マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|棒の8

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「棒の8」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「棒の8」にみていきます。

また、「こんなときは『棒の8』を意識してみて!」という、「棒の8」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「棒の8」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン=土」「剣=風」「カップ=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

「棒の8」の「棒」のキーワードは「情熱」「理想」「向上心」「意志」「直観」「成長力」「ビジョン」。
数字の「8」は内向きの性質があり「集中」や「凝縮」を表します。

これらが合わさった「棒の8」は、「情熱」や「向上心」が内側に凝縮してきて「早くうごきたいー!!」となります。

パワーに溢れていて、動き出したら展開もはやい!
物事が急展開したりトントン拍子に話が進んだりすることがあります。

ここは、その流れに乗りたいもの。
もし、気になる話が耳に入ってきたら素早い反応を意識してみてください。

返事はあとでいいっか……と時間を空けてしまうと、チャンスを逃してしまいます。

すぐに答えが出せないときでも、なんらかのリアクションを返しておくことが吉です。

タロットカードの「棒の8」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「棒の8」のアドバイスとはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「棒の8」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

まだ相手がいない場合の「棒の8」からのアドバイス

「棒の8」は急展開が予想されるカードです。
思いもよらない人から突然の連絡が入ってきたり、告白されることがあるかもしれません。 

すぐに「OK!」がいえるなら、その場で即答! が吉。
かけひきのように、もったいぶった態度は禁物です。

ただ、あまりにも唐突で意外すぎて、すぐに返事ができないことがあるかもしれません。そのときは、「急なことでびっくりしていて、気持ちの整理をつけるまで2,3日まってほしい」と、素直にリアクションしておきましょう。

で……気持ちに整理がついたら連絡してあげてください。
遅くとも2,3日の間に。もちろん、早ければ早いにこしたことはありません。

「棒の8」が出てくると、急展開で気持ちがついていかずに「え?!!」となってしまうこともあります。でも、この流れには乗っておきたいころ。

目の前のチャンスを逃すことなく、つかまえてほしいと思います。

恋人とギクシャクしてきたときの「棒の8」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「棒の8」がキーカードに出てきたら、ひとつは「ストレートな言葉」を意識してください。それと……旅に出る。

「棒の8」が出てくるときは、素早い行動が功を奏しますが、ここから転じて「移動」がキーポイントになることがあります。
「移動」をするといい……だから「旅にでよう!」というわけです。

「旅に出る」というと大げさですが、ここは気分転換が必要なときだと考えてほしいのです。

「棒の8」が出ているときは、やる気や情熱が凝縮してパワーを秘めているときともいえます。
恋人とギクシャクしていると、そのパワーを相手にぶつけてしまうこともあります。

それは……お互いにキツイ状況を生んでしまうだけ。
だからこその、気分転換です。

できるだけ外にでかけてみてください。

繁華街よりも、郊外の自然がある場所や、ちょっとした山や、あとは、神社や大きな公園。
緑がある場所に出てほしいと思います。

特にタロットカードの「棒」は、木をモチーフにしています。
そんな「棒」が気分転換をするならば、「木」があるところがいい! というわけです。

どれだけ都会のど真ん中に住んでいようとも、電車で小一時間ほど行けば、自然が残る場所に行けるはず。
「旅」とまでいかなくても、自然のなかで、半日ぐらいはゆったり過ごしてほしいのです。

そこで英気を養ってから、お家に帰りましょう。

家に帰ったあと、恋人と話す機会があったなら、まどろっこしい言葉や態度はNG。
自分の正直な気持ちや感じていること、思っていることを、ストレートな言葉で伝えましょう。
思わせぶりな態度や駆け引きをするかのような強気な姿勢は、禁物です。

自然の中で過ごした半日を思い出し、その心持ちでパートナーと向き合ってほしいと思います。

 

タロットカードの「棒の8」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「棒の8」のアドバイスとはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「棒の8」が出てきたなら、情報の鮮度と信頼性を意識してみてください。「棒の8」で大切なのは、素早い行動ですが、その行動を起こすきっかけとなった情報の扱い方に、ここでは注目します。

「棒の8」は、仕事においてもパワーが凝縮されるとき。パワーが放出されると急展開が待っています。その流れに翻弄されないために必要なのが、情報力。

最新の情報を得ても、それが確かな情報かどうか、を見極める目は大事です。
仕事が早い、判断が素早い、からといって、信頼できるものでなければ結果は出てません。鮮度と信頼性の二つが兼ね備わっての、素早い行動です。

特に今の社会、情報が氾濫しています。フェイクニュースも社会問題になるほどです。
どれだけ早く信頼できる情報を獲得できるか、という「棒の8」からのアドバイスは、情報化社会を生きるうえでは、当たり前のようにつきまとってくるのかもしれません。

社会へのアンテナを立てておくことは必要ですが、鮮度と信頼性ある情報を得るために特に大切にしたいことがこれ……オープンマインド。

「棒」を象徴する「火」のように、温かく飾らない心で、あなたのもとにやってくる人やニュースを迎えてください。こちらが心を開いておかなくては、開かれた情報も入ってきません。

オープンマインドから情報リテラシーを養い、なにかあったときには即断できる状態に在りたいものです。

タロットカードの「棒の8」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「棒の8」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...