LINE公式アカウントにて星模様にみる機転を毎週発信中

タロットカード「カップ(杯)の女王」で恋愛・仕事を読む|マルセイユタロットでワンオラクル

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「カップの女王」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「カップの女王」にみていきます。

また、「こんなときは『カップの女王』を意識してみて!」という「カップの女王」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

 

※使用しているタロットカードは「マルセイユタロット」です。

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

 

 

タロットカードの「カップの女王」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン(貨幣)=土」「剣=風」「カップ(杯)=水」の4つの要素と、1から10までの数字の概要を捉えておくこと。また、人物カードについては人物の役割を知っておくと、カードが読みやすくなります。

 

「カップ」のキーワードは「くっつく」「混ざる」「愛情」「共感」「感情」「流れる」「集まる」

「女王」は可能性の宝庫。過去から受け継いだ資源をたくわえる宝庫です。
属するエレメントに関するアイデアを次から次に溢れさせます。

「カップの女王」は、内面から外に向かって愛が溢れ出てくるように、受容する力が高く献身的。おっとりと優しくて愛情深い、癒しの女性です。

「カップの女王」は、どのエレメントの女王よりも人の気持を察することが得意です。
相手のことをまるで自分のことのように感じるため、人に溶け込んでいきます。

そのため、自分の意志をあらわにすることはほとんどありません。
「水」のように、あっちにもこっちにもくっついていくからです。

物事を曖昧にしておくので判断力は弱いですが、相手を包み込む力はピカイチです。

ちなみに。

男性のご相談で「カップの女王」がでてくるときは、その方の「母親像」が現われていることも多いです。

あるいは、男性本人を「カップの女王」にたとえるならば、とても愛情深い男性であるといえます。自分を犠牲にしてでも周りを守るような男性といえるでしょう。
ただ一方で、「くっつく」ことが本質の「水」ですから、いちど愛情を巡らすと離れることが辛くなり、執念深くなることもあります。

男性に対して「女王」が出てきたら、そのエレメントの女性性が立っている状態、と捉えるとカードが読みやすいです。

 

 

タロットカードの「カップの女王」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「カップの女王」のアドバイスはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「カップの女王」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

 

まだ相手がいない場合の「カップの女王」からのアドバイス

「カップの女王」は、無意識が外に現れるといってもいいです。
日頃の考え方や在り方が無意識に態度として出てしまいます。

そのため、気に入った人だけを特別扱いするのではなく「みんな一緒」の態度が出会いを掴めるかどうかの分かれ目となります。

知り合ったばかりの異性であっても、大勢の中のひとりであっても、誰にも隔てない態度で気遣いができているか、がみられています。

もし「なぜパートナーができないんだろう」と思っているなら、家での態度、家族との接し方や職場での対応などを、少し振り返ってみるのがおすすめです。

「あれはちょっと直した方がいいかなぁ」と思ったら、チャンス!
ここでしっかりと自分見つめをしておきましょう。

「無意識って『ここぞ!』っていうときにポロっと出てくるから怖いよー」
と「カップの女王」はいいます。

日頃の自分との対話から、気配り力アップを目指してみてください。

 

 

恋人とギクシャクしてきたときの「カップの女王」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「カップの女王」がキーカードに出てきたら、曖昧な態度がベスト。

「カップ」が象徴する「水」は、いろいろなものにくっつく性質があります。
境界線はあいまいで区別をすることができません。

白黒がはっきりつけられないのです。

たとえパートナーとギクシャクしていて相手に腹が立っていても、「カップの女王」が出ているときは、「どっちが悪い!」など白黒をつけようとしないことが大切です。

ただ一方で、自分の素直な気持ちだけは大切にしてほしいのです。

「カップの女王」は、相手の心の動きを察知する力がとても強いです。
ついつい自分を犠牲にしてでも、相手に合わせて自分を変えてしまいます。

献身的な様は「カップの女王」だからこそですが、どうしてそこまで相手に尽くせるのか、といえば……それは、相手を信頼しきっているからです。

さて。

どのエレメントでもそうですが、「女王」は自分の内面に目が向きます。(「王」は、自分を外に出します)

「カップの女王」は感情を司りますから、「なにが悲しいの?」「なにに腹立つの?」と、自分の心の動きを探ってみるのもいいです。

ちなみに「剣の女王」は、からんでしまった心の紐をほどくために感情を切り離して吐き出すのが得意でした。一方で、「カップの女王」は心の動きを探ってその感情を相手にくっつけようとします。

ほんとうは悲しいのに怒ってしまう、というのはよくあること。
でも、パートナに怒った態度だけを見せてしまうと、「怒っている」ということだけがパートナーの印象に残ります。

それが、誤解を生む元です。

「カップの女王」が内面を探るときは、自分の感情を知ってそれを相手にくっつけるためだと思ってください。
自分のほんとうの気持ち……「悲しかった」でしょ?

もしそうならば。

「相手が悪い/自分が正しい」という主張ではなく、どうせなら、「悲しかった」という思いを相手にくっつけましょう。

怒り目よりも、今にも泣きそうになりならが自分の弱い部分も相手にみせられたなら……その方が、絶対に、愛されます。

 

 

タロットカードの「カップの女王」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「カップの女王」のアドバイスはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「カップの女王」が出てきたなら、裏方としてみんなをサポートする側に回りましょう。

部下や同僚の愚痴や相談にのってあげる、というイメージです。
またここは「カップの女王」ですから、アドバイスをしてあげよう、というよりも、ただただ「聞く」ことがポイントです。

聞いてくれるだけで気持ちが落ち着く、というのはいくらでもあって、むしろそういう時は、アドバイスが逆効果になります。

ストレスいっぱいの職場だからこそ、この人なら何でも聞いてくれる! と安心して話せる人が大切なんですね。

癒し役、とでもいいましょうか。
「うんうん」と聞いてくれる人の存在はとても貴重です。

やんわり笑顔で「うんうん」とうなずいているだけで、大丈夫ですから。

 

 

 

タロットカードの「カップの女王」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカード78枚一覧|マルセイユタロット
タロットカードの大アルカナと小アルカナの合計78枚を一覧にしました。特にマルセイユタロットに興味がある方、これからタロットを学びたい方向けです。もっと詳しくカードの意味を知りたい方は、リンクから各説明記事をご覧ください。各カードの読み...

 

マルセイユタロット「カップの女王」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカード小アルカナの覚え方のコツは数字とスート
タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読んでいきます。特にマルセイユタロットは、ライダー版と異なりシンプルな絵柄です。どの小アルカナのカー...

 

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました