マルセイユタロット「星」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「星」の意味を数字から解釈してみる

「星」のカードは「17」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「17」という数字についてみていきたいと思います。

二桁の数字を一桁に還元する方法で「17」を一桁にすると、「17」は「8」となります。

「17」は数字の「8」の「凝縮」という本来の性質を持ったまま、捉え方が逆相します。
「17」は奇数なので、外に向いた数字です。また能動的な作用を持ちます。

この場合、内側に閉じこもり凝縮し溜めていったものを外へ流す、ということが起こります。
外からの影響を溜めこみつつも、定期的に放出するというイメージになります。

この作用は、ダムのような役割にみるとわかりやすいかもしれません。
ダムは、治水に利用されたり、あるいは、発電にも利用されています。

ため込む水は、雨など外から与えられるものです。ある程度溜めこんだあと、それを放流することで私たちに「電気」や「飲み水」という恵をもたらします。

ちなみに、「数は何を語るのか」という本によれば、「17」という数字は、「ノアの箱舟」でも知られている旧約聖書に出てくる大洪水とも関連しているとか。

このあたりについては諸説あると思いますが、「数は何を語るのか」をもとにご紹介すると、「洪水は2月17日に始まり、7月17日終わった」とされています。そして「17」という数字は、「征服の数」である、ともいいます……

ダムにしても洪水にしてもそうですが、「17」という数字は、「水を制する」ということも関係しているのかもしれません。

水を制する、といえば、徳川家康による江戸の治水事業のお話を思いだします。

今の東京の街があるのは、家康が江戸の町を作るのに水を制したから、といっても過言ではないそうで……

もともと江戸の地は泥湿地で、かつ遠浅の海が江戸城のふもとまであったとか。埋め立てをしなければ町も作れなかったのですが、町を作って人が住んでも飲める水がなく、井戸を掘ろうにも井戸の水は塩からくて飲めないなど……

当時の治水工事は大変な事業であったそうですが、その基礎のもとに400年後の世界最大都市の東京があります。

まさに、「信念に基づく日々の努力と長期的なプロセスが理想を実現する」という意味を持つ、「17」の星のカードに相応しいお話だなぁ、と思うわけです。

タロットカード「星」の意味を絵柄から解釈してみる

人物

覆うものがなく受容性を表す裸の女性

前の「塔」のカードで、覆っていた自己の殻が砕かれます。するとあらわれたのが、身に着けるものもない裸の女性。

覆うものも隠すものもなく、外からのメッセージを素直に受け取ることができるようになります。
また、星々のもとにいるこの女性は、大きな力と地上とのパイプ役を担う、ともいわれます。

「なにも持っていないようで、なんでも持っている」といえばいいでしょうか……
星から希望やビジョン、使命を受け取っている様子が、この人物からうかがうことができます。

毎日の生活の場となる池

池はカードの左側下にあります。この位置は、個人の能力や知性を表す位置でもあります。

池は日常の生活に欠かせない「水」が溜まっている場所であることから、「日常の場」の象徴ともいえます。

星から希望やビジョンを受け取った裸の女性は、個人の能力や知性を育もうと、日常の場である池に水を流しているのかもしれません。

水は「情」や「感情」などを表しますが、自分の気持ちとビジョンを一致させることで、物事の実現を図ろうとしている姿をみることができます。

「星」のカードの絵柄は、やはり「星に願いを」のイメージと重なります。
日本でも「七夕さま」というものがありますが、星に希望を見るのは、真っ暗な夜空でも輝いているからでしょうか。
私自身、辛いことや悲しいことがあったとき、夜空を見上げることがなんどとあったでしょうか!

ちなみに、カシオペア座とオリオン座だけは、見つけられるんです! 知っている星座を見つけるとちょっと元気になるので不思議です。

タロットカード「星」の意味をフランス語から解釈してみる

大アルカナの「星」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では「L’ETOILE」
タロットの日本語表記と同じで、辞書にも「星」とでています。

「星」には希望や理想、というイメージが与えられていることが多く、芸能人では「トップスター」やスポーツ選手では「スター選手」などといわれていることがあります。

ミシュランにならってか、最近では日本でも、レストランやホテルの人気を「星」の数で表現しているところが多くなったように思います。

ミシュランは、必ずしも人気度を測っているのではなく、質の高さを「星」で評価しているように思います。質がよければ、必然的に人気も高くなる、というところでしょうが……日本の口コミランキングは若干様相が違うのかもしれません。

いずれにしても、「星」という言葉に憧れを抱くことは、少なくないようです。

大学生の頃、当時はパティシエを志していたこともあり、ミシュランの三ツ星レストランは、貧乏学生のわたしにも憧れでした。
日本でためたお金とフランスでの生活費を節約したお金で、友人と地方の三ツ星レストランへ行ったことがあります。

清水の舞台から飛び降りるようなもので……レストランの予約するところから、てんやわんやの大騒ぎ。
当時はインターネットも今ほど普及しておらず、学校の公衆電話でレストランに予約をいれたのですが……最後の言葉が聞き取れない?!! などのハプニングがあったり、レストランを予約したものの、正装ってなんだ?! とか、そんな服は持っていない! など……まぁ、いろいろありましたが、無事にレストランで食事ができました。

しかも日本人の学生だ、ということで、厨房まで案内してくれたという! これが厨房なのか?! というほどきれいだったことはいうまでもありません。

ちなみに……あまりにも食べ過ぎた私はその夜、いろいろと大変なことになってしまい……最後の晩餐か?! というぐらいの勢いでしたから……

しかしあの厨房は……まさに「三ツ星」の証だと思わずにはいられません。星が輝くほどピカピカな厨房でした。

タロットカード「星」の意味つれづれ

「星」カードは、その象徴やその絵柄から、可能性に溢れたカードでもあります。
一方で、保護するものがないために、不安定さがあったり、危険と隣り合わせにある、と見ることもできます。

ところで、星から希望やビジョンを受け取るといえば、占星術もそうでしょう。
星の示す理を解き、自分に活かすことができたなら、それはきっと大きな力になるのだと思いマス。

そうそう。星で受け取ったこと、といえば「星の王子様」
フランス語を学び始めたころ、「星の王子様」のフランス語版を買ってきてノートに書き写し、辞書を片手に片っ端から単語を調べて訳したものです。

フランス語の文法も習い始めたばかりの頃でしたから、頭の中に残っている英語の知識も組み合わせて、なんとか最後まで訳しきったことを覚えています。

でもそれからでした。フランス語が頭の中にするするとはいっていくるようになったのは。

なかなか大変な作業でしたが、まさに、信念と日々の努力で理想が結実するものですね。

「星」のカードを見ていると当時のことが思い出され、毎日続けることが力になることを知っているだけに、ほんとうに希望が湧いてくるカードです。

ここまで「星」についてみてきました。
少しでも「星」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。