……秤を見る目が冷静さを失い、本来は客観すべきところを、自分の主観だけで判断していることが原因になっている、と読むことができます。

あるいは、女神の力が強いために、下された判断は重苦しく、他を支配しようとしたり脅迫めいた判断になっている可能性があることも示唆します。

タロットカード「正義」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「8」:圧縮/集中/ため込む/客観/全体的/冷静/応用
  • 絵柄「天秤」:はかる・均衡・客観・融合/左手→他の受容・公的
  • 絵柄「剣」:判断・決断/右側→個人・意志
  • 絵柄「人物の顔」:中央上部→権威・強い立場・社会的

タロットカード「正義」の意味を表すキーワード

集中力/理性的/実務力/凝縮/冷静/説得力/均衡/ジンテーゼ
あいまい/解放感はない/即決しない/迷い/弱気/不公平/権力

タロットカード「正義」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「正義」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「正義」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「正義」のカードは、客観的な視点から物事の判断を下すエキスパートです。
対立から第三の道を探ることも得意です。

なにをどうしてどうなったから……じゃぁこれから、どうしたらええ?
「正義」のカードは、これまでにやってきたことと、その結果を自覚し、次への道を立てよう、と提案してきます。

まずは、「過去=やってきたこと」と「現在=結果」を比べてみることです。

こちらに、タロットカード「正義」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|正義

ワンオラクルで「正義」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「隠者」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

大アルカナ9:隠者のカードを一言で表現するならば「精神世界を旅する世捨て人」といえるでしょうか。
私が思いつくのは、宮本武蔵やスターウォーズのヨーダ。

さて……どこか暗くて内向的な印象がある「隠者」ですが、あてはめられている数字の「9」を考慮すると、そこまで陰の気が強い、ともいえないように思います。
「9」は総合性を現わし、全体的なことを理解したうえで、物事の本質を掴んでいる数字です。
ですが、「9」は奇数で能動的な数字に部類します。

思慮深く哲学的で、どこか現実味がないことは否めません。その一方で、能動的に「旅」もするのです。

「隠者」の旅は、これまで創りあげてきたものに窮屈さを感じ、そこから抜け出そうとしがらみを捨て、生きることを問い直す「旅」でもあります。

社会的な関心はありませんが、つねに自己の内面と生きることに目を向けています。

このカードで押さえておきたいところは、内面を見つめるのはこれまでの生き方や在り方をもっとよくできないか? を考えるからこそだ、というところです。

思慮深く、本質をよく掴んでいることもあり、物事を見る目は養われています。

一方で、あるいみ「世捨て人」ですから……このカードが逆位置となると、現実的な世界と隔たっている、と読むことができます。環境に適応でずに孤独であることも考えられます。

他には……考えすぎて旅にも出られない、ことがあるかもしれません。
もし、逆位置から「考えすぎて行動ができない状況」が読めるならば、何かに囚われているか、執着していることがあるはずなので、そこを掘り下げていくといいのではないか、と思います。

タロットカード「隠者」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「9」:総合性/総和/旅をする/本質的/哲学的/智慧/精神性
  • 絵柄「杖」:腰より下→生殖器のシンボル/左側→個・下界の無関心
  • 絵柄「ランプ」:意志/上部左側→哲学的独立
  • 絵柄「衣類」:布/ベール→あいまい・包む・隠す
  • 絵柄「人物」:左向き→内面

タロットカード「隠者」の意味を表すキーワード

精神性/本質的/哲学的/総合性/応用力/旅をする/変化力
孤立/あいまい/抽象的/具体性はない/現実から離れる/つかめない

タロットカード「隠者」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください
マルセイユタロット「隠者」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「隠者」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「隠者」は、物事の真理を見つめるカードです。ランプが照らす灯で、真理を照らすのです。真理を見つけるための旅に出ることもあり……陰気なイメージが付きまといますが、なかなかに自由人なんですよ!

非日常のなかから「ほんとうのこと」が見つかることも珍しくないからですが……
もっと自由にやりましょや~
ランプであなたの心を照らしながら、「隠者」は、そんなふうにアドバイスしてくるでしょう。

こちらに、タロットカード「隠者」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|隠者

ワンオラクルで「隠者」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「運命の輪」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「10」番目の運命の輪。いよいよここで、「1」~「9」までの結果が現れます。
その結果が自分にとって「いいもの」か「わるいもの」かは別として、少なくとも何らかの「結果」「現実」を手にしているのが「10」です。

そして、その「結果」や「現実」は、どちかといえば社会的な状況で現れる、というのが運命の輪の正位置です。

「10」という数字に、空間の境界線を現わす「0」がついていることからも、現れる結果は限定的な環境や場、に出ることがわかります。

もうひとつ。王冠の被った猿が「権威」や「社会的立場」を現わすカードの中央上部に描かれていることからも、「社会的な成功」や「仕事での成果が表れる」と読みとることができます。

