マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|コイン(貨幣)の3

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「コインの3」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「コインの3」にみていきます。

また、「こんなときは『コインの3』を意識してみて!」という、「コインの3」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「コインの3」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン(貨幣)=土」「剣=風」「カップ(杯)=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

 

「コイン」のキーワードは「現実的」「物質性」「お金」「身体」「五感」。
数字の「3」は創造や発展を表す数字です。

「コインの3」は現実的な発展を表したり、人間関係でいえば協力的な関係を表します。
みんなで協力しながら現実的な豊かさを作っていく、と捉えてください。

またどちらかといえば、目立つことなく地道にコツコツ固めていく、というイメージです。

「コイン」の要素は「土」ですから、器の中で発展する=組織で活躍する、こともあるでしょう。
ワンマンプレーではなく、人との関りのなかで自分の役割を全うする、ということです。

「発展」というと華やかなイメージがありますが、ここでは「コイン」=「土」の要素からみる「発展」を考えることが大切です。

 

タロットカードの「コインの3」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「コインの3」のアドバイスとはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「コインの3」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

 

まだ相手がいない場合の「コインの3」からのアドバイス

「コインの3」は、「現実的な発展」を表すカードです。
ここは「地に足の着いた恋愛」をしていきたいときです。

では「地に足の着いた恋愛」って……なんでしょうね……

つまるところ、冒険や駆け引きなしに恋愛を楽しんでね! なのですが、「コインの3」では、まずは「気持ちを固める」ことを意識してほしいのです。そこには、恋愛からの「結婚」も含まれます。

特に、まだ相手がいない場合であれば、「結婚」も考えたいのかそうではないのか、によって付き合いたい相手も変わってくるでしょうから。

それともうひとつ。
気持ちを固めたあとは、その気持ちを形にしてください。

気になる人がいれば、自分の想いを託したプレゼントで告白するのもアリです。
特定の人がいなければ、気持ちを形にするため実際に行動していくこと。
結婚を意識したお付き合いをしたいならば、たとえば、婚活サイトに登録することも、「気持ちを形にする」第一歩。

「コインの3」では派手な演出も思わせぶりな態度もいりません。
その代わり、自分の気持ちを何らかの形(物や態度、行動)で表すことを大切にしていれば、いい人との出会いはすぐそこです!

 

恋人とギクシャクしてきたときの「コインの3」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「コインの3」がキーカードに出てきたら、自分の立ち位置を確認してから動きましょう。

自分はこのギクシャクをどうしたい?
自分はパートナーとしてなにができるのか?

この二つを、まずは考えてみてほしいのです。

今の状況については
しばらくこのままで様子を見るのもいいし
ギクシャクした状態を早く解消して仲良くしたい! でもいいし
まずは自分はどうしたいのか? を固めてから動きたいのです。

それともうひとつ。
相手がなにをしてくれるのか、ではなく、自分は相手になにができるのか、に重心を置いてください。

それが、ここでいう「自分の立ち位置を確認する」ということ。

相手の気持ちや行動は、たとえパートナーであってもコントロールをすることはできません。もちろん、お願いは出来ますよ。でも、お願いしたことをやってくれるかどうか、は相手次第。やってくれなくても、相手にも都合があるのだから仕方がない、と思ってほしいのです。

相手がなにも応えてくれない! と不満が募るばかりなら……どのみち円満な関係は続けられないので、分かれたらいいです。あなたにはもっと相応しい相手がいるはずです。

パートナーシップって

「彼(彼女)を愛しているから、自分ができることで貢献したい。それで楽しい人生を一緒に歩こうよ」

なはずなのに、関係に慣れてくると、なぜか「自分がこれだけやったからあなたもこれだけやって!」とお互いに勘違いしがちです。

でもね……パートナーシップって、お互い様だから。
自分が差し出したものがそのうち勝手に返ってくるヨ。時間はかかるけど、忘れた頃になることがおおいけど、ちゃんと返ってくるから。

だからまずは、自分はパートナーとして相手になにができるのか? から出発してほしいです。あまりにも相手が勘違いをしていて一緒にいても楽しくないなら……別れたらいいし。

自分たちのエネルギーを持ち寄って、お互いに発展していこうよ!
これが「コインの3」のパートナーシップです。

まずは「わたしはなにができる?」から動いてみてください。あなたに相応しいパートナーであれば、そこから発展して、もっと固い絆で結ばれる安定した関係が作られるから。

 

タロットカードの「コインの3」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「コインの3」のアドバイスとはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「コインの3」が出てきたなら、みんなでうまくやるにはどうすればいいか? を意識してください。

先にも書きましたが、「コイン」は「土」の要素です。
土の塊から「器」が作られることから、特に仕事がテーマであれば、その器は「会社」であり「組織」となります。

またここは「コインの3」ですから、組織のみんなで力を合わせて発展しよう! となるわけです。

一方で、「コイン」の要素である「土」は、「固める」という作用があるため、個人に合わせると、特定の技能や才能を固める=専門的になる、という意味もあります。

そのため「コインの3」では、専門家が集まって協力し合いながら創造的な仕事をする、という捉え方もできます。

最近は、「会社」という枠にはとどまらない、各人の個性を発揮できるコミュニティも多くあります。
会社にとどまらない「組織」で、自分の特技や才能が活かせる生産的な活動をすることは、現代的な「コインの3」なのかもしれません。

「コインの3」の根底には、その集団が「会社」かどうかにかかわらず、個人が持てる力を持ち寄り、みんなで協力しながら安定的な創造社会を作ろう、という心理が働きます。

個人プレーよりも協創プレー。
ここを意識しながら仕事を進めてほしいと思います。

 

タロットカードの「コインの3」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「コインの3」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...