マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|棒の10

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「棒の10」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「棒の10」にみていきます。

また、「こんなときは『棒の10』を意識してみて!」という、「棒の10」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「棒の10」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン=土」「剣=風」「カップ=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

「棒の10」の「棒」のキーワードは「情熱」「理想」「向上心」「意志」「直観」「成長力」「ビジョン」。
数字の「10」は、物事が完結する数字。

「棒」の理想や情熱が、「10」という数字で完結するとどうなるか……もちろん、目指した高みに到達することにはなります。ただ……自分だけの「棒」だけではなく、たくさんの「棒」を抱えているのも「棒の10」の状態。

ここまでに縁あった人々の「理想」「ビジョン」をその身に背負っているともいえます。
大きな責任やプレッシャーを背負っている、ともいえましょう。

抱えきれないほどの責任感やプレッシャーから圧し潰されそうになるかもしれません。
でも、ここは「火」を象徴する「棒」の意志が働きます。

目的地はもうすぐだ! と自分を奮い立たせその精神力と気合でなんとかもちこたえます。
もちこたえることができる、という方が正しいかもしれません。

問題やプレッシャー、責任感をひとりで抱え込むことがありますが、根性と気合いでやり遂げる、なんともあつい「棒の10」です。

タロットカードの「棒の10」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「棒の10」のアドバイスとはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「棒の10」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

まだ相手がいない場合の「棒の10」からのアドバイス

「棒の10」では、問題がのしかかってきたり、気が重くなってしまうことがあります。

恋人探しを始めた頃のウキウキした気持ちは、いつのまにかどんよりと重たい空気に包まれているようなイメージです。

けれども「棒の10」は、それでも全うしようとします。
だからここは……とにかく中途半端にあきらめないでほしい。

もちろん、こればっかりは相手があることなので自分でコントロールすることはできません……ご縁だから。

でも、もう十分やり切った。という感覚を味わえないままにあきらめてしまうと、心の負担になりかねません。

もし意中の人がいるなら、その人に告白をしてから結論を出してほしいし、たとえば婚活中なら、「ここまではやる!」と期限を決めるといいので、そこまではしっかりと励んでほしいのです。

やり切ったー、という気持ちを得るには制限も必要です。それは、時間的な制限であったり、あるいは、金銭的な制限であったり。
その限界までやってみたとき、それでもダメだったなら、今はタイミングではない、ということ。タイミングではない、のだから、すっぱりと諦めもつきます。

「棒の10」がアドバイスのときは、不貞腐れてあきらめる、ことだけはおすすめしません。
きっぱりと気持ちよく「もうええねん♪」と軽やかにいえるまでは、むしろ、とことんこだわってほしいと思います。

恋人とギクシャクしてきたときの「棒の10」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「棒の10」がキーカードに出てきたら、問題をひとりで抱え込んでしまっていないか、自分に問いかけてみてください。

パートナーにいえずに困っていることはありませんか?
相手を傷つけてしまうかも……と蓋をしていることはありませんか?

もしかすると、パートナーは、あなたがなにか隠し事をしている? と思っているかもしれません。
頼ってくれないことを不満に思っているかもしれません。

ここは、まっすぐな気持ちで相手にぶつかってみましょう。
大丈夫。好きな人から頼られることは、嬉しいものです。

特に、言葉には出さないようにと蓋をしたものは、心の中にちゃんとしまっているつもりでも、相手は、何かあるんじゃないか? と疑ってしまうことは多いのです。しかもはっきりとしないものですから、相手はとても不安になります。

ここは、相手を信頼して話してみましょう。

「棒」のアドバイスですから、回りくどいいい方よりも、ストレートな言葉の方がいいです。

抱えている「棒」は、パートナーだからこそ分かち合えるということもあるのです。
ひとりで背負いきれないときは、人を頼ること。

素直でまっすぐなことが、「棒」のいいところです。

 

タロットカードの「棒の10」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「棒の10」のアドバイスとはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

責任もプレッシャーものしかかってくるのが「棒の10」です。
仕事の責任やプレッシャーは、期待があるからこそ。

ここは踏ん張りがきくときでもあります。
誰かのためになっているその仕事。あなたの仕事が誰かを笑顔にします。その笑顔のために、ここは、最後までやり切ってほしいと思います。

ただし。疲労がたまっていることも確かです。やり切ろうという意志は強いのですが、倒れてしまっては元も子もありません。
こまめな休憩をとることは意識してください。

それと……誰かに頼れるところは頼ってみるのも大切です。
同僚、部下、上司に家族……あなたの周りにいる人を信頼して、その責任を全うしてほしいと思います。

タロットカードの「棒の10」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「棒の10」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...