では反対に。このカードが逆位置になると、王冠の被った猿が「プライベート」の配置であるカードの中央下部に描かれることになります。
つまり、成果や結果が現れるには現れるのですが、この場合、「社会」から「プライベート」や「私生活」に現れることになるわけです。
社会的な成功はないかもしれませんが、プライベートの充実がある、と読むことができます。

逆位置の場合、もっと単純にいえば「時期ではない」と読むこともできますから……カードの展開から「過去」のことか、あるいは「今」なのか「未来」なのか、を読み解くといいでしょう。
でもその場合、「じゃぁ、いつがエエの??」という疑問がつきまといます。

どんなスプレッドのどの位置に出てきたのか、にもよりますが、あきらめる、という選択もあるかもしれませんし、あるいは、ここはすこし、占星術の智慧を拝借してみるのもいいと思います。

ちなみに占星術であれば、プログレスの「月」やトランジットの「木星」を読んでいくこともヒントになります。

タロットカード「運命の輪」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「10」:結論/実現する/チャンス/自己表現/結果/落ち着く
  • 絵柄「動物」:本能的・渇望・動機/上昇中→社会的立場へ/下降中→個人的立場へ
  • 絵柄「輪」:空間限定/結果/環境/狭い範囲/ホロスコープ/生き方

タロットカード「運命の輪」の意味を表すキーワード

実現する/具体的結論/成功/現実化/チャンス/実績/実際的
特定範囲/結果主義/こだわり/不自由さ/中身がない/形ばかり

タロットカード「運命の輪」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「運命の輪」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「運命の輪」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「運命の輪」は、これまで取り組んできたことの結果が出てくるタイミングを表します。

ときはきたりー!!
輪の頂点に鎮座した猿が、そう叫ぶでしょう。

ここはひとつの節目ですから、どんなものであってもまずは、その結果を受け取ってほしいと思います。

こちらに、タロットカード「運命の輪」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|運命の輪

ワンオラクルで「運命の輪」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「力」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

大アルカナ11:力のカードは、数字の「11」であることから「これまでの展開を一変させる」という意味があります。
改革、再スタート、反抗などの意味を含みます。

図像の女性は「レミニスカート(∞)」型の帽子をかぶっています。
レミニスカートは「転化の輪」ともいわれます。

個人や誰かの意志によって無意識の在り方が変化していく、とみることができます。

タロットの大アルカナは全部で22枚ですから、枚数からも「11」は折り返し地点です。

これまで通用していやり方が通用しなくなってしまったり、これまで「NO」といわれていたことが「YES」にかわっていったり……そのような状況を現わすのも、このカードの特徴です。

本能や無意識を表わすライオンの口元に女性の手が添えられています。
本能や無意識を意識的にコントロールしようとしているのか、あるいは、仲良くしようとしているのか。

心理の世界では、無意識の癖や習慣が変われば現実も変わる、といわれているほどです。
つまりこの絵柄からも、今の状況を変えたい、という意識が働いて無意識にアクセスしようとしていることは間違いないようです。

カードを読むポイントとしては、「これまでと変わる」ということは押さえておきたいです。
「力」のカードの女性を「自分」と捉えたならば、「自分には変えられるだけの力がある」と読むこともできますから、自立へ向かう一歩を踏み出すきっかけにしてほしいところです。

一方で、逆位置となれば、「どうしてそんなに反発するの?」あるいは「どうしてそんなところで反抗するの?」という面が出ている可能性を示唆します。
あるいは、自分で判断することなく、「とりあえず参加しておこう」という姿勢も伺えます。誘惑に弱かったり、自分の意志を持っていないと、周りに引きずられて大変なことに巻き込まれる、とも限らないところです。

タロットカード「力」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「11」:2の逆相/改革/反抗心/方向転換/新しい未来
  • 絵柄「動物」:本能的/衝動/生理的欲求
  • 絵柄「帽子」:頭のフィルター/天と自分の仕切り
  • 絵柄「人物」:右向き→外へ解放、外へ脱出/手→意識のコントロール

タロットカード「力」の意味を表すキーワード

改革/自立/新未来/転機/屈しない/個の実力/発想の逆転
非常識/反抗心/突飛/無意識の習慣/慣習/迎合/欲望の支配

 

タロットカード「力」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「力」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

 

タロットカード「力」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「力」では、現状に手が加わることでこれまでの流れが変わります。
今までの常識が覆ることもあるのです。

