マルセイユタロット「塔」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「塔」の意味を数字から解釈してみる

「塔」のカードは「16」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「16」という数字についてみていきたいと思います。

「16」を一桁に還元すると、「7」となります。つまり「16」は、数字の「7」の「運動力」という本来の性質を持ったまま、捉え方が逆相します。

この場合、もともと外側に向けて突破力を発揮していたところ、逆に、外から中に向けて衝撃を与えられてしまう、ことが発生します。
「7」の戦車の馬が、馬車に乗っていた自分に向かって逆走してくる、と思えばわかりやすいかもしれません。

精神性や物質性を象徴していた馬が自分に逆走してくるとどうなるか……好むと好まざるとにかかわらず、自分の殻が破られる……ということです。

ところで「16」という数字は、4×4です。安定を表す4が4倍になるために、「16」という数字は、安定も行き過ぎて動けないほど固くなってしまったイメージを持ってしまうかもしれません。

一般的に硬質のものは、衝撃が与えられて壊されるとき、少しずつ壊れていく、というよりも、一気にヒビが入り粉々になってしまうものです。

つまりこの「16」の塔のカードで示される崩壊は、一瞬にして簡単に崩れていくことを暗示しているとも読めます。

さて「崩壊」というと激しいイメージをまとってしまい、どこか嫌悪されるかもしれませんが、たとえば、「脱皮」や「新陳代謝」と思ってみてはどうでしょう。

昆虫や爬虫類は、外皮が剥がれることで成長します。また人間の皮膚にもターンオーバーがあり、これがうまく作用しないと、お肌が荒れる原因となります。

脱皮や新陳代謝が起こらないと、成長が止まってしまったり、古いものがくすぶり続けることでトラブルの原因を作ってしまいます。

塔の崩壊が人生サイクルに必要なものだとするならば、壊れる時期を故意に遅らすことは賢明ではないのかもしれません。
「今」の状況としては大変なことはたくさんあるかもしれませんが、この先の未来のことを考えたならば、受け入れることが大切なこともあるのだと思います。

「ターンオーバー」が出てきたついでで恐縮なのですが……最近つくづく思うのは、お肌のケアは若い頃からしておいた方がいい!! ということ……
この頃、特に、身につまされることが多くて……

中高生時代、毎日部活動にはげんで真っ黒に日焼けをしていたものです。それが勲章?! みたいに思えて……日焼け止めクリームなんて塗ることもなくおりました。
するとどうだ!! もう30近くなった頃からさぁ大変!!

年齢とともに時間がかかるターンオーバーが、若い頃の負担が原因でより遅くなっていることなんてあるのかも?! などと考えると、10代からのお肌ケアはホンマに大切やと思いマス。正常な新陳代謝のためにもっ!

タロットカード「塔」の意味を絵柄から解釈してみる

自由への解放を啓示する雷

雷はカードの右上から中央に向かって描かれています。また上部中央の「権威」や「社会的地位」を示す場所で、雷によって塔が壊れています。

雷の影響は社会的な部分、仕事上の立場と捉えるといいのですが、雷による崩壊はそこに影響してくると読むことができます。

ただし、雷は右上の「天啓」を示す位置から降り注いでいますから、その崩壊は必ずしも「悪い」ものとは限りません。
起こるべくして起こる、と捉えることができるからです。

落ちていく人物

崩壊の影響を受ける人物

カードに描かれている人物は二人います。
ひとりはカードの左側へ、ひとりはカードの右側に落ちています。

カードの左側は自己の内部を表す部分で、カードの右側は自分より外の世界を表します。

つまり、カードの左側に落ちた人物は、より自分の内面に集中することになります。
一方、右側に落ちた人は、外の環境へ自分を解き放ちます。

どちらの人物の立場に自分を見立てるか、を考えてリーディングをしてみるのもいいと思います。

色とりどりの〇

ばらばらになった状況を示唆する〇

塔の周りに、色とりどりの〇が描かれています。
雷の火の子、塔の残骸、などともいわれるこの〇は、左右上下に散りばめられていてます。

塔が壊れた状況において、いろいろなものがバラバラになっている、と読むことができます。

すくなからず、混乱した状況が起こることが示唆されている図像となっています。

「目から鱗が落ちる」という表現がありますが、この表現は、塔のカードが意味するところでもあります。
塔の残骸のような火の子のような〇の様子に、目から鱗を落としている様子をイメージしてみると……意外と重なるのではないかと思います。

