LINE公式アカウントにて満月・新月の星模様にみる機転を発信中

占いを活かすために

スポンサーリンク
占いを活かすために

クリスタルカードのストーンリーディングからクリスタルのエネルギーを自分に活かしてみませんか?

クリスタルカードとクリスタルからのストーンリーディングについてお話しています。 クリスタルがどのように私たちと関わるのか、クリスタルカードから個々のクリスタルが持つエネルギーや人と縁することについてをまとめました。
経営者

働きすぎで体を壊す前に参考にしてみてほしい経営者のための占い的健康の智恵

健康に気を配りながら頑張る経営者に活かして頂けるよう、見えない力とともにある健康の智恵についてお話しています。何事にも人事を尽くし、それでも自分の力ではどうにもできないとなったとき、見えないものに委ねられる力は、その人に機転をもたらし、もっと大胆に仕事へ邁進するための活力になると思うからです。
占いを活かすために

彼への嫉妬が辛い。好きになるほど抑えきれない衝動が苦しくて嫉妬を辞めたいと思うときに読んでほしいタロットの智慧

「彼にものすごく嫉妬してしまって辛いです。彼を好きになるほど抑えられなくなる衝動は苦しいし、嫉妬するのを辞めたいんです」うらないば、には、このような自分の内面を深くえぐってしまうやり場のない感情を抱え、話をしに来られる方も多いです。今回は「嫉妬」。私はいったいどうすればいいのか……ここに触れる前に、まずはタロットで表現される「嫉妬」について、一緒にみていきませんか?
占いを活かすために

占いに通い続けたのに現実は何も変わらず苦しいままの人に知って欲しいこと。占いは信じるのではなく、使うもの

良い結果を信じても全く当たらないし、悪い結果だと「やっぱりそうか」と落ち込んでしまう。こんな風になっていませんか?もし「占いに通い続けたのに現実は何も変わらず苦しい。でも、占いの結果ばかり気にしてしまう」といったことに思い当たるなら、読んでみてください。今の状況から抜け出すヒントを見つけて頂けると思います。また「占いジプシーを辞めたいんです。どうしたらいいですか?」という方にも参考いただけると思います。
経営者

運を味方につける社長は知っている事業経営に活かせる運気の流れについて

運を味方にするにはどうしたらいいんでしょうか?このようなご相談を頂くことはよくあります。特に経営者の方に多いでしょうか。一方で、公にするわけではないけれど運気などの知識や情報を活かしている、とおっしゃる経営者にお会いすることも多いです。そこで、どのようなことが経営に活かせるのか? 占い的な視点からお話しています。
仕事

気をもらって疲れてしまう?気をもらいやすい占い師やセラピストが「もらった」と感じるときの対処法

お客様から気をもらうことってありますか?占い師やセラピスト、あるいは、その仕事を目指そうとされている方から、このような相談を受けることがあります。そこで、「もらう」ことについてのお話と、もらった時の対処法とやり方を書いてみました。
経営者

社内の暗い雰囲気をよくして社員のメンタル不調の連鎖を断ち切るためのワークショップ

できる社員がそんなに悩んでいたなんて知らなかった。では済まされない会社の事情 社員が30人程度と小さいけれど業界では古い会社。 業界のトップ技術を掲げ行政からも受注を受けているが、国外に拡大を図るため3年ほど前から即戦力として中途採用に力...
経営者

言われたことしかやらないモチベーションが低い社員に効果的な声かけ。占いの智慧から探るコミュニケーション術

言われたことしかやらないモチベーションが低い社員に効果的な声かけに悩んでいます。経営者からこのようなお悩みを聞くことがあります。そこで今回は、部下のやる気を引き出すことにもつながり人を育てるときにも活かせる知識として「コミュニケーション術」に焦点を充てた占いの智慧について書いていきます。
経営者

相手の言いたいことが分からない世代間のコミュニケーションギャップを埋めて社内を活性したい経営者のための智慧

言いたいことが分からない。何を考えているのか分からない。世代が異なる社員との間にコミュニケーションギャップを抱えた経営者から「社内の雰囲気が暗くて困っています。ギャップを埋めて社内を活性化するにはどうしたらいいでしょう……」といったご相談を頂くことがよくあります。そこで、占い的視点から見えてくる原因と社内を活性化する方法について言及してみました。
タロットを読むコツ

タロットが読めない時はどうすればいい?占う内容とタロットカードの意味がしっくりこない時の対処法も

タロットが読めない時はありませんか?「タロットカードの意味は分かるのに読めなくなったり怖くなったりするんです」というメッセージを頂くことが多くあります。そこで、タロットか読めないという方に向けて特に二つのケースからその理由と対処法について書いてみました。
経営者

事業拡大のタイミング、このまま走らせていいのかと迷うとき、判断する材料のひとつに占いの知識を使ってみませんか?