ホンマにそれでええの?
そういいながら、これまでの「あたりまえ」に疑問を呈してきます。

このカードが出てきたら、発想の転換をしてみましょう。

こちらに、タロットカード「力」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|力

ワンオラクルで「力」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「吊るされた男」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「吊るされた男」のカードから読み取りたいのは、身柄は拘束されながらも精神的には活性化している、ということです。

このカードを見るたびに思い浮かべるのは、ナチス強制収容所から生き延びたV.E.フランクルです。

彼の著書に「それでも人生にイエスという」というタイトルの本があります。
強制収容所のように生き延びられるかもわからない状況のなかにあっても、それでも人生に「イエス」という精神が、この「吊るされた男」と重なってしまうのです。

しかしもし、「吊るされた男」の状況が負に働けば……画家のゴッホの最後を思い浮かべてしまいます。
私たちでもその名をしっているほど有名な画家のゴッホですが、生前は富も名も得ることはありませんでした。そして耳切り事件に自殺……彼がノイローゼであったことは私たちの知るところでもあります。

拘束されながらも精神力は増していくことが「吊るされた男」の正位置だとするならば、自由であるのに心を閉ざしてしまうことが、逆位置といってもいいかもしれません。

このカードで押さえておきたいところは、「異常」であることが正位置である、というところです。
苦しい状況の方が「正しい」というと語弊を招きかねませんが……すくなくとも、苦しい状況にあるときは、むしろ起死回生を狙おうとする精神力は高まるのだ、と、内面の活性に目を向けているカードですから仕方がありません。

となると……カードが逆位置となり、頭は上に足は下、という、ごくごく「ふつう」の状況にあるときは、むしろ、心の中に満たされないものがある、と読むことができるわけです。

なにが心にひっかかっているのか、を見てみると、逆位置を深く読むことができます。

タロットカード「吊るされた男」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「12」:3の逆相/内面の活性/幽閉/沈黙思考
  • 絵柄「人物」:吊るされた状態→異常事態/縛られた状態→拘束

タロットカード「吊るされた男」の意味を表すキーワード

内面的生産力/インスピレーション/芸術的/未知の発見/打開/精神の活性
異常事態/幽閉/ノイローゼ/忍耐不足/契約からの拘束/引きこもる

タロットカード「吊るされた男」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「吊るされた男」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「吊るされた男」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「吊るされた男」は身体的に拘束されているのですが、心までは縛られていません。
さまざまなことが膠着状態になりますが、抗えないものは無理に動くこともありません。

無理に動かんでもええ。休んだらエエねん
「吊るされた男」は、そうアドバイスしてきます。

今は動けない時と割り切って、動けるようになったときにどうするか、を考えてみるといいです。

こちらに、タロットカード「吊るされた男」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|吊るされた男

ワンオラクルで「吊るされた男」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「死神」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「死神」は、その名の通り「死」と「神」が同居している、と考えるとわかりやすいと思います。
いわゆる、破壊と再生、をもたらすわけですが……
もちろんそれが、吉兆か不吉か……は、状況によるでしょう。

現状維持を望んでいるならば、「死神」がもたらす変革がなされると困ります。
一方で、現状の閉そく感を打開したいと思っていたなら、「死神」の変革は好機ともいえるでしょうから。

何かが変ろうとするときは、これまでのことが通用しなくなることがあります。その真っ只中にいるときは、とてもしんどいものです。
ですが「死神」のカードは、そこから転機を迎えることを示唆します。

いずれにしても、ターニングポイントであることは間違いなく、物事が進まずに流れが停滞しているならばその流れを流そうとするのが「死神」なのです。

では、逆位置となるとどうなるか?

なにもおこらない。
ただし、本来は「破壊と創造」を担うのが死神のカードです。なにもおからない、ならば……死神の意味がありません。

この場合の「なにもおこらない」というのは、つまり、本当は破壊と創造のチャンスだったけれども、そのチャンスが失われた、と読むことができます。
また破壊のチャンスを失ったことから派生して、物事が堂々巡りを繰り返し状況が停滞する、と捉えることもできます。

あるいは……破壊には至ったものの……力不足で破壊が中途半端な破壊に終わってしまった可能性もあります。そこから派生して、破壊活動はうまくできなかったにもかかわらず力だけは消耗しきってしまった、状況がでてきるかもしれません。

そんなときは、まずは英気を養うこと。それから中途半端になってしまったことを検証し、次の一手を打つことです。とにもかくにも……まずは休息が必須です。

もちろん、現状維持を望んでいたならば……死神の逆位置は、むしろ、ラッキーなのかもしれません。

タロットカード「死神」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「13」:4の逆相/超越/停止と再出発/スランプ/秩序の破壊
  • 図「骸骨」:右向き→外に向く意識/右向きの鎌→社会性をかる/本質/薄い感情
  • 図「ばらばらの身体」:下層→物質的・感覚的/解体から再構築

