LINE公式アカウントにて満月・新月の星模様にみる機転を発信中

運を味方につける社長は知っている事業経営に活かせる運気の流れについて

運がわるい、運がいい

運を味方にするにはどうしたらいいんでしょうか?

今、仕事で大事なプロジェクトを抱えています。チームで一生懸命に取り組んでいるんですが、なかなか思うように進みません。

交渉がうまく進んでいるかと思えば先方からいきなり保留の連絡がきたり

リーダーとして現場を引っ張ってくれていた人が体調を崩してしまい、現場が混乱していて、状況の把握が追いついていなかったり

部品の欠品やラインの休止などで、期日までに商品が入らなかったり

しかも追い打ちをかけるように、プライベートな揉め事も出てきて……

踏んだり蹴ったりって、こういうことを言うんでしょうけど、それでもやらなきゃならない事はたくさんあって。

もうどうにでもなれ!!って正直思ったりもするんですけど、やっぱり、この仕事が好きだし、早く今の状況から抜け出したいんです。

ほら、「運の波に乗ろう」とか「運を味方につけよう」って、占い師さんとかがよく言うじゃないですか?

そういうのって、ほんとうにあるんですかね……

でも、あるんだったら、自分もあやかりたいですよ……

運を味方につけるとは?

何をやってもうまくいきやすいとき
勢いでやり通せるとき
気力が空回りしやすいとき
新しいことより今あることに集中することで発展しやすいとき

確かに占いでは、こういうことを運気の流れとして読み取る術があります。

たとえば運気について書いたこちらの記事

「運気が悪いとき良いときの過ごし方。言葉に惑わさず自分らしく過ごしていこう」

にも書いているように、自分が今どんな運気の流れにあるのか、を見ていくことで、物事のタイミングを計る材料として使うことはできると考えます。

そして、そういうことが「運の波に乗る」という言い方になるのかもしれません。

ただ「運を味方につける」とは、どちらかといえば「その時に合ったことをする」というニュアンスの方が近いように思います。

易経に「時中」という言葉があります。

これは「その時にぴったり」という意味ですが、その時にぴったりのことをすることが最も生きやすいことを教えてくれるこの言葉があうでしょう。

では「その時にぴったり」とは、いつどんなこと、を指すのでしょうか?

占い的にいえば「星の流れに沿って自分の流れを合わせていこう」ということです。

そして、どういう流れがあって、どのような態度を取れば流れに合わせられるのか、についてはホロスコープという道具から探っていきます。

たとえば今年はどういう流れがあって、どういう態度をとっていくと、いいのか。

ここからは、そのことについてお話していきましょう。

今年の流れとは?

今年の流れとはどういうものか。

まず、ホロスコープで1年の流れをみるときに大切にしているのがとともに考えること。

日本には二十四節気の思想があり、なかでも春分・夏至・秋分・冬至は、西洋占星術においても節目とされています。

特に、西洋占星術で1年のはじまりは春分から。

またタロットカードの「世界」にそのモチーフが描かれている(※)ことからも、西洋思想において立春・立夏・立秋・立冬も大切です。

ではこの暦を、物事の流れを表すサイクルとして考えてみます。

はじまりは、陰の気が極まり陽に転ずる冬至とします。

そこから陽の指す時間が長くなりますが、まだまだ冬本番。土壌が見えなくなるまで雪が降り積もり、作物を育てることはできません。

虫は地中深くに潜り込み、動物は深い眠りの中。生物たちは、雪が解け空気が温かくなる春を待ちます。

そうして、迎える春分

芽吹きとともに春を迎え、あたたかさと共に活動的になれる時期に入り、日差しが最も高くなる夏至を迎え、ここから陽気は陰に転じていきます。

けれども、まだまだ熱気は衰えることなく草木はどんどん茂る。

育てていた作物は成長し、空気が冷たくなり始めた頃、秋分となります。

木々は色づき、栄養をたっぷり蓄えた食べものに舌鼓をする季節、秋の実りを満喫した後は、生物たちが地中に潜る寒い冬の時期を迎えます。

こういった、自然とともにある春夏秋冬のサイクル。

日本はこのような春夏秋冬の四季を体感することができる環境にあり、今の時代も、四季は生活の身近にあります。

無意識の中に沁み込んでいるこのような文化的な慣習がたった100年やそこらでなくなることはなく受け継いでいると考えるならば、この春夏秋冬のサイクルとともに生きることが、自然の流れに沿うこと、といってもいいのではないかと思います。

