マルセイユタロット「女帝」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「女帝」の意味を数字から解釈してみる

「女帝」のカードは「3」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「3」という数字についてみていきたいと思います。

「3」という数字は、生産性を表します。
またこの「3」という数字でようやく、二極にある関係性を客観することが可能になります。

「3」という数字は、たとえば「父・母・子」や「テーゼ・アンチテーゼ・ジンテーゼ―」という弁証法的考え方と結びつきます。

そしてここには、果てがありません。
休みなく生み出さなければ、その道は途絶えてしまいます。

「3」は豊かさを享受しますが、定着や安定という概念がありません。

休むことなく創造し続ける。

これが、「3」の意味するところです。

さて……ここでひとつ、ご紹介したいことがあります。
それは、クリエイティビティ(創造性)には欠かせない智慧です。
「アイデアのつくり方」で有名なジェームス・W・ヤングの言葉から引用します。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」

これは「新しいなにか」を創造するためには重要な視点です。
「新しいなにか」の元となる源泉は、未知のものではなく「既知にある」というのです。

車輪の付いた荷車と蒸気の動力が結び付いて初期の車がつくられました。
電話とパソコンが結びつき、スマートフォンになったほどです。
もちろん、そのために既知を蓄える努力と既知を結びつけるための試行錯誤は必要でしょう。

とはいえ、アイデアの源泉である既知が豊富であればあるほど結びつけられるものの量も多くなり、アイデアが生まれれば生まれるほど豊かになる。

ここで注目したいのは、「3」の生産性を発揮するには、「2」の数字があらわす集積された智慧の土台があってこそ、だということです。

もし数字の流れが人の在り方を示すとするならば、「2」から「3」へ変化するように、私たちも、前段階の在り様をすっ飛ばして、豊かさを謳歌することはできないのかもしれませんね。

「3」という数字は能動的で男性的な性質があります。ですがタロットの絵柄として女帝(女性)が描かれています。
「4」の皇帝と絵柄を間違えたんかなぁ、と疑ってしまいたくなるのですが……

ただ、女性しか子どもを産めない、という事実を考えると、「3」に、生み出す性質を強調したかったんかな、と思ってみたり。

そうそう。「生み出す」で思い出すのは、娘を出産するときのことです。

生みの苦しみ、とはよくいったもので、陣痛があんなに痛いとは知らず、想像以上に何度も叫んでいた記憶があります。

しかもそばにいた母親が「うちはもうちょっと静かにあんたを産んだで。静かになれへんか?」とかも言っていた……

私:静かにできるんやったら叫べへん!!
母:あたりまえやん。

チーン。

タロットカード「女帝」の意味を絵柄から解釈してみる

死と再生の象徴である鷲の盾

盾は防衛を表し、受動的です。
盾に刻まれている鷲は「死と再生」を象徴します。なんどでも蘇るのです。

それはつまり、果てない繰り返しなのかもしれません。

そんな盾が右手にあります。
右手は、個人の意志を表します。
つまり、自己主張が強くはねのけられてもくじけず新たなアイデアを披露する、このような読み方もできるでしょう。

男性的な象徴である勺

勺は男性的な象徴を持ち、攻撃性や積極性を表します。
また直線的で、上下に持つと、天からの回路となる役割を持ちます。

ここでは、外からの受容性を示す左手に持ち、右上の「超意識」から中心まで伸びています。
つまり、無尽蔵にインスピレーションが己のなかに持ち込まれることを示します。

衣服の色

図像下部が物質性を表す赤色

赤色は「物質性」を表す色です。
また、その赤色の部分が図像の下部を覆っています。

それと比較すると、精神性を示す図像の上部は白色で空白が目立ちます。
つまり、物質的・実際的な欲求や関心が強いことが、読み取れます。

マルセイユタロットの「女帝」には母性的な印象を持ちます。子どもを守るお母さん、というイメージ。

一方、ライダー版の「女帝」は……なんとなく官能的。
ライダー版の「女帝」をみていると、なんか……誘惑されそうなんですよねぇ……

綺麗なお姉さんに見つめられると女でもタジタジするというかなんというか……私だけやろか……

タロットカード「女帝」の意味をフランス語から解釈してみる

大アルカナの「女帝」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では「L’IMPERATRICE」

皇帝の妻という意味で「皇后、皇妃」という訳と、女性の王という意味で「女帝」という意味があります。

「皇后、皇妃」として辞書にもでてくるのが、ナポレオンの最初の妻であるジョゼフィーヌ。

ナポレオンの妻になる前の色恋話は面白おかしく伝えられるところでもありますが、ナポレオンの隆盛を支えたことは確かでしょう。

ルーブル美術館に飾られているダビッドの絵からも見てとれます。

LOUVRE Guide de poche

ナポレオンの妻になってからも浮いた話もちらほらあったらしく……

ところが皮肉なもので、彼女がナポレオン一筋になり始めると、今度はナポレオンの熱が冷めていったのか、この絵の戴冠式から6年後、彼女はナポレオンと離婚をしています。

とはいえ、離婚後もナポレオンのよき話し相手だったとかなかったとか。死ぬまで「皇后」の称号を持つことをゆるされたともいわれています。

タロットの女帝をみるたびに、このジョゼフィーヌを思い出すのは、このカードに女性的な豊かさと激しい変化をみるからでしょうか。

ジョゼフィーヌとナポレオンに限らず、離婚しても仲がいい男と女がいることは、私もよくシッテイル……

え?? あんたら離婚してるんやろ??
となんども聞きたくなってしまうほど、一緒にいるのをみかけたり……男性側が女性側の家に通っていたり……

そりゃ……嫁さんが妬いても仕方がないで??!!!
(経験者としては……いちおう妻の弁護をしとこ)

ってやつデス。

でも、「そういうこともあったなぁ」と懐かしい目で回想できるようになったら、ネタにかえられるもんです。

どんな過去もいつか誰かとの笑い話に変えられるんや、ってね。

タロットカード「女帝」の意味つれづれ

クリエイティブな「女帝」のカードは、未だ誰も見たことのない形を創り出そうと試行錯誤するカードでもあります。
このような意味においては、人として同じ体をもつ子どもを生み出すこととは、少し違うともいわれることもあります。

いずれにしても、表面的な言葉や絵柄の印象のなかに、自分の観念を色濃く反映させてしまうことは、避けたいところですね。

リーディングは、あくまでも「人の解釈である」ことだけは、忘れないようにしたいものです。
もちろん、読む側も、読まれる側も。

ここまで「女帝」についてみてきました。
少しでも「女帝」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。