タロットカード「死神」の意味を表すキーワード

超越性/変革/ターニングポイント/カリスマ性/再起/迎合しない
停滞/チャンスを失う/破壊/枯渇/落ち着かない/環境への不適応

タロットカード「死神」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「死神」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「死神」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「死神」は、破壊と創造のカードです。
閉塞した状況を破壊して新しいものを生み出そう! というのです。

それやめて、心機一転しようや
「死神」は、そうアドバイスしてきます。

生まれ変わる前は、物事が停滞しているように感じることがあるかもしれません。すこし辛い時期かもしれませんが……大丈夫。流れに乗っていれば、新しい未来が開けます。

こちらに、タロットカード「死神」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|死神

ワンオラクルで「死神」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「節制」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「節制」のカードで押さえておきたいのは、「新しい意志を浸透させる作業」であるということです。

タロットカードの大アルカナ22枚のカードは物語のように流れがあります。

物語としてたとえていうならば、「節制」の章では、前の「死神」で成した変革で手に入れた新たな意思を確固たるものにすべく自分になじませるシーンです。

それは、習慣や癖を変えることと同じです。その作業はどれも、自分になじませるまでには時間がかかるもの事実。

このカードがでたならば、結果的に物事は結実するとしても、一朝一夕にはいかないことは、気に留めておくといいかもしれません。

また、「節制」というくらいですから、このカードは、「節度のある生活」を意味することもあります。
暴飲暴食を控えなさい! などと諭されていることがあるかもしれませんね。

では、この「節制」のカードが逆位置となるとどうなるか?

本来このカードは、「新しい意志」を浸透させるために水を移し替えます。それが逆位置になれば、そもそも「新しい意志」を見失っている可能性がでてきます。
意志やビジョンを失うと、それまで慎重だった作業が、いきあたりばったりになってしまうかもしれません。あるいは、スムーズな行動に出られない可能性もあります。

作業を終えても、理想的な結果が出てこない、ということも示唆します。

このカードが逆位置ででたときは、行動に出る前にもう一度、それをする目的やビジョンを思い出すといいかもしれません。

タロットカード「節制」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「14」:5の逆相/自己生殖/浸透/目的の成就/時間がかかる変化
  • 絵柄「天使」:超自然的作用/人為的コントロールがきかない大きな意志
  • 絵柄「器の水」:慎重な入れ替え/水→情・魂・心

タロットカード「節制」の意味を表すキーワード

節度ある生活/自己訓練/自己生殖/作り替え/潜在的変化/浸透
いきあたりばったり/退廃的/変化途上の混乱/流産/時間がかかる変化

タロットカード「節制」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「節制」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「節制」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「節制」が意味する「節度ある態度」は、大切なものを丁寧に扱う姿勢と人を想う気遣いから育まれます。

自分のことも人のことも大事にしてあげてや
「節制」は、そうアドバイスしてきます。

ちなみに、「節制」した結果が現れるには少し時間がかかります。でも、変化には時間がかかるもの。そう割り切って、日々の丁寧なコミュニケーションを心がけてほしいと思います。

こちらに、タロットカード「節制」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|節制

ワンオラクルで「節制」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「悪魔」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「悪魔」のカードは「自分の信念を他へ押し付ける」ことを表します。
自分の欲望に忠実である、というところが本性にあるのですが、やはり「悪魔」というと、どうもいいイメージは浮かびにくいかもしれません。

ですが、ここで押さえておきたいことがあります。「悪魔」のイメージや表面的な意味には出てこない部分です。

それは……

「自分の信念を他へ押し付ける」だけの大胆さを持っている、ということは、「越えにくい壁を強引に越える力を身につけている」からだ、ということです。
それは、容易に状況に流されない力がある、ということですが、このような意味が隠されている、ということは押さえておきたいところです。

これは、他者侵害との表裏一体です。ですが、自分の強い意志がなければ、自分の「これだけは譲れない」という信念さえも通すことができないのです。

さて、このカードをリーディングするコツは、カードに描かれた3者のシンボル(悪魔と囚われた人物ふたり)は、それぞれ何を表しているのか? を探ってみることです。
悪魔を中心として、周りにはどんなカードがあるのか、を見てみるといいでしょう。

ところで、そもそもイメージがあまりよくない「悪魔」のようなカードが、逆位置になると「いいイメージ」にかわるのか? というと、そうともいえません。そもそも、「悪魔」のカードに「いい」や「わるい」がないからです。

たとえば、「悪魔」のカードに「洗脳」という意味もあります。ですが、「私はできる!」と思うことも、一種の自己洗脳です。逆位置になると、「洗脳が解ける」と読むこともできますが、「私はできる!」という思い込みがはずれてしまうと……それがいいかどうか、はわかりません。

