マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|棒の2

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「棒の2」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、大アルカナの「棒の2」にみていきます。

また、「こんなときは『棒の2』を意識してみて!」という、「棒の2」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「棒の2」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン=土」「剣=風」「カップ=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

 

「棒の2」の「棒」のキーワードは「情熱」「理想」「向上心」「意志」「直観」「成長力」「ビジョン」。そこに「方向性」が現れるのが「棒の2」。

もともとのやる気に加え計画性が伴ってきて「どうやってもっと広げていこうか?!」と、更なるステップアップを目指します。

また、棒が二本になっていることから、同じような志を持つライバルが現れる、と読むこともできます。
ライバルが出現したことで、さらに燃える! と捉えることもできます。

当初のやる気や情熱のなかに、方向性が加わることで野心が育ってくるのが「棒の2」です。

 

タロットカードの「棒の2」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「棒の2」のアドバイスとはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「棒の2」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

 

まだ相手がいない場合の「棒の2」からのアドバイス

「棒の2」は、「やる気」や「情熱」のなかに二つの方向性が出てくることを表します。
恋愛でいえば……「ライバル出現!」ということもありますし、また、想いが強く出過ぎてしまっている状態になっているとも考えられます。

ライバルと張り合おうとしてみたり、推しが強くなりすぎている可能性を表す「棒の2」です。

ただ、ここは「アドバイス」として考える「棒の2」ですから……「もう少し推して!」という応援だと捉えてみてください。

「棒の2」がアドバイスとして出てくるということは、今は推しが弱い状態だと捉えることもできます。
やりすぎは禁物ですが、そもそも弱気になっているわけですから、「推す!」を意識してみた方が物事がスムーズに運びます。

ちょっといいなぁ、と思う人がいたら、自分からアクションしてみましょう!

ライバルが現れても、気にすることはありません。
むしろ、弱気にならないこと。「棒」が象徴するように、明るく元気であることが大切です。

やりすぎるとぎこちなくなります。無理やり機会を狙うというよりは、明るいトーンで大きな声で返事をしてみたり、挨拶してみる、をいつもより意識するだけで大丈夫。

日常にプラスαの元気が、好印象となります。

 

恋人とギクシャクしてきたときの「棒の2」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「棒の2」がキーカードに出てきたら、なにが相手と食い違っているのか、を見つけてほしいと思います。
どんな意見の相違があるのか? を知ってほしいのです。

もしかすると、たんなる表現の違いだけであって、ほんとうは同じことを考えていたかもしれません。
もしかすると、お互いに別のことを議論の対象にしていたかもしれません。

お互いにどんな方向性で話をしていたのか? をみることがポイントです。

「棒の2」は、二つの方向性を伴うカードですから、意見が食い違うことがあっても仕方がありません。
ただ、そこになんらかの誤解があって食い違いが生じてる可能性があったとしたら……その可能性を、ここでは考えてほしいのです。

二人のコミュニケーションを深めるうえでも大切なところです。

それと……2本の棒は、お互いの主張がぶつかり合っている状態を表します。
だから……どちらかが退けば、状況は落ち着きます。

どっちが退く??!
それはもちろん……「棒の2」を知っているあなたから。

あっちが悪いのに! とついつい損した気分になってしまうかもしれません。でも、ここは「棒」のカードです。自分の心に正直であることが一番です。

このギクシャクを早く終わらせたい、と思うなら、ぜひ、その正直な心のままに、相手に伝えてほしいと思います。

 

タロットカードの「棒の2」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「棒の2」のアドバイスとはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事のキーカードで「棒の2」が出てきたなら、ここは野心的になってほしいです。
負けん気で取り組む方が、仕事の成果は出やすいし評価もいいです。

「棒の2」が出てくるということは、やる気が湧いてきているときともいえます。
だからぜひ、挑戦してほしい! のです。

もしモチベーションがさがっている状態で「棒の2」が出てきているとしたら……取り組んでいる仕事の進め方や計画を見直してみてください。

その進め方や計画は現実に見合っているか?
その進め方や計画から自分の熱い思いは伝わるか?

ここでいう「棒の2」が表す二つの方向性は、「情熱」と「計画性」です。
これがどちらかに偏っていると、バランスが悪くなりモチベーションも下がります。

情熱があっても、実際性や現実的でなければ机上の空論になってしまいます。これでは、上司もクライアントも受け入れることは難しい。
だからここは、具体性を持たせる工夫が必要です。

一方で、綿密な計画を立てたけれども、そこに「これおもしろいぞ!」や「これはやる気が出てくる!」というような、自分がワクワクするものを感じられなければ、上司やクライアントへのプレゼンに失敗するでしょう。
いくら精度がよくても、それをアピールする人の熱量が少なければ、人の心を動かすことができません。

ここはぜひ「どこに自分はワクワクできる?」「なにがあれば自分はワクワクする?」を自分に問いかけください。そこで出てきたものを、仕事の進め方や計画のなかに盛り込んでほしいのです。

やっぱり……いくらスゴイ仕事でも、そこに自分がオモシロさを感じなければ続けられないです。
だから、はじめる頃に熱量が込められるかどうかって、とても大切だと思っています。

「棒」は直観力でもありますから……「棒」がアドバイスしている以上、ワクワク感を過小せずにおきたいところです。

 

タロットカードの「棒の2」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れてい?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

 

マルセイユタロット「棒の2」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...