マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|コイン(貨幣)の7

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「コインの7」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「コインの7」にみていきます。

また、「こんなときは『コインの7』を意識してみて!」という「コインの7」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「コインの7」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン(貨幣)=土」「剣=風」「カップ(杯)=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

 

「コイン」のキーワードは「現実的」「物質性」「お金」「身体」「五感」。

数字の「7」は、現状と目標のギャップを埋めようと躍起になる数字。
好戦的で「勝つ」ことに意欲を燃やします。

そのため「コインの7」は、実際的にギャップを埋めようとがんばります。
それなりの成果も得て、周囲からの評価も高いのです。

ところが……数字の「7」がもたらす「落差」を埋める渇望は飽きることがありません。
どこまでいっても「まだ足りない」となり、手に入れた現実さえも「こんなもの??」と疑問符をつけてしまうのです。 

プロセスをみれば、誰よりも努力家だしよくやっている。けれども、結果をみれば、まだたりない。
これが「コインの7」ですが、どこに目を向けるか、で見えるものが変わります。

もちろん、足りないことへの渇望がさらなる発展へと導くのですが、不本意な結果だからといって、早急な結論をだすのは控えたいところです。

 

タロットカードの「コインの7」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「コインの7」のアドバイスはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「コインの7」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

 

まだ相手がいない場合の「コインの7」からのアドバイス

「コインの7」は描いた理想と得ている現実とのギャップに、納得できない状況を表します。

積極的に出かけてきたし、苦手な交流会にもがんばって出たし……自分磨きもちゃんとやってきた。なのに……なんで彼(彼女)ができないの!!

……そんな不満が溜まっているかもしれません。
でもどうか「もう恋人なんていらない!」なんて、いわないでください。

「今は理想の恋人がみつかる時期ではないんだ」と思って、もう少しゆったりと過ごしてほしいのです。

これまでやってきたことが無駄になることはありません。
慣れないことを一生懸命にやってきた自分を「無駄だった」なんて……絶対ないです。

それに、自分磨きって一朝一夕にはできないし、むしろ、ずっと必要なんじゃないかなぁ……

だから。

今の結果は「うまくいかんかった」だけど、いろいろやってきた自分にご褒美をあげるつもりで、ペースダウンしてゆっくりしましょう。

あなたの魅力に気づく人はいます。絶対に。
でも、自分の魅力を自分であきらめたらおしまいです。自分のために、自分を磨き続けてほしい。

「コインの7」はそういいます。

理想と現実の落差を埋めるには、それなりの時間も必要です。
思うように埋まっていなくても進んでいるのは確かです。

大丈夫。
焦らずに、参りましょう。

 

恋人とギクシャクしてきたときの「コインの7」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「コインの7」がキーカードに出てきたら、早急な結論は禁物です。

別れる時期は今ではない。
だから、もう少しだけ様子をみてほしいのです。

ここは「コインの7」だから、きっと、お互いに見ているところが違うだけだと思うのです。

男女のコミュニケーションって、そもそも、誤解の宝庫です。
男性脳と女性脳、などといういい方がありますが、それだけコミュニケーションで大切にすることが男女で「異なっている」と思ってほしいのです。

男は、「行動からの結果」が愛。
女は、「言葉のやりとり」が愛。

男性は言葉よりも行動からの結果に重きを置く方ですから、行動に出る前のやりとりをそれほど大切にしていません。

返事を曖昧にしても、やることはやるんだから返事なんてどっちでもいいやろ?! ぐらいなことも多いです。

一方で、女性は「言葉のやりとり」を大切にします。
お互いに言葉で通じ合っている、ことを確認したいのが女性です。

だから、返事はちゃんとしてほしいし、やってくれるなら快く引き受けてほしいし、それを言葉で表してほしい、とさえ思っているのです。

そのため、男は結果、女はプロセス、ともいいますが、男性にすると「やった結果」が大切で、女性にすると結果よりそれまでのやりとりが大切なんです。

女性からすると、言葉から気持ちが通じていることが確認できなかったら、たとえ男性がなにをやってくれても……嬉しさ半減、半信半疑になることもあります。

こんな風に、男女間で、そもそもコミュニケーションのポイントがずれているのですから、そりゃ……誤解もするわ、なんです。

ですから、どっちが「いい」や「わるい」ではなく、そういう違いがあるものですから、パートナーシップにおいて、「コインの7」のような「なんでそうなるの??!」とお互いに思うことは、あるいみ、自然なことです。

だから「わたしたち別れよう」という言葉はちょっとまってほしい。
これが「コインの7」のアドバイスです。

お互いのコミュニケーションで大切にするポイントの違いがわかると、現実への戸惑いは少し和らぐはずです。

 

タロットカードの「コインの7」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「コインの7」のアドバイスとはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「コインの7」が出てくるときは、結論に急がずいったん棚上げが得策です。

思うような結果が出ない……となっているかもしれません。
でも、ちゃんと進んでいます。

あなたの理想が高くて今の結果に満足できていないだけで、成果が出ていないわけではないのです。追いついていないだけ。

ですから、ここで辞めるのはおすすめしません。
「もう少し様子をみてほしい」
これが「コインの7」からのアドバイスです。

とりあえず現状維持をすることです。
もちろん現状維持といっても、現状を維持するための努力は必要です。ここを怠ると、むしろ事態は悪化します。

理想と現実の落差を埋めるのが「7」の使命。形にするのが「コイン」の役割ですから……ならば!
理想の形になるまで追求するのが「コインの7」の進む道。

まだまだ試行錯誤が必要だ、と思うくらいがちょうどいいです。
結果に満足できないからこそ、発展していくというものです。

前向きに続けることが、ギャップを埋めるコツです。

 

タロットカードの「コインの7」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「コインの7」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...