マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|コイン(貨幣)の9

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「コインの9」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「コインの9」にみていきます。

また、「こんなときは『コインの9』を意識してみて!」という「コインの9」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

 

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

 

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「コインの9」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン(貨幣)=土」「剣=風」「カップ(杯)=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

 

「コイン」のキーワードは「現実的」「物質性」「お金」「身体」「五感」。
数字の「9」は、1から8までを総括する数字で、「総合」「応用」などの意味があります。

「コインの9」はいままでコツコツしてきた結果が統合されるカードです。
実力に応じた結果が得られます。

一方で、10枚で完成されるコインの1枚が欠けているところから、あと1枚埋めようと、今より上を目指そうとすることがあります。
「コインの9」が「高望みのカード」といわれるのはこのためかもしれません。

とはいえ、「コインの9」が完成を表す「10」までにコインが1枚足りないのは、望んだことが手に入れられる可能性がまだ残っているからです。

ビジョンがあったからこそ「コインの9」まで積み重ねてこられたわけで、また、ビジョンがあるからこそ、その先をみてみたいと思うのが「コインの9」
そこは押さえておきたいところです。

玉の輿も、夢ではないのが「コインの9」。
もちろん、そのビジョンを見たから豊かさを享受できるのです。

ビジョンを失うと、想いを形にする力も失ってしまうかもしれません。

 

タロットカードの「コインの9」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「コインの9」のアドバイスはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「コインの9」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

 

まだ相手がいない場合の「コインの9」からのアドバイス

「コインの9」は引き寄せ力がありますから、イメージを描けばそこに向かえるとき。
少し背伸びをしてみるのもいいです。

ただし!

「コインの9」はイメージしたものを引き寄せるのですから……自信のない恋愛をイメージすれば「自信が持てない恋愛」を引き寄せてしまいます。

そもそも「イメージ」というのは、描いたときの気持ちが反映されて出てくるもの。
だから、もし「今の自分」に自信が持てないならば、自分が自信を持っているイメージなど……作ることができないのです。

とはいえ。

心理の世界では、態度や行動を変えるだけで心も変わる、といいます。
つまるところ……態度や行動を整えていくことが大切なんです。

まずは行動から。

美容院にいって髪の毛を整えてもらう
ネイルサロンへいって爪を磨いてもらう……もちろん、ネイルをしてもらってもいいよ!
エステサロンでリラックスもOK

それは決して、見栄を張るためのものではありません。
自分が心地よくなるように、自分のことを丁寧に大切に扱ってあげることを、してほしいだけなんです。

自分を大切にしてあげることで自己肯定感が育まれます。
自己肯定感が、自分への信頼=自己信頼に変わります。

自分を信頼しているあなたがイメージできる恋愛とは……?
自分が大切にされる恋愛しか思い浮かばないのです。

「コインの9」のイメージ力を使って、理想の恋愛をゲットです!

 

恋人とギクシャクしてきたときの「コインの9」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「コインの9」がキーカードに出てきたら……気にしないこと。そういうことがなかったように振る舞ってほしいのです。

だから……いつものようにいつもの調子であることが吉。

「私がわるかったんだ……」と自己卑下することなく
「あの人が悪い!」と相手を責めることなく
ギクシャクした状態を大したことにせず
「まぁ、そういうことってよくあるよね」ぐらいの軽い気持ちであることが大切です。

「コインの9」には、完全な形でないからこその良さもあるのです。
1枚欠けている良さ、といえばいいでしょうか……10枚に満たない1枚分の軽さと余白が、その良さです。

「完全な形でなくてもいいじゃない。だいたい形になっているんだから」この軽さが、相手に「ホッ」という余白を与えるのですね。

誰も、好きな人といつまでもギクシャクしていたくないですから!
その先陣を、まずはあなたから。

「あぁよかった。もう機嫌が直ってる……」という安心感を、パートナーにあげてください。

 

タロットカードの「コインの9」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「コインの9」のアドバイスはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「コインの9」が出てきたなら、今までの経験や積み上げてきた自分の努力を信じて! です。

「コイン」を象徴する「土」は、コツコツ形を作っていく性質があります。
そんな「コイン」が9枚になるということは、土をコツコツ積み上げてきた証。

完成の10枚まであと1枚。
それは、これまで積み上げてきた努力を自分で認めてあげられるかどうか、にかかっています。

ここからは、力を抜いて最後の仕上げに参りましょう。
大丈夫。相当の実力はついているから。
「コインの9」はそういいます。

あなたがこれまでやってきたことは、決してあなたを裏切らない。
自分の力を信じて、GOデス!

 

タロットカードの「コインの9」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「コインの9」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...