さて、この流れをもっとシンプルに人の活動サイクルに合わせていくと

  • 冬至から春分:土壌づくり
  • 春分から夏至:芽を育てる
  • 夏至から秋分:成長
  • 秋分から冬至:収穫

このような流れを見ることはできるでしょう。

もちろん、これは1年の普遍的な流れであって特定の時期をみているわけではありません。

そこで今年の流れをみるために、このサイクルに西洋占星術の智慧を加えていきます。

それがこちら

西洋占星術では、その年の時流をみるときに「木星」という天体がどんな特徴を帯びているのか、を読み解きます。

まず、昨年末の2021年12月29日。

冬至を過ぎた頃、木星は水の柔軟(魚座)の特徴を帯び始めました。

そして、今年の立夏を過ぎる頃、2022年5月11日に、木星は火の活動(牡羊座)の特徴を帯びます。

次いで、立秋前の7月29日から、火の活動的な特徴が思うように発揮できなくなり、立冬前の10月28日に、水の柔軟に再び戻ります。

けれども、この時も本来の水の柔軟の良さが現れにくく、本領が思うように発揮されません。

そうしてしばらくして、11月24日。

ここから、改めて水の柔軟性がポジティブに流れ始めます。

その間、約1ヶ月。

その後、12月20日、2022年の冬至前に、改めて、火の活動傾向に転じます。

そのため、翌年の2023年は火の活動的な気運からスタートします。

  • 2021年12月29日~2022年5月11日:水の柔軟な気を帯びる
  • 5月11日~7月29日:火の活動な気を帯びる
  • 7月29日~10月28日:火の活動の気が乱れ
  • 10月28日~11月24日:水の柔軟の気が乱れ
  • 11月24日~12月20日:水の柔軟の気が回復する
  • 12月20日~:火の活動の気を帯びる

では、このような流れがあったとして、どういう姿勢で臨めばいいのでしょうか?

ここからは、流れに沿う行動についてお話します。

流れに沿う行動

流れに沿う行動は、木星の動きの変化とともにお話していきます

2022年5月11日まで

2021年12月29日に木星が水の柔軟性を象徴する魚座に入り、5月11日まで滞在します。

水は人に流れるを象徴し、それが人の間へ柔軟に広がっていくのが、水の柔軟性の特徴です。

キーワードは、情緒・やさしさ・受容・絆・奉仕

スムーズに流れない物事をどうにかして推し進めようとするよりも、まずはちょっと一息入れて心に余白を作ってみましょう。

ひとつのことばかりに気を取られるのではなく、他のやることへ目線を変えて、そちらを頑張ってみたならば、ふとしたときにアイデアが湧いてきて停滞していた物事にアプローチするのが容易にできそうです。

この時期のポイントは、がんばればできる!などと気張り過ぎないこと。

物事が進まない時は無理に推し進めようとせず、他のことに目線を変える

起こる出来事に対し丁寧なリアクションを返すことだけを心がけて、あとは放置でも構いません。焦らず時期を待つことです。

2021年12月22日(冬至)から2022年2月4日(立春)まで

立春までに、2022年の「収穫」としてどんな実りを得たいのか?どんな成果を出したいのか?

