LINE公式アカウントにて満月・新月の星模様にみる機転を発信中

働きすぎで体を壊す前に参考にしてみてほしい経営者のための占い的健康の智恵

会社やお店を経営していると、少しぐらい熱がありそうだと感じても、ちょっとした体のダルさを感じても、「これくらい大丈夫」と言いきかせながら仕事をしている方も多いのではないでしょうか。

なかには、その仕事が好きで全身全霊を傾けたいという方もいるでしょうし、人手不足で自分が現場に出ないと仕事が回らないから休みたくても休めない、という方もいらっしゃるかもしれません。

健康に気を配りながら頑張る経営者

コロナの影響が会社の売り上げに大きく響くことはなかったけれど

会社として従業員のワクチン接種はどうするのかとか、デジタル化をどのように進めるべきなのかとか、コロナ患者の急増とともに休むスタッフが増えたことで仕事をスムーズに回すための対策を考えたり、濃厚接触者となり仕事を休むことで不安になっているスタッフへの対応や、仕事を割り振らざるを得なくなった残ったスタッフに対するケア

ひとつ問題が解決したと思えば、また違う問題が出てくるし……

人手不足で現場に回らざるを得なくても管理業務を滞らせるわけにもいかないし、働いてくれている従業員のメンタル面も心配だし

考えて取り組まなければならないことがたくさんあり過ぎて、コロナ以降、ちゃんと休むことができていないけれど、幸い体は頑丈な方だから動ける限りはしっかりとやっていきたい

こんな状況だからこそ、今、スタッフが安心して働ける環境を整えることは大事だと思っていて、従業員が働きやすい会社になれば結果オーライ。

なにより、ここが踏んばり時だと思っているから。

朝起きた時にちょっとぐらい不調を感じても会社に行ってスタッフと会えば忘れているし、第一、自分が倒れたらマズイのは十分に分かっているので健康管理にはかなり気を使っている。

だからまぁ、大丈夫だよ。

スタッフにもクライアントにも自分は元気であることを見せておかないと、余計な心配をかけてしまうでしょ?

そういいながら頑張っている経営者の方は多いと思いますし、だからこそ、ご自身の健康には気を配っている経営者が多いこともよく分かっています。

それでも。

コロナのような見えないウィルスに感染して急に体調を崩してしまったり、少しばかり休んでも溜めこんだ疲れは抜けきらずに体の不調として現れてしまうことはあるわけです。

どれだけ早く回復したいと願っても気合いでどうにかできるものではありませんし、起こった出来事には開き直ってみるしかないときもあるでしょう。

そんなときに、気持よくいい意味で開き直るため、といっては変な話かもしれませんが、ここでは、健康に気を配りながら頑張る経営者に活かして頂けるよう、見えない力とともにある健康の智恵についてお話しています。

何事にも人事を尽くし、それでも自分の力ではどうにもできないとなったとき、見えないものに委ねられる力は、その人に機転をもたらしもっと大胆に仕事へ邁進するための活力になると思うからです。

占いで読める健康とは?

誤解のないようにだけはしておきたいのですが、たとえ「健康運がいい」と出ていても、無理がたたれば当然体調も崩すし、適切な管理をしなければ悪化もします。

健康に関しては第一に専門家に診てもらうことが大前提です。

健康問題は医者にかかり適切な処置を得るべきだし、占いが病気を治してくれたり奇跡を起こすことはありえず、占いで健康がどうにかなるわけでもありまえん

ただ……占いは「見えないもの」を見ることを得意とするので、医学的な数値では分からない「見えないもの」が肉体にどのように影響していて生命力や精神力にどう関わっているのかを探ることができます。