「目から鱗が落ちる」といえばちょうど……そう! なんども宮崎駿作品を出して恐縮ですが……「千と千尋の神隠し」のエンディングあたりで、龍が少年に戻る時の描写! あの感じ。

ざざざざぁ~、っと一瞬なにかの衝撃が走ったかと思えば、龍のうろこが逆立ち始め、鱗がはがれていく様子。
あれは、塔のカードのイメージにピッタリだと思わずにはいられません!

タロットカード「塔」の意味をフランス語から解釈してみる

大アルカナの「塔」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では「LA MAISON DE DIEV」(DIEVはDIEUの古典表記)、直訳すると「神の家」です。
一般的に「神の家」は、神殿や教会を指すようです。

ちなみに「塔」は、「LA TOUR」という単語が使われます。ロスカラベオ社のマルセイユタロットでは、「LA TOUR」となっています。

さて「塔」や「家」などの建物というのは、意識の構造を象徴する、ともいわれているそうです。
学んだ知識や経験したことが記憶として意識に取り込まれると、それを参照媒体として私たちは、目の間にある「それ」を、「コップ」であったり「机」であったり、あるいは「苦手なこと」と認識するともいわれています。

そういうものを「意識の構造」だとするならば、塔はまさしく、私たちの経験や知識の集大成ともいえるでしょう。

しかしここは「神の家」。神の家とて壊されることもある、ということならば、雷である天啓は「神の家」よりも大きな存在、ともとれます。

もし「私は十分に知識も経験もある」「私は完璧である」と思っているならば、それは天啓によって壊される、ということかもしれません。

バベルの塔を完成させるにはまだ早い、とでもいわれているかのようですね。

「神」というと仰々しくもありますが、私には、一神教が広まっている西洋的な「神」、という印象を持つことがあまりなく、どちらかというと、もっと親しんだ印象があります。

それはきっと、じーちゃんとばーちゃんの影響かもしれません。
「食べものにも物にも神さんがいるんやで。だから大切にせなあかんのや」と、祖父母たちに教えられてきたものです。
敬称も、「神様」ではなく「神さん」というほうでしたから。

あ、決して軽んじているわけではないのです。

ただ、誰かがいつもそばで見守ってくれている、という安心感と、あらゆるものには「命がある」と、教えてくれるために、子どもにも親しみやすくしてくれただけやと思います。

しかし子どもの頃の影響って、大人になった今でも大きく関わってくるものデスネ。

タロットカード「塔」の意味つれづれ

辛いことやしんどいことがあり、その状況から抜け出そうとも、自分からは、なかなか一歩前に進もうとする気力さえわかないことがあります。

そんなとき、塔のカードのように、自分はなにもしていなくとも、外からの影響で状況が倒壊し強制終了がかかってしまう、という不思議なことはよくあるものです。

そしてあとから考えると、「あのときあんなことがあってよかったよ」という場合も多く、決して「壊れる状況」が悪いわけではないと、塔のカードはいってくれます。

一方で、小さなひずみが起きていることはなんとなく分かっていながらも、応急処置的にひずみを繕うことはあまり得策ではない、とも示唆してくれるのですが……

占う、というよりも、状況を客観する手段としてタロットをひいてみると、モヤモヤやごちゃごちゃした思考が整理されることがあります。

まさに、目から鱗が落ちる!! わけですが……

目から鱗が落ちる思考ツールとしてのタロット、カバンにひとつ常備?! なんていかがでしょう! (あ、いつでもどこでも相談できる「お抱えタロット師」というのも……アリですね~)

ここまで「塔」についてみてきました。
少しでも「塔」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。