このような目標を考えることがまず大事。

なぜならこの時期は、欲しい実りに合わせた土壌づくりをするときだからです。

特に2022年の収穫の時期は水の柔軟な気が帯びている時期なので、「(自分以外の)誰のために」がある目標を出しておくといいでしょう。

今年は、誰かのために頑張ろうとすることが実りをもたらす。

そういう1年になるでしょうから。

2月4日(立春)から3月21日(春分)まで

立春から春分までは、土壌づくりのなかでも栄養を溜めておきたいときです。

立春までに考えた目標を得るためにどんなことを身につけておきたい(たとえば、知識智慧など)ですか?

収穫したい実りに合った種をまく準備をするつもりで、「自分」という土壌を豊かにするターンだと捉えてみてください。

また水の柔軟な気が帯びている時期ですから、公私問わず、大切な人と心通わせるコミュニケーションをとることが、より滋養になるでしょう。

3月21日(春分)から5月11日(立夏直後)まで

3月に入り春分頃には、休めて育てた土壌に種をまき始めたい頃。

ここからは、目線を外に向けましょう。

水の柔軟性の気が帯びている時期なので、どちらかといえば、人との関係を育むことに力を注ぐといいでしょう。

この時期の人との積極的なコミュニケーションは、この後の動きを加速してくれます。

5月11日(立夏直後)から7月29日(立秋直前)まで

5月11日、木星は火の活動資質である牡羊座の気を帯びてきます。

火は活力やエネルギーなどの熱量を象徴し、それを外に向けて積極的に押し出していくのが、火の活動気質の特徴です。

キーワードは、積極性・冒険心・自己主張・前進・突破

ここからは、積極的なアプローチが功を奏します。

停滞している物事があるならばゴリ押しで進めていくのもいいでしょう。ただし、動かすための熱量が必要になるので、弱気は禁物

ここからはむしろ、やればできる!の心持ちが道を開く後押しとなります。

ちょうどこの時期は陽が極まる夏至の頃で、陰の気が少しずつ増えてくるとはいえ、それでもまだ陽気が盛ん。

また立秋前ですから、意識的な積極性を出していきたいところです。

だからこそ!

5月頃まではしっかりと英気を養い、心身共に安定した状態を整えておきたいものです。

7月29日(立秋直前)から10月28日(立冬直前)まで

7月29日から、それまで順調に流れていた火の活動資質が乱れ始めます。

「乱れる」というのは、本来のエネルギーが順調に流れない、という意味に捉えてみてください。

火の活動資質の特徴は、エネルギーを積極的に外へ出していくことでした。

けれども、それが順調に流れないとなるとどうなるか?

この場合は、暴走に気を付けて、です。

そのため、外に向けたアピールの意識的なトーンダウンが必要となります。

ぐいぐい前のめりになるばかりでは、次第に相手もそのペースに疲れてきます。

また火の勢いを持った積極性は、ときに独りよがりになりやすく周りを見えなくさせてしまうもの。

そのため、ここでいう意識的なトーンダウンとは、間(余白)を作ること。

会話の間
人との距離の間
計画の間
思考の間
自分自身の間

火の気を受けながらも、ちゃんと余白が取れているかを確かめて進むことが、実り多き収穫の時期へ入るカギとなるでしょう。

10月28日(立冬直前)から11月24日まで

10月28日からは、木星は再び水の柔軟気質を帯び始めます。

ただし、順調にその気質が流れるのではなく乱れを生じた流れとなります。

では、水の柔軟気質が乱れるとどうなるか?