そして、何をどのように気を付けるといいのか、といったアイデアやヒントをくれることがあります。

それは、早く元気を取り戻すための智恵であったり、あるいは、予防的な智恵として活かすことができるもの。

そして、何をどのように気を付けるといいのかを知っておくことで事業計画にも役立てられる智恵であったります。

占星術を使って星の動きから健康を占う方法

たとえば。

占星術は、天(宇宙から)の気が地上の私たちにもたらす影響を探るための術です。

生まれたときの天の星の配置を「その人が持って生まれた資質」と捉え、現在の星の配置を「見えない影響をあたえる天の気」とします。

そして、この二つの配置を重ねることで、天(宇宙から)の気がその人にどのような見えない影響を与えているのか、を見ていきます。

特に健康問題について占っていくときは、持って生まれた資質を環境のなかでどのように使っているのか、という視点で星の配置図読んでいきます。

持って生まれた資質の使い方が上手く環境に適用できていれば体も心も無理をしないわけですから、病気にもなりにくい、と考えるわけです。

生命力の太陽:バイタルフォース

占星術で扱う星はいくつかありますが、なかでも「太陽」という天体は特に大事な天体です。

そして健康を考える時、生まれたときの「太陽」という天体はその人がこの世で光り輝く力を表していて、その人の生きる力生命力、と捉えます。

そのため、「太陽」からは、その人のバイタルフォースをみていきます。

たとえば、その人の「太陽」に現在の星の配置の「土星」が重なっているとどうなるか?

「土星」は「制限プレッシャーを与える星」とされており、「太陽」に重なることで≪生命力に制限をかける≫と捉えます。

つまり「太陽」に「土星」が重なっている期間はバイタルフォースが弱まりやすく活力や気力の低下をもたらし体の動きが鈍くなりがちでエネルギー不足になりやすい。だから無理が効きにくい。

このように考えるわけです。

精神力の月:メンタルフォース

一方、太陽と対になるのが「」という天体で、西洋占星術では、太陽と月がその人の中心軸を作ると考えます。

そして生まれたときの「月」という天体は、その人の受容力と内面の状態を表していて、その人のメンタル力、と捉えます。

そのため健康を考えるときは、「月」にその人の体と精神状態をみます。

たとえばその人の「月」に、先ほどと同じように、制限やプレッシャーを与える「土星」が重なっているとどうなるか?

体の抵抗力や精神力にプレッシャーがかかっている≫と捉えます。

つまり「月」に「土星」が重なっている期間は、体の変化が不調として出やすくメンタルが弱りやすい状態にあり、ちょっとしたことで感情的になったり精神的に不安定になりやすい。だから無理はしない方がいい。

このように考えるわけです。

健康管理のアイデアとして使える運気のリズム

さて、今現在、制限やプレッシャーを与える「土星」は水瓶座にいます。

「土星」という天体は約3年かけてひとつの星座を通過し、2020年3月から2023年3月7日まで水瓶座に滞在します。

そして、2023年3月7日から約3年間は魚座に滞在。

ではその影響が私たちとどのように関わるのか?

ここでは、もっとも単純化された考え方「太陽星座」という分類からお話をしたいと思います。

いわゆる、星占いで使われる「○○星座の人」という分類方法です。

2023年3月までバイタルフォースが弱まる傾向にある人

  • 4月20日~5月20日生まれ(牡牛座)の方
  • 10月24日~11月22日生まれ(蠍座)の方
  • 7月23日~8月22日生まれ(獅子座)の方
  • 1月20日~2月18日生まれ(水瓶座)の方

「土星」が水瓶座にいるときは、水瓶座の1月20日~2月18日生まれの人は特に、2023年3月の初めごろまでバイタルフォースが低下傾向にあります。

また牡牛座や蠍座、獅子座の方にも「土星」のプレッシャーが「やる気が起きにくい」とか「体が鈍い」といった影響として出やすくなります。

一方、2023年3月7日から「土星」が魚座に入ると、これまでかかっていた「土星」の影響が解かれてくるので、気力ややる気が出しにくかった方も徐々に本来の力を取り戻してくるでしょう。

2023年3月からバイタルフォースが弱まる傾向にある人

  • 5月21日~6月21日生まれ(双子座)の方
  • 8月23日~9月22日生まれ(乙女座)の方
  • 11月23日~12月21日生まれ(射手座)の方
  • 2月19日~3月20日生まれ(魚座)の方

2023年3月から約3年間、「土星」は魚座に滞在するため、2月19日~3月20日生まれの「太陽」が魚座の方は、バイタルフォースが弱まる傾向に向かいます。

また、双子座、乙女座、射手座の方にも、2023年3月からの約3年間は、生きる力の活力に「土星」のプレッシャーの影響が働きやすくなるでしょう。

バイタルフォースが弱まることはネガティブなことではない?!

とはいえ、ここまでは「土星」のネガティブに作用する一側面を捉えただけに過ぎません。

そもそも占いは「見えないもの」を扱いますが、それらは全て、地上に住む人がリアルな現実をより良く生きるために体系されたものです。

そのため、占いの術である占星術は、人が生きることを応援するための術です。

だからこそ、占星術で説かれる「制限」や「プレッシャー」は、その言葉だけ聞けば避けたくなるものだとしても、生きるためには欠かせない、と考えます。

上述では、「土星」の影響が人の生命力を弱めてしまう、といいましたが、それには現実をより良く生きるための大事な理由があるのです。

では、「土星」がもたらす「制限」や「プレッシャー」などの影響は何のためか?

