マルセイユタロット「力」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「力」の意味を数字から解釈してみる

「力」のカードは「11」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「11」という数字についてみていきたいと思います。

二桁の数字は一桁に還元します。桁数の数字を足していき「11」を一桁にします。
すると、「11」は「2」となります。

「11」は二番目の「2」。「2」の性質である「相対化」という特徴を持ち、「2」と対極になります。

もともと「2」の数字は内向きでしたが、「11」は外に向きます。保守的で内面や過去をむいていた「2」が、「11」になると外に向かって改革を唱え、これまでの価値観をひっくり返そうとします。

ちなみに、「11」は、「2」の相対でもありますが、前の数字である「10」との関係においても相対化します。

つまり、「10」まで現れた実績や価値観の「ちゃぶ台返し」をするのです!「こんなのはダメだ!」とでもいわんばかりに。

「11」は、結果の数字である「10」に新たに「1」が加わっているところをみても、「10」で現れた結果を良しとせず、別の道を模索し始める、とも読めます。

これまでの常識や当たりまえに「NO」という。
受動的な「2」とは真逆で、「11」は積極的な数字でもあります。

「11」は、私の中でもワクワクする数字です。新しい何かが始まることを予感するからでしょうか。

いや、何かが始まる、というのは違いました。自分主体であるがタロットの生き方です。
だから……自分で何かを始める、というのが適当かもしれません。

タロットカード「力」の意味を絵柄から解釈してみる

動物

本能を表す動物

動物は、「本能」や「衝動」などを象徴します。

ただ、「本能」や「衝動」というと、なぜか野蛮な意味に捉えられることが多いようにも思います。
特に、本能的な欲に対する偏見は、いろいろなところで見聞きします。

ですから、動物の図像の象徴には、そのような偏見で読まれることも多いのですが……

そもそも「本能」も「衝動」も自然なものであり、無意識なもの、というだけです。

特にこのカードで描かれているライオンは、人物の下半身に位置していますから、「生理的な欲求」と読むこともあります。

ですがこれは、「熱くて疲れたので日陰でやすみたい」「お腹が減ったので何か食べたい」、あるいは子どもがお母さんに「(安心感がほしいから)ハグをして!」というように、人として当たり前に沸き上がる欲求のことを表していることを、覚えていてほしいと思います。

帽子

レミニスカート型の帽子

帽子は、頭を保護します。同時に「受け止める」を意味する道具です。

自信を保護すると同時に、自分と天を仕切る帽子から、天の啓示を受け取止める、と読めます。

また、帽子は「レミニスカート(∞マーク)」になっており、これは、方向転換を意味します。右回り(左回り)であったものは、中央を境に、左回り(右回り)となるからです。

ここでは、これまでの価値観の変化が起こる、と捉えることができます。

ちなみに、「1」の魔術師もレミニスカート型の帽子をかぶっていました。

つまり、この「11」のカードでもたらせる価値観の変化は、始めの変化「1」からその結果を表わす「10」までに築き上げてきた価値観から変化が起こる、とみるのが妥当です。

人物

カードの右側(自分の左側)を向いている人物

意識は外に向かっています。

しかも人物の手は、本能や無意識を表わすライオンの口元にあります。

ライオンを押さえているのか、ライオンの口の中に手を入れようとしているのか……ライオンを意識的にコントロールしようとしていることが伺えます。

これまでの当たり前や常識の流れに逆らおうとしている、と読むことができます。

意識が外に向かいこれまでの常識を覆そうとしている人物には、社会的な改革力がある、とみてもいいかもしれません。

タロットは全部で22枚です。ということは、「11」は折り返し地点ともいえます。転化を表わすレミニスカートが描かれているように、ここから流れが変わります。

しかも「1」の魔術師よりも、できることは多くなっているハズです。

さぁ、ここでもう一度「力」を蓄え、いざ、なにをはじめて生きましょうか?!

タロットカード「力」の意味をスランス語から解釈してみる

大アルカナの「力」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では「LA FORCE」
「力」「精神力」「知力」という意味があります。

フランス語には「男性名詞」「女性名詞」「中性名詞」というものがあります。
名詞の性によって、使われる冠詞も動詞も形容詞も異なってきます。
もちろん、人の性別として女性であれば「女性名詞」の扱いを、男性であれば「男性名詞」の扱いをうけます。

日本語には、このような文法的な使い分けがないので、馴染むのに時間がかかるかもしれませんが……

言葉のなかに「性」が表されているところに、私はなんともいえない趣きを感じることができて好きなのです。
日本語でいえば、響き、がそれにあたるでしょうか。

ちなみに、「力」を意味する「La force」という名詞は女性名詞です。

そう……女性、なんですよね。

「力」というと、どこか男性的な強さ、という印象を持ってしまうかもしれません。
ですが、ここでいう「力」には、女性的な柔らかさ、しなやかさ、もいっしょにイメージしてみてはどうでしょう。

(たとえ数字の変更がみられるとしても)生命の樹でも、弛緩と慈愛の木星があてられる「ケセド」と緊張と意志の火星があてられる「ゲブラー」のパスになっている「力」のカード。

意志を通す強さと物事を包み込む寛容さとを持ち合わせた「力」だからこそ、改革が成し遂げられるのかもしれません。

私は、女性には女性にしか持てない「力」が、男性には男性にしか持てない「力」が、あると思っています。

「男女平等」という言葉が社会に出てきて久しいですが、お互いの違いとお互いの良さを共生しあう「平等」で在りたいと、力のカードに想いをのせてしまいます。

タロットカード「力」の意味つれづれ

「力」のカードは、荒々しく激しい「力」というよりは、芯の通った優しい「力」という方が、私にはしっくりときます。

自利が他利となり、他利が自利となる。

そんな無限のループを、「力」のレミニスカートに想います。

ここまで「力」についてみてきました。
少しでも「力」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。