マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|カップ(杯)の1

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「カップの1」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「カップの1」にみていきます。

また、「こんなときは『カップの1』を意識してみて!」という、「カップの1」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

 

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

 

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「カップの1」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン(貨幣)=土」「剣=風」「カップ(杯)=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

「カップの1」は、「カップ」が象徴する「水」という要素の始まりを表すカード。

「水」のキーワードには「くっつく」「混ざる」「愛情」「共感」「感情」「流れる」「集まる」があります。

「カップ」では、感情、を押さえておくことがポイントです。

もっとも単純なものは「好き/嫌い」という感情です。
いわゆる「トキメキ」がカップの判断基準となります。

そのため、「カップ」をうまく使えることができれば心は満たされます。
でも、うまく使えなければ惰性に落ちてしまうこともしばしばです。

さて。
「1」という数字から、それが「はじまる」ことを表します。

ここは「カップの1」ですから、感情や愛情の「はじまり」を表します。
「好き」を自覚した瞬間でもあります。

また、「カップの1」が表す愛情には、それほど深いものはありません。でも、汚れをしらない純粋でピュアな感情です。

ここから関係をスタートをさせて、愛情を深めていきましょう!

タロットカードの「カップの1」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「カップの1」のアドバイスはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「カップの1」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

まだ相手がいない場合の「カップの1」からのアドバイス

「カップの1」は愛情のスタートを告げるカードです。
トキメクおしらせ! です。

一目ぼれをしてしまう、ことがあるかもしれません。
友達だと思っていた人に恋心を抱いているのを自覚してしまったり……もあるかもしれません。

そんな少女漫画な……などと侮ることなかれ!!
好きな人ができるきっかけが、「カップの1」には詰まっています!


さて。
ここで少し、カードの要素別に「恋愛」のイメージを並べてみたいと思います。

「棒」は、燃え上がる炎。劇場型な恋愛です。
いったん火がついたら止められない……湧き上がる情熱が「恋愛」を盛り上げます。燃え上がりも激しいですが、冷めるのも早いです。燃えるような恋、って「棒」のような恋愛のことです。

「コイン」は、堅実で現実的な恋愛。
刺激的なものは少ないですが、最も穏やかな「恋愛」があります。
イメージは、長年連れ添った夫婦のような和やかな関係。長続きする安定した恋愛となります。

「剣」は、恋愛もサッパリクール。ベタつきを好みません。
イメージは、現地集合現地解散、といった合理的な恋愛です。
単純にいえば、「恋愛」を特別視していないだけです。「恋愛」も「仕事」も「友達付き合い」も「子育て」もすべて同列。どれも平均的に力を注ぐから、こういう形になるのです。

「カップ」は、いつもくっつきたい。ずっと一緒にいたい。
メールやラインの文章は長いし多いし、イチャつきたいし、スキンシップも多い方。でもその本音はとてもシンプルで、気持ちが通じあっていることを確かめたい、だけなんです。
「カップ」の水は、流れて集まる性質にあります。また枠に収まることでくっつくのが本性ですから……「恋愛」にとっても、「くっつく」が最高の形なんですね。

恋人とギクシャクしてきたときの「カップの1」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「カップの1」がでてきたら、素直な気持ちを思い出してほしい、です。
たとえば、彼と付き合い始めた頃の思い出なんかを振り返ってみるのもいいです。

ただ……このアドバイスをすると、思い出を振り返って「昔はもっと優しかったのに!」ともなりかねないので注意も必要デス……

もちろん、思い出を振り返って出会った頃の「トキメキ」を思い出せると一番いいのですヨ。でも、ここはもう少し違う角度からのアドバイスも考えてみたいと思います。

そこでひとつ。

トキメキ探しにでかけてみませんか?
名付けて「トキメキ作戦」です!

いつもよりおしゃれをして街にでかけましょう。
可愛いものが好きならば、雑貨屋さん巡りなどどうでしょう!
洗練された雰囲気が好きなら、老舗がならぶ大人の街を散策です!
ホッコリしたい、となれば、落ち着いたカフェで読書をするのもよし!
いやいや、ジムで体を動かす! というのもいいですよ!

彼とのギクシャクが思い出せなくなるほど自分の気分が良くなることを思う存分やってみよう、というのが「カップの1」がアドバイスをするトキメキ作戦です。

パートナーのことで頭がいっぱいだから、悶々としてしまうことが多いです。
だから、自分が「トキメク」ことをして、パートナーに寄せる気持ちを流すのです。

「カップの1」は、汚れをしらない純粋でビュアな気持ちですから……その気持ちを濁らせないためにも、トキメキをもってトキメキを征しよう! というわけです!

タロットカードの「カップの1」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「カップの1」のアドバイスとはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「カップの1」が出てきたら、目先の利より気持ちが向くかどうかを考えてみてほしいです。

仕事のアドバイスとしてカップが出てくるということは、「トキメキ」を大切にして! が強調されていると捉えてください。
損得抜きに「好き」かどうか、がここでの判断ポイントです。

お金が貰えても、名誉がついても、気持ちが向かないものを続けていると、やがて心が動かなくなってしまいます。感動することを、忘れてしまうんです。

特に「カップ」は気持ちを大切にするカードですからなおさら……「自分にとって大切なものはなにか?」を改めて考えてみるにはいい機会だと思います。

たとえ仕事であっても、自分にとっての喜びに素直になってほしい
「カップの1」は、そういいます。

タロットカードの「カップの1」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「カップの1」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...