もちろん……生活や社会を破壊するような洗脳は、困りますが。

どんな解釈をするにしても、カードの展開と全体的な状況をみて、柔軟なリーディングをしたいところです。

タロットカード「悪魔」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「15」:6の逆相/他への押し付け/意図的な介入/自分を押し通す
  • 絵柄「悪魔」:両性具有→力が強い/人為的コントロールがきかない衝動/欲望
  • 絵柄「台座」:実生活

タロットカード「悪魔」の意味を表すキーワード

要求を通す/強い意志/変化の創造/改革者/通念に支配されない
欲望に支配される/他者侵害/取り憑かれる/洗脳/不均衡

タロットカード「悪魔」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「悪魔」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「悪魔」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「悪魔」が象徴するのは「欲望」なのですが、でも……「あれもしたい!」「これもしたい!」という、欲望に忠実になることも時には大切だと思うのです。

それ、ほんまにできなくてエエの?
「悪魔」は、問うてくるでしょう。

心から「ほしい!」と思うならば、ここは、その意志を押し通す強さも大切です。

こちらに、タロットカード「悪魔」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|悪魔

ワンオラクルで「悪魔」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「塔」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「塔」のカードで押さえたいのは、新陳代謝を表している、というところです。
雷が落ちて塔が壊れていたり、人が落ちている絵柄のインパクトは強いですが、そもそも、壊れないものはない、のです。

このカードは、むしろ、「壊れるべくして壊れる」という意味を含んでいます。そのため、意図的に壊れることを遅らせようとすることは、賢明ではありません。

数字をみると、「16」は「8」の倍数です。「8」は集中と圧縮を意味する数字ですが、圧縮が2倍ということは、「16」はとても固いのです。固いものは、少しずつ壊れる、ということがありません。亀裂が入れば、一瞬で粉々です。

確かに、これまで積み上げてきた人生経験や価値観は、たやすく手放せるものではないかもしれません。ですが、それほど固い意志であっても……ここを手放すことで、これまでにない新しい未来が開けることがありましょう。

たやすいことではないからこそ、しんどく辛いのですが……このカードが出てきても「悪い状況を表しているわけではない」、ということだけは押さえておきたいところです。

自分の殻が破れたならどんな世界が待っているのだろうか、と前向きな気持ちが、塔が壊れた後の未来を作るように思いうからです。

さて、「塔」が逆位置となれば……壊れるはずのものが壊れない、ことを示唆します。
この場合、意図的に壊れることを遅らせようとしていないか? を探ってみるといいかもしれません。

あるいは、逆位置になると、塔が壊されている図が、下部中央に配置されます。
下部中央は「私生活」や「プライベート」を表す位置なので、仕事や社会的な部分での崩壊というよりも、私生活でなにかが壊れかけていることがあるかもしれません。目から鱗なことが起こるとも限りませんし、なにかがなくなっている、かもしれません。

カードの展開とあわせて、現状を洗い出してみると、心当たりがみつかるはずです。

タロットカード「塔」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「16」:7の逆相/殻を破る/脱皮/チャレンジ/新陳代謝
  • 絵柄「塔」:建物→意識の構造/堅い殻
  • 絵柄「雷」:外からの影響/天啓→自由への解放
  • 絵柄「人物」:右側→環境に開かれる/左側→自分に集中
  • 絵柄「火の子」:ばらばらに散る→まとまりがない状態

タロットカード「塔」の意味を表すキーワード

目から鱗/開眼/限界突破/脱皮/解放/インパクトの強い知らせ
秩序の崩壊/信頼の喪失/誤解/自傷行為/執着/進行の遅れ

タロットカード「塔」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「塔」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「塔」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「塔」は、新陳代謝を促すカードです。
ここでは、現状維持でがんばり続けることはおすすめしません。
「壊れるときは壊れるもの」と、状況に委ねてみるのも大切です。

あきらめなはれ
「塔」は、いい意味での「あきらめ」を促します。

塔の崩壊をむやみに恐れることはありません。自分を信じる心があれば、大丈夫。

こちらに、タロットカード「塔」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|塔

ワンオラクルで「塔」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「星」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「星」のカードは、裸の女性にみるようにオープンマインドが特徴ですが、一方で、状況の不安定さも抱えています。
それは、隠すものがない、という一方で、保護されるものもないからです。

前のカードで塔が崩れたわけですから、混乱している状況はいなめません。ですが、可能性や希望にあふれていることも確かですし、執着を手放したことで見えてくるものがあるはずです。
それは、ビジョンや使命、などといわれるものかもしれません。

