マルセイユタロット「隠者」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「隠者」の意味を数字から解釈してみる

「隠者」のカードは「9」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「9」という数字についてみていきたいと思います。

「隠者」という言葉から内向きな印象がありますが、「9」は奇数のため、どちらかといえば能動的です。行動的な性質を持ちます。

では、どんなふうに能動なの? となると……こんなイメージでしょうか。

旅をする。

前の数字である「8」が、その説得力を使って得た力や権力に対して、「このままでええのやろか……」と、いったん得た力や権力から離れる。
そして、自己を見つめなおす旅をする……そんなイメージです。

「9」という数字は、「3」が3つで成り立ちます。
もともと「3」は、生産性を示す数字です。
そこには、客観して新たなものを生み出す、という意味が込められていたわけですが……

これまで創りあげてきた数々のもの。
いつしかそれに囚われるようになり窮屈になってくる
そんな窮屈さから抜け出そうとしがらみを取っ払い自由になり、生きることや人生に対する意味を考え直す。
そして新たな道を模索する。

このようなストーリーをみることができます。

「9」は総合性がある数字です。

全体的なことを理解したうえで、物事の本質を掴んでいる数字。
バラバラになっているものがあるとすれば、それらを共通する根本の部分で統合する数字。

このようにも扱える数字です。

正直いうと、「9」にどこか世離れしていて暗いイメージを持っていたのですが、その本質が能動的であることを知って、少し戸惑ってしまったことがあります。

いろいろなことを知っているからこそ、みんなを見守ることができるし待てる余裕がある、という印象だったのですが、どうも……思っているより、気ままなようにも思います。

実は、自由度は高い数字なんじゃないかなぁ。

タロットカード「隠者」の意味を絵柄から解釈してみる

処女性の男根

杖は、「地上と接点を持つ時の意志のあわられ」だといわれています。

隠者は「腰から下」に杖を持っています。
しかし、地上との接点であるはずの「杖」は、地についていません。ここから「男根」という象徴がでてくるのですが……

つまり、物質的肉体的世界である地上において、その機能をはたしていない、ともいえます。
だから、「処女性の男根」なのです。

「処女性の男根」についていえば……
肉体的な生殖機能はないが、精神的な生殖機能を持つ
といってもいいのかもしれません。

人間以外の「なにか」と交わろうという試みが描かれている、と捉えることもできましょう。

「処女性の男根」は、人間存在の根源の土台であり、その人の個性の核となるもの、といわれます。
物質的肉体的な繋がりがなくとも、これを持っていれば、「存在している」というそのことだけで喜びを味わえるのだと思います。

ランプ

独立的意志を表すランプ

真っ暗闇の中にランプの灯りを照らすと、そこに「何があるのか」がわかるようになります。
ただし、ランプの灯りはぼんやりしています。

図像では、ランプはカードの左側にあります。
ここは個人の内面を表す場所でした。

そして、左上部は特に、「独立」や「形にする力」を表します。

つまり、ランプに照らされる抽象的な個人の意志は、自分のなかでは固まり形になっていますが、他から独立しており属性がありません。

哲学的な信念を持っていることが、この図からみてとれます。

人物

カードの左側(自分の右側)を向いている人物

意識は内に向かっています。
また、外に開かれていることを示すカードの右側は空白でなにもなく、人物は背を向けています。

つまり、社会や環境、他には全く関心がなく、個人の内面だけに意識が向いている状態です。

隠者が羽織っている衣は、布の範囲が広く、なにかを隠している、と捉えることができます
本心を隠している、とみることもできます

カードの展開によって「隠者」の左側に別のカードがあるならば、そのカードに「隠者」は関心を寄せているか、あるいは、それを隠そうとしているか、と読むことができます

松村潔先生の著書に、隠者の持っている杖が「処女性の男根」と表現されています。ここでの解釈も、それをもとにしているのですが……

いつか知人に、「マルセイユタロットって『性の秘儀』が描かれているんだよね?!」と聞かれたことがあります。

まだ神秘主義についてかじったばかりだったで、今もまだその答えを模索しているところです。

松村先生の著書を元に、いろいろと探っていけそうな感触にもあるので……おいおい、このサイトでもご紹介したいなぁ、と思っています!

タロットカード「隠者」の意味をフランス語から解釈してみる

大アルカナの「隠者」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では「L’HERMITE」

実は、手持ちの辞書に掲載されておらず、インターネットの力をお借りました。
「Glosbe – 多言語オンライン辞書」から「隠者」という訳が見つかりました。

けれども、いろいろと調べていたときに出てきたもので興味深かったのがこの訳です。

「homme des caverners」

たまたま「英語→フランス語」という変換がなされていたときに目についたフランス語表記です。

「homme des caverners」を直訳すると「洞穴人」「穴居人」
つまり「洞窟で暮らす人」という意味になります。

これを知ったとき、宮本武蔵、が頭の中に浮かんできたのですが……

実は、バーバラ・G・ウォーカーの「The Secrets of the TAROT(タロットの秘密)」の「9.隠者」の項目にこのような表現があるのです。

ある時期をひとりで荒野で、あるいはまた精霊の再生の子宮を表わす洞穴で過ごすということは、幻想者、賢人、魔法使い、預言者、救世主など、その他の神聖な男性の習慣とされた。

たしかにヨーロッパでも日本でも、「賢人」「予言者」などといわれる人のなかには、「世間で大きな力を持ったあと世間から離れる姿」が伝承されています。
映画でも、このような描写は多々見られます。たとえば……スターウォーズのヨーダとか。

もし「隠者」という言葉にピンとこない場合は、宮本武蔵やヨーダのイメージを掴んでいると、リーディングの際にも読みやすいかもしれません。

ちなみに……そんな隠者の若い頃って、やっぱり、やんちゃしていることが多かったりするんやろかなぁ。

タロットカード「隠者」の意味つれづれ

思慮深く哲学的で、どこか現実味がない解釈をされがちな「隠者」なのですが、もう少し頭を柔らかくしてリーディングしてもいいんじゃないかなぁ、と思うことがあります。

隠者の「9」という数字は、ホロスコープでいう射手座にも相当するわけですが、射手座には「フェアな精神」や「高みを目指す」という意味もあるわけで。

そもそも占いって、人を不安にさせたり、都合のいいことばかりをいって人を依存させたりするものではなく、誰かを応援することができるスゴイ技だと思っている私です。で……この占いをする占い師って、私にとっては「明るい隠者で在れ!」なんだよなぁ。

これまでにいろいろな経験や学びを得てきた思慮深い隠者、やから?やけど? 明るくてオモシロイ……ってやつデス。

ここまで「隠者」についてみてきました。
少しでも「隠者」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。