マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|棒の7

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「棒の7」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「棒の7」にみていきます。

また、「こんなときは『棒の7』を意識してみて!」という、「棒の7」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「棒の7」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン=土」「剣=風」「カップ=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

「棒の7」の「棒」のキーワードは「情熱」「理想」「向上心」「意志」「直観」「成長力」「ビジョン」。

数字の「7」は、現状と目標のギャップを埋めようと躍起になる数字。
好戦的で「勝つ」ことに意欲を燃やします。

「棒」は情熱や向上心などというキーワードを持っているため、もともと熱量があります。そこに「7」という数字が伴うと、さらに熱量が増します。
そのため「棒の7」は、前に進むこと、勝つこと、に必死で、追い詰められてもなお信念をまげることなく押し通そうとします。

緊張感ある状況の方が奮い立つ、といいましょうか……精神的な余裕のなさが、動く原動力になっているような状況でもあります。

「棒の7」がアドバイスになるときは、強気な姿勢であることや、あえて自分を追い込んでみるのも吉です。
火事場の底力が出せるときでもあります。

タロットカードの「棒の7」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「棒の7」のアドバイスとはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「棒の7」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

まだ相手がいない場合の「棒の7」からのアドバイス

「棒の7」の状況にあるときは、恋のライバルが多かったり、複数の人から告白されるなど……恋の駆け引きに忙しくなっているかもしれません。
強気でいることが吉ですが、長期戦になると疲れてくることもあるでしょう。

ですから、強気であっても、虚勢を張らないことが大切です。
自分を良く見せようという思いは分かりますが、「自分を良く見せること」と「強気である」ことは違います。

「自分を良く見せる」ということは、やりすぎると、いつもの自分を偽ることにもなります。
「強気である」ことは、あくまでも、自分を偽らずに自分の想いを押し通すこと。妥協しない、といえばわかりやすいかもしれません。

この二つの違いは、「自分らしさ」が、違うのです。

どんなときも、「自分らしさ」を出せていることが大切です。
ないのに「あるように」見せたり、あるのに「ないように」見せることは、おすすめしません。

見せ方を工夫するのは大切ですが、勝手に盛らないことです。

それともうひとつ。
恋愛がテーマで「棒の7」が出てきたときに考えられる状況が、忙しくて恋愛どころではない! という状況。

恋愛に向かう状況に整っていない、ともいえますから、ここは焦らないことです。
大丈夫。恋愛に向かうタイミングは、ちゃんとやってきます。それよりも、忙しい状況に対処していくことの方が大切です。

多忙なときだからこそ、時間の使い方を工夫したり生活態度を見直したり、あるいは、仕事の取り組み方、人の頼り方、優先順位の付け方などを見直すことです。

その時々に、やることさえらちゃんとしていれば、恋愛のタイミングは必ずついていきます。
そのときに慌てないためにも、これまでのやり方を見直す時期だと思って取り組んでみてほしいと思います。

恋人とギクシャクしてきたときの「棒の7」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「棒の7」がキーカードに出てきたら、はやりここでも「強気な姿勢」は大切です。
ただ……「強気な姿勢」というと、どうも勘違いをされることがあります。

「強気な姿勢」とは、先にも少し触れましたが、あくまでも、自分を偽らずに自分の想いを押し通すこと。

たとえば、相手の機嫌が悪いからといって、相手の機嫌を取り持とうとしたり、機嫌を直してもらおうとすり寄ってみたり……そういうことをする必要はありません。これは「自分を偽らない」という部分にあたります。

また、「自分の想いを押し通す」というのは、相手に何かをしてもらうことを期待して、駆け引きをすることでありません。
相手がなにをしようがしなかろうが、「私はこう思う」を、正直に相手に伝えることを「自分の想いを押し通す」といいます。

パートナーがどんな態度を取ろうとも、どんな言葉を投げてこようとも、ビクともしない自分の態度を「強気な姿勢」といいます。

くれぐれも勘違いしないでください。
相手に何かをしてもらいたくて、(駆け引きするかのように)わざわざキツイいい方をするとか、キツイ態度を取る、ことが「強気な姿勢」ではありません。

誰に何を言われようとも、自分の信念を曲げない、ということが「強気な姿勢」であり、自分の信念を相手に分かりやすく伝える工夫は、もちろん必要です。でもだからといって、相手に媚びる、ということでもありません。

特に、パートナーとギクシャクしていて、相手のご機嫌に気を遣ってしまうかもしれませんが……相手のご機嫌は放置。でいいです。

相手の機嫌がよかろうが悪かろうが、「いつものように」していることを、ここでは「放置」といいます。

相手の機嫌が悪かろうが、気を遣うこともなく避けることもなく「いつものように」を意識してみてください。

相手のご機嫌や行為に関係なく、自分はどうありたいか、だけが大切です。

「強気な姿勢」というものを、少しでも感じていただければ幸いです。

 

タロットカードの「棒の7」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「棒の7」のアドバイスとはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「棒の7」が出てくるときは、もう少し自分を追い込んでみても大丈夫です。

緊張感が自分を奮い立たせる原動力になるため、あえてハードルを高く設定してやる気を引き出す、というわけです。

「棒の6」でひとつの成果を手にした後の「棒の7」は、「棒の6」で得た成果を維持し続けるための戦いにある状態です。もしここで気を抜いてしまうとそのまま放心しかねません。

どちらにしても、ここは、正念場。
やるだけのことをやって、後悔しないようにしたいものです。

タロットカードの「棒の7」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「棒の7」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...