新たなビジョンや使命を得て、それを実現させようと努力する姿が、「星」のカードでもあります。
また、それは短期に完結するものではなく、どちらかというと、長期プランです。

ビジョンや使命があるならば、しっかりと腰を据えて取り組みたいものです。

さて、「星」のカードが逆位置になると、不安定な状況の方が強調されることになります。
せっかく抱いた希望を見失っているかもしれません。あるいは、塔のカードできっぱりと手放すことができなかったものがあり、それが気になって仕方がないのかもしれません。

自己嫌悪に陥ってる可能性もありますが、「星」の本来の意味がなくなることはありません。

つまり、ここにくるまでの間に、どこかで希望やビジョンを描いたことがあるはずです。

ならばそれを、ここで、改めて思い出してみてはどうでしょう。あるいは、不安な状況が続いているならば、信頼できる人を頼ってみることも、大切です。
誰かに話すことで、気持ちが軽くなることもあります。

「星」のカードが出ているということは、本来、オープンマインドであるはずですから、ほんの少しだけ気持ちに余裕ができれば、一歩を踏み出すことはそれほど難しくないはずです。

「星」のカードはオープンマインドが本質にあることは、逆位置であっても押さえておきたいところです。

タロットカード「星」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「17」:8の逆相/蓄積されたものを流す/受容/チャネリング
  • 図「女性」:裸→受容性・本質/大きな意志の伝達者/巫女
  • 図「池」:安心の場・日常の場/水→情・感情

タロットカード「星」の意味を表すキーワード

ビジョン/日々の努力/長期プロセス/希望/オープンマインド/育てる力
不安定/秘密の暴露/希望を失う/信頼できるものがない/執着/閉鎖的

タロットカード「星」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「星」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「星」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「星」は、「希望」を表します。その希望は、未来に向かう原動力となります。

どんなビジョンをもってるのん?
「星」はそう質問することで、未来へのワクワクした気持ちを思い出してもらおうとします。

ここは、将来のビジョンを描いて意志を確認しておきたいときなのです。

こちらに、タロットカード「星」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|星

ワンオラクルで「星」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「月」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「月」のカードでは、無意識の旅に出ます。
つまり……過去を旅する、ことになります。

「月」のイメージから、状況がころころとかわりどこか頼りなく不安定である、という印象があるでしょうか。
地球から見る月の様相が日々変わっていくことに、月に不安定な気持ちを象徴させることも多いですが、そのイメージは、あくまでも私たちの集団的な意識がつくりあげたイメージです。

そんな、集団的な意識や思い込みが、ここで浮上してくることを表すのが、この「月」のカードです。

このカードで描かれている「ザリガニ」は、原始的な衝動や本能、を意味します。
頭では「そんなこと思ったらダメじゃない?!」とついつい考えてしまうようなことかもしれまれません。

けれども……そういうものは……「ある」のです。

むやみに排除しようとすると、むしろ、危険が及ぶ可能性もあります。
ならばいっそうのこと……「あ、そういうのもあるよね」と、受け入れてみるのはどうでしょう。

どれほど違和感を持ってしまっても、どれほど気持ち悪くても、頭で考えると「絶対いや!」と思ってしまうようなことであったとしても。

もしかすると、「あ、そういうのもあるよね」と認めてしまうと、違和感や気持ち悪さが満足して、もともといた場所にかえっていくかもしれません。あるいは……仲良くなれるかもしれません。

さて、このような月のカードが逆位置となるとどうなるか?

本来は下から上がってくる「ザリガニ」が、上から降りてきて、「ザリガニ」が表わす原始的な衝動や本能に支配されてしまう可能性を表します。
「ザリガニ」に振り回されない、とも限りません。

あるいは、出てくるはずのものが「でてこない」ともいえます。それは、タブーを解放するチャンスを失うことでもありますが……

タブーが出てこないならば、タブーと葛藤することもありません。出てこないで助かった、のであれば、そう捉えてもいいのかもしれません。

ということで。「月」のカードは、正位置にしろ逆位置にしろ、「ザリガニ」をどう読むか? がポイントになります。
カードの展開をみながら、「ザリガニ」が何をさしているのかを探ってみることが、リーディングのコツです。

タロットカード「月」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「18」:9の逆相/無意識を旅する/下意識を探る
  • 絵柄「犬」:境界を守る→監視・警告
  • 絵柄「月」:眠り→意識と無意識の境界が曖昧・無防備
  • 絵柄「ザリガニ」:低次意識→原始的な衝動・本能/異物→未知/高次に呼応

タロットカード「月」の意味を表すキーワード

無意識を探る/可能性が芽生える/タブーの解放/新しい発見/夢を見る
生活の基盤が崩れる/隠しごとの表面化/不安定な状態/スキャンダル/不穏

タロットカード「月」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「月」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「月」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「月」が表すのは、心の「ざわざわ」感です。

なんとなく……不安
なんとなく……気持ち悪い
なんとなく……気になる

こんなものを感じたらこうつぶやきましょう。
なにがそんなに気になるのん?

