マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|コイン(貨幣)の4

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「コインの4」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「コインの4」にみていきます。

また、「こんなときは『コインの4』を意識してみて!」という、「コインの4」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「コインの4」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン(貨幣)=土」「剣=風」「カップ(杯)=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

 

「コイン」のキーワードは「現実的」「物質性」「お金」「身体」「五感」。
「4」という数字は、内向きで「安定」「維持」という意味があります。

「コインの4」は、物質的なものの安定を図る、現実を維持する、という意味から、「ものを守る」「立場を守る」などと解釈されます。

ものがあることで安心感を得るのが「コインの4」ですから、所有欲が強くでてくることもあります。
また「コインの4」は、現実的な安定が図れている状態にあるので、変化を嫌うところがあります。

今あるものを守ろうとして、ガードが固くなる、ともいえます。

とはいえ……「コインの4」の安定路線や所有欲は、自分なりのこだわりやポリシーがあるからこそ出てくるものです。
自分の価値を信じているからこその、こだわりでありポリシーです。

こだわりも度を超えると自分で自分の首を絞めてしまうことはありますが、安定路線や所有欲が、必ずしもネガティブではないことだけは、押さえておきたいところです。

 

タロットカードの「コインの4」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「コインの4」のアドバイスとはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「コインの4」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

 

まだ相手がいない場合の「コインの4」からのアドバイス

まだ相手がいない場合に「コインの4」がでてきたら、周りからは「ガードが固い!」」と思われているかもしれません。

けれども、それは決して悪いことではなくて……むしろ、ガードが固くなっていて近づいてくる人が少ないこの機会に、恋愛に対する「自分なりのこだわり」を固めてほしいと思います。

「コインの4」は、外に出ていくカードではありません。内側を固めていくことを大切にするカードです。

では、「コインの4」がいう内側を固めるとは?

ここでは、自分の価値観、を再認識してほしいのです。
たとえば、金銭的な価値観も大切ですし、服装や身だしなみ、あるいは、遊びに行く場所のチョイスもそうです。

つまり……自分はどんなお金の使い方をして、どんな服装が好きで、どんなところに遊びに行くと嬉しいのか、と、自分の価値観=「自分にとっての心地よさ」を確認してほしいのです。

ただ漠然と「自分と価値観が合う人」を探すのはとても難しいことです。
けれども、自分の価値観が分かっていれば……簡単です!

「コインの4」は、自分が持っているものを守るカード。
だからこそ恋愛が始まる前に、自分のなかにもっている価値観を再認識して、大切にしてほしいと思います。

 

恋人とギクシャクしてきたときの「コインの4」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「コインの4」がキーカードに出てきたら、いちど、自分に問いかけてみてほしいのです。
「パートナーの言葉や態度からなにを守りたかったの?」と。

ギクシャクしてしまう理由にはいろいろあると思いますが、意見の相違からギクシャクにつながる場合が多いでしょう。

特に「コインの4」は、ここまでに培ってきたものを大切にするカードですから、たとえば……

お金の出費を押さえたかった
今の生活リズムを変えたくなかった
自分のことを守りたかった

などの理由があって、パートナーの意見に同意ができなかったのかもしれません。

でも……どんな理由があったにせよ、それをパートナーに伝えてあげてほしいのです。

パートナーは、あなたが「勝手に怒っている」「頑固だなぁ」とか「意固地だなぁ」と思っているかもしれません。

でも、あなたには、それをする理由があったのですから……パートナーに説明をすれば、ちゃんと分かってくれるはずです。

価値観の相違や誤解から、ギクシャクしてしまうことは多々あるでしょう。
そんなとき、感情に任せてしまうばかりでは、絡まったひもを解くのはなかなかに大変です。けれども、自分の内側をのぞいてみることで、ひもを解いていくこともできます。ギクシャクがより固い絆に変わることも多いのです。

それに……「自分がなにを守りたいのか」という価値観は、パートナーシップの土台となるぐらい大切なものですから、ここは再認識しておくのもいいですヨ。

 

 

タロットカードの「コインの4」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「コインの4」のアドバイスとはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「コインの4」が出てきたなら、守りを固めるとき、です。
特になにかに新しく取組み始める、というよりも、今あるものがうまく形になるように試行錯誤したいとき。

今まで努力してきたことや、取り組んできたこと、得たものをしっかりと自分のものにすることが大切です。

たとえば、地位や肩書、あるいは、資格や契約書、お金や不動産などの「形」にすることを意識してください。
そして、「形」になったら、それを守ること。

では、ここでいう「形にして守る」とはどういうことでしょうか?

地位や肩書に相応しく振る舞うことも、資格を仕事に活かすことや、契約通りに職務を全うすることそうです。もちろん、得たお金や不動産が他人の手に渡らないようにすることも、ここでいう「守る」ということです。

安定した土台を作るつもりで、取り組んでほしいと思います。

 

タロットカードの「コインの4」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「コインの4」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...