多情から迷いやすくなる、物事を曖昧にしやすくなる。

このような雰囲気を帯びてきます。

そのためこの時期で意識的に大事なことは、大切なものを見失わないことブレないこと。

秋分以降は「収穫」の時期ですが、なんでもかんでも収穫していると、ほんとうに大事なものを手に入れる前にキャパオーバーになってしまいます。

そうならないためには、要るものと要らないものの選別が大切で、同情心はかえって仇になることも。

迷いやすいからこそ目標を見失わないよう、それに沿わないものであれば臆せず手にしない勇気も必要だ、とういことです。

11月24日から12月20日(冬至直前)まで

11月24日から、乱れていた水の柔軟気質が本来の流れを取り戻します。

ここからは、受容がテーマになります。

自分にとって、良いことも悪いこともあらゆることが実りであり収穫です。

それを、どれだけ潔く受け入れられるか、がこの時期のテーマにあり次の年への布石となります。

この時期に起こる出来事は自分にとって力となり、次に活かす智慧になる。

そういう心づもりで関わりたいところです。

  • 2021年12月29日~2022年5月11日:気張り過ぎない/目線を変える/誰かのため
  • 5月11日~7月24日:意識的な積極性/やればできる!の心持ち/弱気は禁物
  • 7月24日~10月28日:暴走に気を付けて/意識的なトーンダウン/間(余白)
  • 10月28日~11月24日:ブレないこと/同情心はかえって仇に/手にしない勇気
  • 11月24日~12月20日:あらゆることが実り/潔く受け入れ

運を味方につけるために

いかがでしょう。

ほんとうにざっくりですが、2022年の流れについてみていきました。

ただし、これは「みんな」に当てはまる流れなので個別の事情は加味していません。

こういう流れにも個人的な相性があるので、そういうことは鑑定などでお話しています。

また、星の動きを記したカレンダーも作っています。

  • 新規プロジェクトの立ち上げの時期を図りたい
  • 新店舗のオープン日はいつがいい?法人登記は?
  • 転職するならいつ頃?
  • 引っ越しは?

このようなタイミングを計るときにお役立ていただけます。

また個人向けにカスタマイズしたカレンダーであれば、吉方位毎月の個別アドバイスをつけています。

なお2022年版(一般カレンダー)はAmazonにて販売しております。(2022年5月より通常の半額以下となっております)

運を味方にするカレンダーブック
(2022年5月より通常の半額以下)

▶運を味方に成果を上げたい事業主
占いに興味がある人

にはお役に立つ内容が満載の運を味方にするカレンダーブック
kindle読み放題対象の電子書籍)

PDF版を無料でダウンロードいただけるようアクセスURLを書籍内に掲載しています。

来年版は秋分までの販売を目指し、鋭意作成中です。

どうか、その時にぴったり合ったことをすることで運を味方につけられますように。

 

最後に。

もし難しい判断に迫られていたり決断を迷われているなら、指針を探るためのアイデアのひとつとして占いを使ってみませんか?

いつでもご相談ください。うらないば、でお待ちしています。

 

※易経はおすすめです。こちらの本は初心者にも読みやすくて面白いです。

超訳 易経 陽―乾為天
竹村 亞希子著|新泉社

超訳 易経 陰―坤為地ほか
竹村 亞希子著|新泉社

(※)タロットカードの「世界」に描かれているモチーフと立春・立夏・立秋・立冬との関係について

卵型の輪を取り囲むのは、牡牛、獅子、鷲、天使

牡牛は牡牛座を象徴し、獅子は獅子座、鷲は蠍が昇天した姿とされているため蠍座、そして、天使は知性のシンボル風の水瓶座。

これらは全て、固定サインの象徴です。

一方、立春は太陽が水瓶座15度のときであり、立夏では太陽が牡牛座15度、立秋では太陽が獅子座15度、そして立冬では太陽が蠍座15度にあたります。

つまり、固定サインのちょうど中心度数に太陽が位置するのが立春、立夏、立秋、立冬。

ちなみに「世界」のカードが意味するところは、完璧な世界。

そして、春夏秋冬を繰り返す自然のサイクル。

見せ方や表現は違えど、東西の洋を問わず、根底に流れる思想は繋がっているのだと思えてなりません。

うらないば、では、数字の捉え方や逆位置の考え方などタロットの基本事項読むコツまでお話するオンラインサロンを開設しています。
それ以外にもスプレッドの動画解説や一般公開可能な実際のご相談を題材にリーディングの読み解き解説を行っています。
下記をクリックして詳細をご確認ください↓

タロットリーディングを難しい
カードがうまくよめないと感じる人が
リーディングを楽しみながら
誰かのためにも活かせるようになる

タロットの読み方を解説する
オンラインサロン

コメント