この質問を自分に問いかけてみることで、心の「ざわざわ」感を浮き彫りにしよう、というわけです。「ざわざわ」感の正体がわかると、勝手に消えてなくなります。

こちらに、タロットカード「月」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|月

ワンオラクルで「月」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「太陽」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「太陽」のカードで押さえておきたいポイントは、「異なった価値観が共存し協力しあう」ということです。

「太陽」のカードは、「1」~「10」の流れで作られた結果主義の価値観と、「11」~「18」の流れで作られた理想主義の価値観の中立に立とうとします。
結果主義もいい、理想主義もいい。だからお互いに協力しあって、新しい価値観を生み出そう、というわけです。

異なる価値観を共存させようと思うと、たとえば、どちらかがリーダーシップをとろうとしたり、あるいは、両立させようとして無理に妥協してみたり……しがちです。

ところが、この「太陽」のカードでは、主導権争いも利害も損得勘定も一切ありません。ただ、相手への尊重と協調だけがあることを、意味します。

このカードに描かれている二人の子どもは、お互いに価値観が違うことを表します。ですが、違いを認めつつ仲良く遊ぶ子どもを太陽が見守るような構図です。
このカードは、新たな共存を祝福するカードでもあります。

逆位置になると、二人の子どもの違いが強調されます。一方に振り回される、という意味にも取れますし、そもそも子どもたちの関係がギクシャクしている、ということもありましょう。

あるいは、対立して何かを決めようとも決められない状況を指している場合もあります。

いずれにしても、なにとなにが対立をしているのか、どちらに気をとられているのか、を見てみることが大切です。

共存を模索し始めたばかりの節もありますから、これからどうやっていけばいいか、を考えてみるといいかもしれません。

どんな事情があるにせよ、相手への敬意は持っておきたいものです。
たとえ逆位置でこのカードが出てきたとしても、そもそもこのカードは、異なる価値観の共存が可能だからこそ、現れるのですから。

カードが現れる意図は、リーディングでも汲んでおきたいポイントです。

タロットカード「太陽」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「19」:3番目の1/結果主義と理想主義の調停/相違する価値観の協力
  • 絵柄「二人の子ども」:これまでの価値観(既知)と外の世界の価値観(未知)の共存
  • 絵柄「壁」:場を特定する→二人の子ともの成長を見守る場
  • 絵柄「太陽」:祝福

タロットカード「太陽」の意味を表すキーワード

異なる価値観の協調/公私の両立/合理性と神秘性の両立/お互いの尊重/中性
ぎくしゃくした対立/無理解/主導権争い/五里霧中/無理した両立/決められない

タロットカード「太陽」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「太陽」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「太陽」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「太陽」は、祝福のカードです。
ご縁や出会い、仕事の成果など、ここはためらわず受け取りましょう!

いっぱいよろこんでやー
「太陽」は、ほほえみます。

思ったままに、素直な感情表現をしてみるのが吉です。

こちらに、タロットカード「太陽」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|太陽

ワンオラクルで「太陽」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「審判」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「審判」のカードといえば……「今でしょ!」がポイントです。

「20」があてられた「審判」のカードは、過去を大切にする「女教皇」のカードと、未来の発展を図る「力」のカードを中立します。
過去と未来の中立といえば……そう「今」です。

「審判」のカードでは、時間意識が消滅します。

時間意識が消滅すると、失われた過去が蘇ります。それはまさに、「審判」のカードの絵柄で、死者が墓場から蘇っている姿です。

一方、意図した未来が今に影響します。「こうなりたい」と意識するのは、「今」。まだ見ぬ未来にも関わらず、「今」そうなるかのようにイメージすることさえできるのです。

このような話があります。人の脳は、未来も過去も、時間的な感覚がない、というお話です。
過去を思い出すということは、脳にとっては、いままさに目の前で繰り広げられている、のと同じだそうです。また、まだ現れもしない未来を想像することは、いまそうである。これが、脳の認識だというのです。

もしそうであるならば……たとえ過去に失っていたとしても思い出しさえすれば今に蘇り、「こうなりたい」と意図した未来は現実にある、ということになります。

さて、「審判」のカードが逆位置になると、蘇るはずの死者が蘇らない、となります。あるいは、過去のことが大きすぎて足を引っ張られる可能性も、示唆します。

けれども、「審判」のカードがでるということは、ここは再起のチャンスです。もし、改めたいことがあれば、今からでも改善することはできます。

なにが気になっているのか、なにに悔いているのかを、感情をいったん外して冷静に見つめてみると、再起の扉が開くはずです。

タロットカード「審判」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「20」:3番目の2/過去と未来の中立/時間意識の消失
  • 絵柄「天使」:大天使ガブリエル→神のメッセンジャー
  • 絵柄「人物」:死者→過去・失われたもの
  • 絵柄「ラッパ」:直線→本性への忠実性/意識を向ける

