LINE公式アカウントにて星模様にみる機転を毎週発信中

新生活になじめずこのまま過ごすくらいなら、思い切って辞めた方がいいのだろうか?

新年度が始まり、慣れない環境での新生活。

新年度から1ヶ月ほどたった連休が重なるあたりで、心身のバランスを崩してしまう人は少なくないと聞きます。

そして、「新生活での人間関係がすごくしんどくて……このまま続けられそうでしょうか……」というご相談が多くなります。

人間関係でうまくいかないのが、ほんとうに辛い

3月初めに異動が確定して、店舗勤務から現場を管理する本社に職場が変わりました。

以前の現場での仕事は結構楽しくて、お客様とのやり取りも好きだったし、アルバイトの若い人ともうまくやっていたし、すごく性に合っていた仕事だったと自分でも思います。

けれど本社への異動です……

現場にいた頃も本社との関りはありました。2ヶ月に1度、各店舗をチェックするために本社から管理担当の人がやってくるんです。

でも、本社の人ってすごく上から目線で「現場のことなんか分からないくせに!」って憤ったことが何度かあって、本社に異動が決まってからは、あのトゲトゲした雰囲気になじめるだろうか、上司はいい人だろうか、そもそも仕事についていけるだろうか、ってすごく不安だったんです。

でもだからって、異動を理由に辞めるわけにもいかないし。4月からの本社勤務、しっかりやっていこう、と自分なりに気持ちを奮い立たせて始まりました。

でも……それから今で1ヶ月ほど経ちましたが、やっぱり職場に馴染めないんです……

周りの人はすごく黙々としていて、自分の仕事だけやってたらいい、みたいな感じで冷たいというかなんというか。

スキがなさ過ぎて分からないことを聞こうにもひと苦労です。もともと人見知りで引っ込み思案のところがあるもので……

仕事自体は苦にならなくても、人間関係でうまくいかないのって、ほんとうに辛いんですよね……

状況が好転するために、まずやっておきたいこと

占いの現場でもこういうお悩みに出会うことはよくあって、なかでも

「新しい職場に入ったばかりなんですけど、人間関係がすごくしんどくて……この職場でまだ続けられそうでしょうか……」

と不安な気持ちを抱えながら鑑定に来られる方は多いです。

このようなご質問をされる方の中で何が起こっているのかをカードから読み解いてみると、「続けられそうか」「やった方がいいか」といったご相談の裏側に、「まだ続けていきたい」という希望と、「今転職をしても同じことを繰り返すかもしれない」という恐れが渦巻いている心理状態をみることがあります。

そして、カードから読み取れるままをお伝えすると、「そうなんですよね……まだ転職をするほどまでではないのは確かなんですけど……でも、しんどいのはしんどくて。じゃぁ今の状況は好転するのでしょうか……」と返されることも多いです。

ただ状況は勝手に好転するというより、その状況に慣れることでやり過ごせる場合もあれば、自らプレッシャーを跳ね除け自然体になることで好転する場合があります。

ただし。
それにもまずは、自分の言葉の使い方や行動のクセなどを客観的にみることが大切になります。

理由は、「こういうクセがある」「こういう傾向になりやすい」などが自分で分かっていると、状況に合わせてアクセルやブレーキを踏むことがしやすくなるからです。

そこで鑑定では、占いから読み取った「どうしたらいいのか」などのやり方をお話する前に、最も大切な「自分のこと」について、ご相談者様も一緒に見て頂くことをしています。

そのために使っているのが、ホロスコープです。

自分をみることができるホロスコープ

でもなぜ、ホロスコープから自分をみることができるのでしょうか?

