鑑定をご希望の方はこちらをクリック

タロットカード「剣の8」で恋愛・仕事を読む|マルセイユタロットでワンオラクル

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「剣の8」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「剣の8」にみていきます。

また、「こんなときは『剣の8』を意識してみて!」という「剣の8」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

 

※使用しているタロットカードは「マルセイユタロット」です。

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

 

大アルカナの本質を知りたい!というお客様のご要望から生まれた大アルカナの特別無料講座です。大アルカナの本質である数字象徴図形に焦点をあてて22枚のすべてのカードを1枚ずつを解説しています。

詳細は画像をクリックしてご覧下さい。

 

タロットカードの「剣の8」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン(貨幣)=土」「剣=風」「カップ(杯)=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

 

「剣」のキーワードは「知性」「整理」「論理的思考」「理性」「分離」「情報」。
数字の「8」は内にこもる性質があり「集中」や「凝縮」を表します。

では、知性や思考が凝縮して内にこもるとどうなるか……本質的には「内観する」「自分の意識に集中する」という言葉になります。

一方で、意識を自分に集中するがゆえに、「考えに縛られて可能性を狭める」「考えすぎて自信を無くす」「偏った考え方になる」と解釈されることも一般的には多いです。

自分の考えに固執してしまって身動きができなくなる状態であったり、打開策もみえずに八方塞がりになっている状況という場合もあります。

とはいえ。

どんな状況で内観するにしても、自分の意識に集中するにしても、考えることに集中して動く状態にはありません。

そのため剣を象徴する「風」が新しく入ってこられないともいえますから……情報の偏りがみられるときでもあります。

そういう意味でも、新しい「風」=情報やアイデアが入ってくるまで、ここは動かないほうがよさそうです。

その他に「剣の8」は「知性や思考が凝縮する」ことから、「教育」や「しつけ」という意味も持ちます。知性を自分の中に溜めて固めていく、というイメージで捉えてみるといいでしょう。

 

大アルカナの本質を知りたい!というお客様のご要望から生まれた大アルカナの特別無料講座です。大アルカナの本質である数字象徴図形に焦点をあてて22枚のすべてのカードを1枚ずつを解説しています。

詳細は画像をクリックしてご覧下さい。

 

タロットカードの「剣の8」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「剣の8」のアドバイスはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「剣の8」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

まだ相手がいない場合の「剣の8」からのアドバイス

「剣の8」は自分の考えに囚われて動けなくなってしまうことがあります。
だからといって、自分の考えを変えることがどれほど難しいことか…… 

ですからここは、とことん思考のループにハマってみるといい
「剣の8」はアドバイスします。

それはつまり、自分を内観することに集中する、ということです。

「剣の8」は、意識が外に向くよりも内に向くタイプ。
ここで無理に頑張ってみたり、思い切った行動に出るのはおすすめしません。

とことん内に潜ってみることで「そろそろ別のこともいいかも」と思えるときが必ず来ます。少しずつ、新しい風があなたのもとに吹いてきます。

開けない夜はない! のです。

だから「剣の8」が出てきているときは、どうにかしよう、などと無理やり頑張らなくてええんです。

 

大アルカナの本質を知りたい!というお客様のご要望から生まれた大アルカナの特別無料講座です。大アルカナの本質である数字象徴図形に焦点をあてて22枚のすべてのカードを1枚ずつを解説しています。

詳細は画像をクリックしてご覧下さい。

 

恋人とギクシャクしてきたときの「剣の8」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「剣の8」がキーカードに出てきたら、ここは、いつもよりギクシャクがおさまるのに時間がかかると思ってほしいのです。

そしてできる限り、今あなたが考えていることは、そのまま頭の中にそっとしまっておいてほしいのです。

「剣の8」の状態は、自分の心を内観している状態です。

自分や相手への不信が頭の中によぎり気持ちが揺れてしまうからこそ、自分の心を集中して観ていくのです。

そのため身動きが取れない状態になっていて、もしこの状態で言葉を発すると、不安と迷い、そして相手への不信感から心にもないことを言ってしまいかねません。

けれども自分の内面に意識を集中させていくことで、どこに向かえばいいのかは、時間の経過が教えてくれます。

だから……今はパートナーに強気になったり、無理して笑う必要はありません。
できれば、あなたの気持ちが落ち着くまでパートナーとは距離をとる方が吉。

こちから連絡もしなくていいです。相手からの連絡には、たった一言返すだけで充分だから。
ここで無理に相手と話しても……相手の都合のいいように振り回されてしまう可能性も高い。

そのため、いったん相手と離れて二人の状況を冷静に眺めてみることが大切です。

少し距離を置いて破綻になるような関係ならば……それまでの関係だったのだ……それくらいの気持ちであってほしいのです。

辛いかもしれないけれど、もう少しだけパートナーと距離を置いてみて。必ず迷いが晴れるときがくるから

「剣の8」は、いいます。

 

大アルカナの本質を知りたい!というお客様のご要望から生まれた大アルカナの特別無料講座です。大アルカナの本質である数字象徴図形に焦点をあてて22枚のすべてのカードを1枚ずつを解説しています。

詳細は画像をクリックしてご覧下さい。

 

タロットカードの「剣の8」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「剣の8」のアドバイスはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「剣の8」が出てきたなら、今ある情報に振り回されないこと。いい意味で「その情報を信じない」ことが大切です。

「剣の8」は、「剣」を象徴する「風」が数字の「8」で凝縮されるわけですから……
「風が固まる」となり、風=情報の流れがよくありません。

そのため、表面的な一部の情報であったり偏った情報が流れてくる可能性が高いのです。

だから……いい意味で信じないで!

他に関連した情報がないか、今の倍以上の情報を集めて精査をしてみてほしい。
「剣の8」はそうアドバイスします。

流れてくる情報を取り組むよりも、ここでは、情報を精査することに集中をした方がいいです。
その情報から具体的な行動を起こすよりも、まずは精査。

仕事を進める上では、どんな情報を持っているかがとても大切になることがあります。
だかこそ、一方通行の情報には気を付けてほしい。

反対意見や反論、あなたとは違うものの見方もたくさんあることを知ったうえで、自分はどんな行動をすればいいのかを考えてほしいからです。

ここでの「剣の8」は、「情報の精査に集中したくて積極的に動くことをしない」
そう捉えてみてはいかがでしょう。

 

大アルカナの本質を知りたい!というお客様のご要望から生まれた大アルカナの特別無料講座です。大アルカナの本質である数字象徴図形に焦点をあてて22枚のすべてのカードを1枚ずつを解説しています。

詳細は画像をクリックしてご覧下さい。

 

タロットカードの「剣の8」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナ78枚の意味一覧
タロットカードの大アルカナと小アルカナの合計78枚を一覧にしました。特にマルセイユタロットに興味がある方、これからタロットを学びたい方向けです。詳しい意味や恋愛や仕事など、もっと詳しくカードの意味を知りたい方は、各カードのリンクから説明記事をご覧いただけます。

マルセイユタロット「剣の8」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカード小アルカナ56枚の意味一覧
タロットカード小アルカナ56枚の意味を一覧でご紹介しています。また小アルカナの覚え方コツは、「数字」と「スート(棒・貨幣・剣・杯)」の解釈を組み合わせて読むことがキーポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました