マルセイユタロット「審判」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「審判」の意味を数字から解釈してみる

「審判」のカードは「20」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「20」という数字についてみていきたいと思います。

「20」の桁数の数字を還元すると「2」。ですが、これは3番目の「2」です。

1番目は女教皇の「2」。2番目は力の「11」。
そして3番目の「2」となる「20」は、女教皇と力のカードの中立に立ち、それぞれの価値観の間をとります。

過去を守っていた「女教皇」と、未来の発展を目指した「力」との中立に立つ立場とはどういうことか?

過去と未来の間に立つのが「今」。
つまり……過去や未来という考え方が取り払われ、すべてのものが「今」になるのだと思います。

そもそも時間の概念がなくなり、過去や未来、また、現在、という時間意識もなくなります。
本来、時間は過去から未来へ流れるもの、となりますが、時間の概念がなくなると、未来のことが過去に影響を与える、ということにもなります。

時間の話で思い出すのは、昔、流行った映画があります。
「Back to the Future(バック・トゥ・ザ・フューチャー)」

(この映画、好きでして……3部作全て観ておりますが、やっぱり1作目が一番好きかも……)

1作目は過去に行き、2作目は、未来へ行き、3作目は……それこそ未来と過去を自由に行き来していましたよね……

とはいえ、それを体感している時点は「今」。
過去に行っても未来にいっても、はたまた、現代に戻ってきても、主人公のマーティンがいるのは「今ここ」の現在。

過去も未来も行き来が自由になり、過去に行っても未来に行っても、その場にいるのは「今でしょ!」としからなないのです。

この感覚が、「20」の感覚です。

たとえタイムマシンのデロリアンがなくても、まだ見ぬ未来から過去に向かって時間を流すことができます。
それは、脳神経言語プログラミング、というNLPで扱われる方法論のひとつです。

実は……脳は、未来や過去、現在、などというという時間的感覚を持ち合わせていない、といわれています。
では、なにがあるのか、というと……「今ここ」の世界だけ。

過去のことを思い出しているとしても、脳にとっては「今現在起こっていること」であり、未来のことを想像しているとしても、脳にとっては「今現在起こっていること」にしか……ならないというのです。

なんともややこしい話かもしれませんが……少し体験してみましょう。
今、頭の中にレモンを思い出してみてください。

できれば、レモン1個をまな板にのせて包丁で半分に切っている様子がいいかもしれません。
いや……レモンを半分に切った後、ジューサーで半分になったレモンを右手に持ってジューサーの頂点めがけてレモンをおこうとしているところ……ジューサの頂点は尖っているのでそこに切った側、レモンの身が見えている方を下にしておいてくださいね。種があっても気にしないで……思いっきりレモンをぐりぐりっとまわしていると、ぴしゅっ としぼり汁が飛んできます……

どうでしょう? 

もし、口の中がなんとなく酸っぱい感じがしたり、酸っぱいのを舐めたあとにくるひんやりとしてなんともいえない、ゾゾッとした感じや、じ~ん……とする感覚があったなら……

それが、脳のなせるわざ。今、手元でレモンを絞っているわけでもないのに。

あ”~~~……自分で書いてて、酸っぱさで体がゾゾッとしてきたゾ!!

タロットカード「審判」の意味を絵柄から解釈してみる

天使

本性を目指してラッパを吹く天使

このカードに描かれている天使は、大天使ガブリエル。大天使ガブリエルは、神の言葉を人間に伝えるメッセンジャーだといわれる天使です。
ラッパは大きな音を出す楽器です。ラッパを吹いて大きな音を出す、ということは……大天使ガブリエルは、神の言葉を伝えるために、誰かの注意をこちらに向けようとラッパを吹いている、ともいえるでしょう。

では、大天使ガブリエルは、誰の注意をひこうというのでしょうか? 
もちろんそれは、ラッパの直下にいる人物たちです。

ところで、ラッパは、中央に真直ぐ、上部からカードの中心まで伸びています。
松村潔先生の本をたどると、この中央のラインは「自分自身の本性に忠実に」というラインだとされています。