コロナの影響で忍耐の時期とはいえ、この先のことを考えたら今仕掛けておきたい 会社の業績は、1回目の緊急事態宣言からみるみるうちに下降した。 初めての緊急事態宣言で社会全体が止まり、受注していた仕事の納品期限を確認するために取引先へ電話をし...
経営者

頑張っても結果が出ずに難しい選択を迫られるとき、やり切るための判断材料のひとつに占いを使う経営者

頑張っているのに成果が出ず途方に暮れてしまうとき 自分の美容サロンを持って6年。 独立したての頃は大変だったけれど、2年ぐらい経った頃にはリピートのお客さんも増えてきて、売り上げも順調で安定していた。 なのに……ここにきて、来店してくれる...
占いを活かすために

運気が悪いとき良いときの過ごし方。言葉に惑わさず自分らしく過ごしていこう

年末に読んだ雑誌に「今年は全体的に運気が悪い」と書かれていて、気になっていたんですが、今年に入ってから、確かにあんまりいいことがないんです…… 職場の上司が変わってやりにくくなったと思ったら、急な方針転換で、今までの業務内容にプラスアルフ...
レッスン|教室

手に職をつけたい!自分に合った方向へ進むための分析ツールとして占いを使えるようにするレッスン

ここ数年の働き方改革に副業解禁、さらにコロナの影響で先行きが見えないなか「本業以外で手に職を」と思われる方も多いでしょう。 鑑定のご相談でも、「手に職をと思ったら何が自分に合っていますか?」と聞かれることが多くなっています。 会社員を辞め...
経営者

事業縮小のタイミングを決断できない難しさ。気持ちを落ち着かせ最善のタイミングを計るための占い

事業を縮小した方がいいのは理解しているけれど気持ちが追いつかない このお店を始めてから、今までにもしんどくなったことはありました。 けれど、その度に乗り越えてこられたんです。売れ筋や利益率を分析して原価管理を徹底したり、シーズンごとの販促...
人間関係や将来の進路

高齢の両親が心配で引っ越しを考える在宅ワーカーの転機。コロナに振り回されないための占星術的視点

11月に入ってコロナの第3波が来ていると、連日ニュースで報道されています。東京や大阪でも過去最高の感染者数を記録しているといい、さまざまな業種に影響を及ぼしているようです。 占いのお客様にも、コロナの影響で職場のオンライン化が進み、在宅ワ...
レッスン|教室

自分で自分を占うのはよくないの?自分で占う利点と活かし方

仕事やこれからのことを自分で占えるようになれたらいいなぁ、と思って、タロットを勉強し始めたんです。 少しずつカードの意味が分かるようになってきたら、もっと本格的に使えるようになりたい! と思うようになって、通信講座を受けてみたりプロの占い...
仕事

早期退職の募集を機に独立や起業を考えているなら、このチャンスをものにしよう

2020年明けて間もなく世界中に現れた新型コロナウイルス感染症の拡大という未曽有の事態から1年になろうとしている今、その影響は、私たちの身近な「仕事」にまで広がってきました。 コロナ禍によって、いつ、だれが、どんな事態の急変に見舞われるの...
経営者

新規事業を軌道に乗せたい。不安材料がプラスに変えられる、未来への指針になる占い

コロナによって社会の様相が激変し、今までやってきたことが通用しない……と悩む経営者も少なくないように感じます。 その中には、方向転換をするにも新しい事業を開拓して軌道に乗せるにも、それなりの時間がかかることを計算にいれて、体力がある今のう...
経営者

チャンスをつかみたい。事業を拡大したい。経営者が決断の後押しに使うことも多い「占い」とは?

占いのお客様のなかには、何軒ものお店を持たれている経営者の方も少なくありません。 そういう方は大抵、事業に関わる方針もすでにご自身で決められているし、どうしていくかの答えを持たれていらっしゃいます。占いに判断を左右されることなどない方々だ...
占いを活かすために

占いに依存したりハマる原因と対処法。占い師の言葉に敏感になるのは感覚がオーバーワークしているから

なんでいつも仕事で嫌味を言われなきゃいけないんだろう……なんで彼とうまくいかないんだろう……なんで自分はいつも損ばかりするんだろう…… どうして理不尽で嫌なことばかり起こるのか、その理由が分かればもう少し楽になれるのに……あとどれくらいこ...
スポンサーリンク