それは、人が現実を作っていく力を応援するため

「土星」には、「制限」や「プレッシャー」という言葉とともに、「現実を作っていく胆力」という意味も同時に備わっているのです。

つまり、バイタルフォースが弱まる傾向にあるのは胆力が鍛えられているから、と捉えます。

そして西洋占星術において、天の気の「土星」が生まれたときの自分の「太陽」にハードに関わるということは、まさに、その人が社会でもっと活き活きするための環境作りをするに相応しいとき、ともいいます。

それは「生命力を最大限発揮して現実を作っていく必要がある時」ということを示していて、その人にとってその時は、困難な出来事と遭遇することが多く、同時に、それがターニングポイントになることが多いのです。

でもだからこそ、もしそういことに予め見当がつけば、もっと長期目線で事業について考えることができると思いませんか?

「見えないもの」の影響から健康管理と働き方の工夫を考えてみませんか?

さて。

ここでお伝えしていることは一般的なほんの一部の解釈です。

生まれた月日が同じであっても生まれた年や時間、出生地によって捉え方が変わりますから、全てをここで網羅することはできません。

また占星術以外にもタロットを使って「見えないものの影響」を読めば、もっと多彩なことを教えてくれます。

星から読み解く運気のバイオリズムと、タロットから読み解く集合無意識からの潜在的な影響力とともに、医学的な数値では分からない「見えないもの」が、あなたの肉体にどのように影響していて生命力や精神力に関わっているかを探っていくことで、何をどのように気を付けるといいのか、予防的に健康管理を見直すアイデアを得ることができます。

また、バイタルフォースが低下傾向になる時期はそのように働き方を工夫すればいいし、たとえば、新規プロジェクトの立ち上げなどには気力も体力も必要ですから、見えないバイオリズムから中長期的に事業計画を考えてみるにも役立ちます。

それに、どれだけ気を付けていても起こる事は起きてしまうもの。

そういうときは、目に見えない影響から機転を探り、どんなにネガティブな出来事があっても「大丈夫」を後押しします。

先が見通せず不安でどんなに苦しくても、いつだって、どんなときでも、巻き返しを図ることはできるのですから、見えないものの力も味方に、もっと大胆に経営を動かしていく道を拓き繋いでいけばいいことです。

占いは、人が納得の道を拓き動く後押しをするためのツールです。

だからもし、気力が続かない、疲れがなかなか取れない。けれど仕事は休めない。

そんな状況が続いているなら、不安で心と体が押しつぶされる前に、どうぞ、ご相談ください。

運気のバイオリズムから状況を整理して最善をみつけるお手伝いをいたします。

経営者向け鑑定

事業や経営に関するご相談については、鑑定時間60分からで承っております。

このテーマのご相談に関しては、30分では読み切ることができない場合が多いためです。

また、「忘れてしまうのがいやだから」「何度も振り返りたいから」というお客様も多いため、文章で残せるよう鑑定書付きでの鑑定も承っています。

なお、鑑定書付きの鑑定は2時間までは延長料金なしで鑑定いたします。ご予約の際に「鑑定書付き鑑定」のコースを選択ください。

鑑定時間60分(オンライン/対面)
 鑑定料金:7,920円

※延長は15分(1,980円)単位でお受けしております。

鑑定書付き鑑定(~120分内) 
 鑑定料金:19,800円

※ご予約は下記ボタンをクリックして予約カレンダーよりお申込みください。

鑑定書は、セッション後に、PDF形式にてお申込のメールアドレスまで3日以内に送付いたします。

なお、大阪市内であれば無料で出張いたします。市外は交通費の実費のみ別途頂戴します。

気になることやご質問など、まずはお問い合わせだけでもお気軽にください。

    確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

    ※24時間以内に自動返信メールが到着しない場合は、迷惑メールフォルダのご確認お願いします。

    ※メールについてドメイン指定/拒否をされている場合、返信ができない場合がございます。携帯メールの場合はお手数ですが、ドメイン拒否の解除、もしくは「@uranaiba.com」のドメイン指定をお願いいたします。

     

    コメント