マルセイユタロット「女教皇」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「女教皇」の意味を数字から解釈してみる

「女教皇」のカードは「2」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「2」という数字についてみていきたいと思います。

「2」という数字は「相対性」を表します。「みるもの」(主体=わたし)と「みられるもの」(客体=あなた)の関係性です。

ここで注意をしたいのは、「2」の数字では、「主体」をみることはできません。
つまり、主体は自分のことを知る由がなく、二元論的な立場には立てないのです。

二元論は第三視点があって成り立つもので、第三視点によってはじめて「ふたつ(二極・二元)」を見通すことができるのです。
ですから、「2」には選択の余地がありません。

このような相対的な「2」は受動的な数字です。
客体しだいで自動的に主体も変化していきます。

そもそも、一方しか見ることができないのですから、自分がどこにいるのか、を特定することができないからです。
相手がいてようやく「自分はそれとは違うのだ」を認識できる数字の「2」。

ただし、この「2」は可能性に溢れています。

あるものが成り立つには、それと違うものが必要です。
右があるのは、左があるから。天があるのは地もあるから。

自分が右なのか天なのかを知る由はありませんが、物事の成り立ちには欠かせない「2」なのです。

では……自分がなにものなにかを知りたければ、あるいは、相手によって変化する関係性から抜け出すには、視点をもうひとつ増やすしかなさそうです。

タロットカードの流れのように、次のカードへ意識を進めることができれば、自ずと見えてくるのだと思います。

「2」は結合のための最小単位だと思います。
一人ではできないことでも、二人になるとできるようになり、その二人が繋がれば三人となるわけで。

あぁぁ。こんなことを考えてしまう私はそろそろ……シングルでいることが飽きてきたからなのかもしれませんね(笑)

ちなみに「女教皇」には、三人目を生み出す力はありません。これは、「女帝」のカードの役割です。

タロットカード「女教皇」の意味を絵柄から解釈してみる

人物

カードの左側(自分の右側)を向いている人物

意識は内に向かっています。
自己に閉じこもることで、内面を見つめているのかもしれません。

種の書物としての「本」

本は「データーベース」です。
データーベースというからには、あらゆるものの情報が蓄積されている、と捉えることができます。
つまり、過去の記憶や実績の集積であり、集団的な意識が凝縮されているもの、読むことができます。

シュタイナーの言葉を借りるとするならば、それは「アーカーシャ年代記」つまりアカシックレコードといえるでしょうか。

それはつまり、「人」の歴史書であり、もちろん、私たちの在り方や行いさえも記される、書物です。

衣類

ベールのような布

「ベールに包まれる」という表現があるように、この人物はなにかを隠し持っているのか、あるいは、何かに隠されているのか……

その存在自体が曖昧であり抽象的であるわけですが「ある」にはあります。

布に包まれた人物が、自己に閉じこもりオープンマインドではないことは、確かです。

タロットカードの中でも「女教皇」の絵柄が、私には最も厳粛に見えてしまいます。
なんというか、笑わそうとしても全く笑ってもらえない、というか。

そんな不動の女教皇は、ホロスコープでいう「牡牛座」でもあります。
「牡牛座」は、美の女神ビーナスが支配星です。

厳粛ないでたちのなかに「美しさ」をみるのは、手に持つアカシックレコードを守ろうとする固い意志と使命を垣間見るからかもしれません。

女教皇の脇の下をこちょこちょこちょ~ってくすぐったら、ビーナスのように可愛く笑ってくれるんかなぁ。なんて(笑)

タロットカード「女教皇」の意味をフランス語から解釈してみる

大アルカナの「女教皇」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では「LE PAPESSE」

愛用の辞書ロワイヤルによると「La papess Jeanne:レオン4世死後2年間教皇の位についたといわれる」女教皇がいたそうです。

この女教皇の話は13世紀のポーランドの年代記作家オパヴァのマルティンの記述によるそうですし、(ちなみに、フランス語の人名「Jeanne(ジャンヌ)」はドイツ語で「ヨハンナ」です)この出来事は、800年代のお話だそうですから……

実際のところは、スミマセン。わかりません。
が、表記ひとつで歴史ミステリーまでを垣間見ることができるのは、タロットの奥深さです。

女性と権威、また、女性と神秘性との結びつきは、なぜかいつの時代も物議を醸しだすことが多いのですが……

タロットによって人の在り方や考え方の変遷が見て取れます。だからこそ、タロットをひとつの「書物」として捉えてもいいよね、と思ってしまうのです。

ここが、タロットを「種の書物」とすることに、私が同意する理由です。

タロットカード「女教皇」の意味つれづれ

この「女教皇」とよく比較されるのが、次のカードの「女帝」です。
女性の在り方、として対比されることが多く、そこには「子どもを産むかどうか」という違いがでてきます。

そのため、女教皇は日本でいう「巫女」にたとえられることがあります。

どこか神秘的な女教皇は、私の好きなタイプの女性でもあるんですよね。

ここまで「女教皇」についてみてきました。
少しでも「女教皇」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書