タロットカード「審判」の意味を表すキーワード

再起/再チャンス/失われた可能性を取り戻す/関係性の回復/方向転換/柔軟な視点
過去に引っ張られる/見えないものからの妨害/因縁/前世カルマ/時の流れに逆らえない

タロットカード「審判」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「審判」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「審判」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「審判」は、ステージアップのときを告げます。再起、リベンジ、蘇る、という意味があります。
そのため、今まで通りのことをしていても状況が開かれません。

もうそろそろ、めぇさまし。おきやー
大天使ガブリエルがラッパを吹いて、覚醒を促します。

目覚めたものだけが、そのファンファーレを耳にするのでしょう。ここは決断のときです。

こちらに、タロットカード「審判」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|審判

ワンオラクルで「審判」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)「世界」の意味について正位置・逆位置を含めた読み方のコツ

「世界」のカードは、数字もその絵柄からみても、押さえておくポイントはここに集約されるでしょう。
「世界は完璧だ」ということに。

「21」という数字は「完全性」を意味する数字といわれます。
外に対して豊かであることを示す「3」と、内に対しての豊かさを示す「12」の数字を両立されるのが「21」の数字です。

内なる想いと外の現実が両立するということは、心で願ったことが現実になるということです。
「世界」のカードは、自己実現を意味するカードでもあります。

自己実現といっても、この「世界」には、縛るものはなにもありません。主導権を握る争いもなければ妥協をする必要もありません。損得や利害などという言葉さえも必要のない世界です。
「世界」のカードに描かれている中央の人物が自己実現を成した本人だとするならば、その人は誰からも愛される存在であり、世界を創造する力である「火」「土」「風」「水」にさえ守られている存在だからです。

実際のリーディングでも、このようなカードの世界観を押さえておく必要はあります。すくなくとも、このカードが示していることは「完璧である」ということです。

とはいえ……なにをもって完璧であるのか? は、カードの展開とあわせてみていく必要があります。

また逆位置となれば、世界を創造する力(火・土・風・水)のバランスが崩れている可能性を考えることも必要です。
あるいは、完了できていないなにか、があるのかもしれませんし、完璧主義が環境を縛っている可能性もあります。

いずれにしても、どのような状態が理想であるかを掴み、そのうえで、この力は強すぎるのではないか? あるいは、弱いのではないか? ここを探っていくことが大切です。

ただし。注意が必要なのは、あくまでも「その人にとっての理想のバランス」をみなければなりません。

精神力を示す「火」、物質性を表す「土」、理性の象徴である「風」、感情を司る「水」

100人いれば100通りの理想のバランスがあることは、覚えておきたいところです。

タロットカード「世界」の解釈を数字と絵柄で分析

  • 数字「21」:3番目の3/真の自己実現/完全性を表す数字
  • 絵柄「花輪」:上下のリボン→レミニスカート/世界卵→外側=結界・内側=新世界
  • 絵柄「人物」:裸→柔らかい存在→誰からも愛される存在
  • 絵柄「四隅の動物や天使」:四大元素→牛=土・獅子=火・鷲=水・天使=風

タロットカード「世界」の意味を表すキーワード

自己実現/世界を創造する力/工夫力/新世界/自由/迎合しない
価値観の偏り/力の偏り/中途半端/環境に縛られる/完璧主義

タロットカード「世界」のもっと詳しい分析と解説は下記をクリックしてご覧ください↓
マルセイユタロット「世界」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「世界」からの恋愛・仕事へのアドバイス

「世界」は、想いが完成するとき。望んでいた世界が現れます。

おめでとさん。
自分のことをちゃんと褒めてあげてくださいね。

そしてね……完了と同時に、ここからは完成させた「世界」の旅が始まります。「愚者」から「世界」までの軌跡は、螺旋となり人生を上昇させます。

螺旋の軌跡にのって、この世界を存分に楽しんでほしいと思います!

こちらに、タロットカード「世界」で恋愛・仕事を読むときのコツを詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓
マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|世界

ワンオラクルで「世界」を読むときの参考にもしてみてください!

タロットカード(マルセイユ版)の小アルカナ一覧

最後に、タロットカードの小アルカナの一覧リンクを加えておきます。
ぜひ、こちらも参考にしてください!

マルセイユタロット小アルカナ一覧

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。