つまり、大天使ガブリエルがラッパを吹いて誰かの注意をひこうとしているのは、そのカードをひいた本人にとって必然であるから、というわけです。

人物

蘇る死者たち

 天使がラッパを吹いて気づかせようとしていたのは、この人物たちのため。
そしてこの人物たちは「死者」といわれています。

そう。この「審判」の絵は、天使がラッパを吹いて死者をよみがえらせている様子が描かれているのです。

「死者」は、時間の流れを象徴します。なぜなら本来、死者も時間も、失われたものは二度と戻ってこない、から。
ところが、天使がラッパを吹くと死者は蘇ります。

これで時間の流れはなくなった、というわけです。

ところで……ラッパは勝手に音を鳴らすことはありません。誰かが意識的に、吹こう、としなければラッパの音はなりません。

つまりこの絵でカードがいいたいのは……時間の流れと関係なく、意識して興味を向けたものは自分のもとに引き出されてくる、ということです。

流れに振り回されることなく自分の意志を持てることが、このカードで示されます。

このカードを見るたびに、ラッパの音が脳内にリフレインします。

パ パーパパッ パーパッ パーパパッパー パーパッ パーパパッ パーパパー

ちなみに音階をつけるとこんな感じ↓(小さい「ッ」はスタッカートではねてください!)

ファ シーファシッ ドーファッ レーミファッファー ミーミッ ミーレドッ シーレシー

さて!! なんの曲でしょうか??!……40秒でしたくしなっ  by ドーラ

タロットカード「審判」の意味をフランス語から解釈してみる

大アルカナの「審判」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では「LE JUGEMENT」
「裁判」や「判決」と訳されることが一般的ですが、冠詞がつかずに大文字で「Jugement」となれば、宗教的に「(最後の)審判」と使われることがあるようです。

「最後の審判」といえば、新約聖書の「ヨハネの黙示録」における最後の審判。
芸術分野では、ミケランジェロによるシスティーナ礼拝堂のフレスコ画が有名です。
一度は……みてみたい……

「最後の審判」は、第六班の広辞苑によると、「世の終わりに人類が神によって裁かれること。キリストが君臨し千年王国の後、死者が復活し、全人類が裁かれて善人は永遠の祝福に、悪人は永久の刑罰に定められるとの思想に基づく」とありました。
(広辞苑にも書いてあるんだ……とついつい広辞苑に感心してシマイマス)

死者をよみがえらせる絵に「審判」というタイトルがつけられているのには、このような理由があるようです。

個人的には……「審判」というタイトルがとてもわかりにくて……

「審判」というと、裁く、というイメージがどうしても先行してしまって、タイトルだけ聞くと、ときどき、「正義」と混同してしまいそうになるのです。

せめて「覚醒」とか「目覚め」のようなタイトルだったら分かりやすかったのになぁ、といつも思ってしまうノデス。

タロットカード「審判」の意味つれづれ

このカードの出来事は、必然、だといわれています。
もし、過去に封印したつもりの記憶がなにかの拍子で蘇ったり、あるいは、過去にあった出来事が再燃したり……そのようなことがあったとしても、起こるべくして起こったこと、と思えたならば、少しは冷静になれるでしょうか……

もちろんそれ以外にも、たとえば「引き寄せの法則」などといわれるものがありますが、それもこのカードのひとつの表れとしてみてもいいのでは? と思うことがあります。

過去と未来の時間的概念を持たないこのカードだからこそ、未来に向かってイメージしたことが「今」に表れても不思議ではないからです。

もちろん、そうなることが必然だったから、起こるわけですが。

ところで……おとついのおやつで買ったプリン……余ったやつをコッソリ食べてしまったけど……おとついのプリンなんてみんな忘れてるよね?!! 特に食べ物にはめざといムスメのことが気になるが……

どうか天使のラッパは……吹かれませんようにっ!!

ここまで「審判」についてみてきました。
少しでも「審判」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。