そもそも「ホロスコープ」とは特定の日時と場所の星の動きを表す天体図のことです。

西洋占星術は、人の生年月日をこの天体図で表すことで、その人の性質や特定の日時の運気の流れを読み取る占術といえます。

生年月日からその人を10側面に分解し、分解したひとつづつに付された性格を読み取ります。ちなみに、性格の分類は12個あり、そのうちのひとつが付されます。

とても簡単に言うと、ひとりの人には10個の性格がある、ことになります。

そして、このホロスコープを使って相性を読むことがよくあります。

ご相談者様と相手の方の様子をホロスコープから読み取ってお伝えすると「それ!めっちゃ当たってます!」「なんで分かるんですか」と驚かれる方が多いです。

それがたったの数回、数十回などではありませんから、初対面の人や全く面識のない人のことさえホロスコープを読み取り「当たっている」となるならば、「ホロスコープは人の様相を可視化することができている」といってもいいと、私は考えています。

もちろん、それをちゃんと読み取る技術があるかどうかは、占い師個人のことなので、「ホロスコープの可視化」とは別のこと。

ちなみに、ホロスコープにおける組み合わせは、かなり大雑把にみて26億通りあります。

しかも、これはとても大雑把な見方であり、占うときは、もっと細かく分けられたチャートを読み取ることになります。

2020年の日本の人口が1.2億人といわれる中では、「誰一人同じ人はいない」といってもいいでしょう。まさに、人さまざま、です。

これをみれば、たとえ親や子供でも、職場の同僚であっても、恋人やパートナーであったとしても、「同じ」であることが如何に難しく、だからこそ、一緒の時間や場を共有する人たちと、違うことをお互いに認めながらどう過ごすか、は誰にでも試行錯誤でしょう。

そして、試行錯誤がうまくいかず周りと上手く馴染めないことで「なんで自分はもっと他の人みたいにできないのか……」「自分はこういう性格だからあの人が羨ましい……」と感じてしまうことがあるかもしれません。

けれど、占いを通して日々さまざまな方のホロスコープと接していると、どんな性格だと生きやすくて、どんな性格だと損をするのか、など図れるものではないと感じます。

自分にないものに憧れることはあっても、その性格になったらなったらで、苦労することも、大変なこともあります。

とすると、結局は、自分が持って生まれた性格を活き切るしかなくて、たとえ今、しんどい状況があるとしても、持って生まれた性格の長所に目を向け最大限活かすことで、その性格のまま生きるにはどうすればいいのか、を考える方が建設的ではないでしょうか?

いい悪いの判断をせずに、「こういうクセがある」「こういう傾向になりやすい」などが見えてくると、クセや傾向に沿ってアクセルを踏んだりブレーキをかけたりすることがしやすくなります。

すると、断然「どうしたらいいのか?」の具体的な対策も見えやすくなる、というものです。

どこに力を注げば、状況は好転する?

さて、「どうしたらいい?」については、ホロスコープから読み取る運気の流れとカードから読み取る環境との兼ね合いから探っていきます。

「運気」のことについては、こちらにも書いていますが

▶関連記事:運気が悪いとき良いときの過ごし方。運気の占い方を知って言葉に惑わさず自分らしく過ごしていこう

運気が悪いとき良いときの過ごし方。運気の占い方を知って言葉に惑わさず自分らしく過ごしていこう
年末年始や、ご相談者様が就職や転職、結婚など人生の節目にあるとき、「運勢をみてください」と依頼されることがよくあります。「運勢」とは「人がもつ幸運・不運の巡り合わせ」と辞書にありますが、どちらかといえば、「変えられないもの」とのニュアン...

「運気」や「環境」などは、個人によって異なりますから、一概に「こうしたらいい」をお伝えすることはできません。

ただ、「運気」も「環境」との兼ね合いも、大事なのは「自分がそこにどう沿っているのか」を知ることであり、それにもまずは、やはり自分を感じてみることが大切です。

そして、自分にはどんな力があり、その力をどう活かせばどんな可能性が広がっているのか、今はどんなことに意識が向きやすいのか、そこを知ったうえで、環境と馴染むようにバランスを掴んでいくためのお手伝いができるのも、占いです。

ホロスコープの組み合わせは、大雑把にみても600億通り。

どうせ試行錯誤の人間関係ならば、自分のクセと傾向を知って、それに合わせた試行錯誤をする方がストレスは少ないでしょうし、状況が好転するのも早いと思います。

もし、試行錯誤しながらでも周りと上手くやっていきたい、いい人間関係にしたい、と思われることがあれば、いつでもご相談ください。

うらないば、でお待ちしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました