タロットセラピーの専門家|後藤安賀里

はじめまして。マルセイユタロットと占星術を扱うの占い師(タロットセラピーの専門家)安賀里(あかり)、と申します。

シュタイナーの神秘主義に興味を持ち、「種の書物」と称されるタロットの世界に魅了されました。タロットと占星術の世界を、今も探求し続けています。

タロットセラピーとは?

私が扱う「タロットセラピー」とは、タロット占いにセラピーを掛け合わせたものです。
セラピーは「いやし」ともいわれますが、感情を整えるための手法です。

私の「タロットセラピー」は、カードからその方に向けた「いやしのメッセージ」をお伝えすることではありません。

私が扱う「タロットセラピー」は、タロットカードから意識の過程をよみとき、特に、行動ができない理由となる感情にフォーカスをし、そこを整えるためのもの。

占いは、「あれをするといい」「ここにいけばいい」というものだと思われがちですが……ほんとうは誰もが自分のなかに「どうすればいいのか」の答えはもっているのです。ただ、見えなくなっているだけです。

「どうすればいいか」などをお伝えするのが「占い」ではないのです。
占いは、その「見えなくなっているもの」を引っ張ってくるためのもの。

とはいえ……
「どうすればいいのか」が分かっても、実際にそれを行動に移せるかどうか、はまた別のお話です。

なぜならば、「どうすればいいのか」が分かっていても行動に移せないのは、感情が追いついていないから。

そこで。

行動の妨げになっている「感情」をあぶりだし、そこにフォーカスをして整えていくことで行動につなげやすくしよう!
これが、私が扱う「タロットセラピー」です。

 

後藤安賀里ってどんな人?

さて今度は、私の簡単な経歴をご紹介させてください。

20代、フランスで仕事をしながら夢を追いかけておりました。現地で結婚をし子どもを授かりましたが、生きる国をたがえ日本に帰国し出産。

帰国出産後、京都大学に就職。
京都大学では、医学部付属病院での行政手続きから財務に経営管理、病棟建設の再開発事業に携わりました。

そして30代の折り返しを迎え新しい生き方を模索。
在職中から、NLPや精神世界、心理学からセラピーに傾倒していたこともあり、セラピスト&ファシリテーターとして活動するために36歳で京都大学を退職。

翌年には、退職後の活動がNHK総合の番組や朝日新聞のデジタル紙にて「新しい働き方」として紹介されています。


2016年からセラピストのトレーナーとして活動を開始。

2017年より大阪市内で古書販売ができるイベントサロンを開業。1年間に50回以上の読書会などのイベントを開催。
現在も、個人サロンにて読書会を定期的に開催しており、ファシリテーターとして大阪府の男女共同参画推進財団や企業からの依頼によりセミナー・社員研修の講師を務めるなどもしています。

2018年より、これまでの心理や精神世界の学びをもっと身近に感じてもらいたいと、セラピーを活かしたタロット占い師として個人セッションを開始。

2019年に「うらないば」を立ち上げ、現在に至る。

 

占いはどこでやってるの?

24時間年中無休の占いサイト「うらないば」で無料占いを受け付けているほか、毎週日曜日と月曜日は大阪の天王寺。金曜日は大阪の梅田で、占いの対面鑑定日です。

セラピーを扱えるタロットセラピーの専門家として、みなさまのご相談にお応えしています。

ご予約番号【06-6125-5375】

▶毎週日曜日・月曜日あべのルシアス1階(天王寺)
▶毎週金曜日梅田NU茶屋町3階(梅田)

「占いのフォレストランプ」にて対面でのタロット占いを行っています。
20分2,200円です。

ご予約の際は「ごとう あかり」と鑑定士名をご指定いただき、ご希望の店舗と日時をお伝えください。

最後に、当サイトは「人生の転機における応援メッセージ」をコンセプトに運営しています。

また、どなたでも「占い」を活用いただけるようにと、このサイト限定で「無料占い」をご提供しています。

占術はタロットカードおよび西洋占星術です。
コンピュータによる自動占いではなく、ご相談ごとにタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。

安心してご活用ください。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。




うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする