マルセイユタロット「法王」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「法王」の意味を数字から解釈してみる

「法王」のカードは「5」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「5」という数字についてみていきたいと思います。

「5」は「人」の数字だといわれています。
「あたま・右手・左手・右足・左足」で「5」です。
ただ、ここには生殖器はありません。ここに生殖器を加えて大人になるのが、「6」という数字です。

つまり、「5」という数字は、自己肯定が高い無邪気な子ども。
「自己主張・自由・遊び」などの意味を持ちます。

子どものように元気で無邪気で、物事に囚われていない、しがらみがない、という意味での純粋さと自由はありますが、具体性を持ち合わせていない、という側面からは、未熟だ、と捉える場合もあるでしょう。

また「5」といえば、ペンタグラム(五芒星)は有名です。

ペンタグラムは「魔除け」の意味を持ちますが、「5」という数字も、外から入ろうする影響をはねのける、という意味で捉えることもできます。

人間存在を主張する「5」という数字は、個人の価値を評価します。

自己主張は強く、外に影響を及ぼしたい、という意味で、外へ放出するエネルギーは高く、常に外に関心が向いています。
一方で、外からの影響をはねのけようとするため、捉える視点を違えると、ワガママな数字、ともいえるでしょうか。

魔除け、とか、五芒星、などときくと、なぜか頭の中でリフレインをするものがあるのです。

エロイムエッサイム~♪エロイムエッサイム~♪

(年がバレるが……)そう! 水木しげるさんの漫画「悪魔くん」。

ちなみに、悪魔くんの魔法陣は六芒星デス。五芒星ではありません……!!

せっかくのついでなので補足すると、「魔法陣」は西洋の「魔法円」からきているそうですが、実はこの「魔法陣」って……日本独自のものだそうです。
しかもその最初が……悪魔くん!!

水木しげるさんが「魔法陣」なるものを作りだした人物だということは、サブカル界隈では有名なお話だそうです。

タロットカード「法王」の意味を絵柄から解釈してみる

人物

カードの右側(自分の左側)を向いている人物

意識は外に向かっています。
多くの人に開かれた姿勢を持ち、公人や指導者的な役割を持っていることを示します。

指先は「技巧」を表し、胸の中心にあることから、心を動かす、感情に訴える技巧を持っていることが伺えます。
説得力がある人物なのかもしれません。

ところで……この人物には足が描かれていません。そのかわり、二人の人物が、足となるであろう位置に描かれています。
この二人の人物は、法王の近くに仕える者か信者でしょうか。

この図像からうかがえるのは、「法王は自ら動くことなく、二人の人物を介してその意志を広く知らしめている」ということです。

二人の人物が法王に依存し従順さを示す、とも読み取れますが、一方で、法王は二人の人物がいなければなにもできないのです。

もちつもたれつ

そんな言葉が似あうかもしれません

男性的な象徴である勺

勺は男性的な象徴を持ち、攻撃性や積極性を表します。
また直線的で、上下に持つと、天からの回路となる役割を持ちます。

法王は勺を左手に持っています。カードでいえば右側に描かれています。
つまり、勺の力は外へ向かっているのです。

また、天からの啓示を示す右上から、身近な人間関係を示す右下への回路となり、まさに「法王」の名が示す通り、天の意志を周りの人に振りまくことを表します。

権威的で堅い印象を持っていた「法王」なのですが、数字の「5」と結びついてからというもの、ときどき法王の口から舌がでてきて「あっかんべーっ」としてる法王がなぜか見えるのは……私だけ……でしょう……

おちゃめな法王、がいてもいいと思うんやけどな~

タロットカード「法王」の意味をフランス語から解釈してみる

大アルカナの「法王」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では「LE PAPE」

「教皇」と訳されています。

日本にも「天皇」という地位はありますが、ヨーロッパの「教皇」とは一線を画すように思います。

すくなくとも、天皇は聖職者ではありませんしね。

「5」という数字にみられる自己を主張する様や他を排除するような姿勢は、どちらかといえば、中世ヨーロッパの教会の影響力が強かった時代の「教皇」を彷彿とさせるかもしれません。

もちろん、中世ヨーロッパの時代などは、歴史的な出来事をみても、よくもわるくも宗教と政治が持ちつ持たれつ、のようなところもあったと思いますが。

ちなみに、「LE PAPE」は「Sant-Père」ともいわれます。

「Sant」は「聖人」、「Père」はフランス語で「お父さん」という意味です。

タロットカードの「法王」に「父性」という意味が込められるのは、もしかすると、ここのあたりの影響もあるのかもしれません。

言葉は意味の象徴です。

言葉のなかに、それが発せられた当初の意味が現代の固定観念の一部として引き継がれ人々の無意識に根付いていても不思議ではありません。

つまり「父性」というものは、タロットカードが作られた15世紀から変わらず、「5」という数字に象徴される法王、つまり「自己を主張し他を排除するような姿勢」と「外の影響をはねのける保守の力」を持つ性質が少なからずあるのかもしれませんね。

家族を守るお父さん
そんなイメージでしょうか。

え?? パパ(papa)がパップ(pape)から派生したのかどうかって??

興味深いところですが……ほんとうのことろは私も分かりません。
ただ個人的には、それもいいよなぁと思います。

数字の「5」のように、永遠の6歳児のようなお父さんは、子どもにとっても悪くないように思うから。
お母さんにとっても、お父さんのことを「そもそも6歳児だから」と思えた方がいいのでは? と思ったり……

だって……ねぇ。
大人だと可愛くないことでも、子どもだとゆるせてしまうことは、いろいろとありますから(笑)

タロットカード「法王」の意味つれづれ

「法王」のカードをみていると、子どものまま権威をひけらかすのはとても困りますが、子ども心を持つ成熟した大人が増えることは、切に願ってやみません。
そして私も、そういう大人で在ろう、と思います。

法王のカードに、想いを込めて。

ここまで「法王」についてみてきました。
少しでも「法王」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。