マルセイユタロット「死神」の意味を数字と絵柄とフランス語で徹底分析

タロットカード「死神」の意味を数字から解釈してみる

「死神」のカードは「13」という数字があてはめられます。
ここでは、まずこの「13」という数字についてみていきたいと思います。

「13」を一桁に還元すると「4」になります。「13」は数字の「4」の「秩序」という性質を持っていることがわかります。
ただし、「4」そのものではありません。2番目の「4」です。

「4」の数字の持っている意味が「2」を帯びる……つまり、「4」の対局に「13」が位置することになります。

簡単にいえば、やり方が極になる、ということです。

物事を定着させて秩序を守っていた「4」が逆相となり「13」になると……これまでに定着していた秩序を壊し新たな秩序を創り出そうとします。

キリスト世界では、13、という数字が嫌悪され、不吉な数字とされています。キリストを裏切った弟子が13人目だったからなのかもしれませんが……

古代マヤ文明やヘブライの伝統では、13は吉兆の数、であったそうです。

今の安定や現状維持を望めば、秩序を壊そうとする「13」の数字は不吉でしょう。
ですが、硬直し既得権益にまみれた世界からの変革を望むものにとっては、「13」という数字はこのうえない吉兆です。

どちらの立場にあるにせよ、すくなくともこのカードが出ると、新しい兆しのための変革の時期にあるとみることができます。

そして変革の直前は、状況が停滞し、むしろ悪化しているようにさえみることがあるかもしれません。

新しい発展のためにいったん状況が悪くなったようにみえることは、よくあることですから、もしスランプ状態にあるとすれば、むしろ好転する前触れにあると読めます。

いずれにしても、ここで「死」が待っているということではなく、この後に続く未来のための必然である、というだけです。

昔の映画で「13日の金曜日」というのがありました。子どもの頃に流行ったのを覚えています(年がバレる……)。
確かに、「13」が不吉、というイメージもあったりしたのですが、死神の「13」は、好きなカードのひとつです。

なぜ?って……ターニングポイントを表わすカード、だからです。

なんというか……今はしんどくても「あそこを越えてきた私スゴイ!」って思えるときがくるよって、いってくれているように感じるからなんですよね。この死神の13に。

タロットカード「死神」の意味を絵柄から解釈してみる

骸骨

余分なものが削ぎ落された骸骨

骨は肉を支える基礎的な部分です。
肉がなく骸骨だけ、ということは、本質的な部分が強調されています。

余計なものが削ぎ落され、必要なものだけが残っている、という状態です。

寒々しい雰囲気も漂っていおり、感情的なものも薄くあります。

骸骨は社会性のある右側を向いていおり、手に持つ鎌の先も外に向いています。
社会的ななにかを刈りとろうとしている姿が伺えます。

散らばっている体のパーツ

再構築のための解体

ばらばらになっている体のパーツが、下層に散らばっています。

骸骨の鎌によっていったん解体された体は、新たに構築されることを待っているようにもみえます。

今でも、小学校の理科室に「骸骨」ってあるのでしょうか……その「骸骨」と比べるとふっくらした印象がある、死神の骸骨さん。
なぜか顔が、スケキヨ、みたいにみえるのです……スケキヨって……金田一耕助シリーズの「犬神家の一族」の。

死神のマスクを被ってる?? と思ってしまうくらい、「死神」が神々しくみえるのは……私だけカモシレナイ?

タロットカード「死神」の意味をフランス語から解釈してみる

大アルカナの「死神」
このサイトでご紹介しているタロットはGrimaud社のマルセイユタロットであるため、フランス語名についても少し触れておきたいと思います。

フランス語(マルセイユタロットのグリモー版)では……実は、その表記が描かれていません。

ちなみに、ロスカラベオ社のマルセイユタロットでのフランス語表記は「LA MORT」となっています。
「死」「終焉」「破壊」「崩壊」という意味があります。

ちなみに、冠詞がなく大文字で表記されると、特に「死神」という意味を持つようです。

フランス語に、このような熟語があります。

A la vie, à la mort「永遠に」

「la vie」は日本語で「生」
生と死で、永遠……なんですね。

このフランス語の感性が、私はたまらなく好きなんです。

「死」は、それだけでは不吉な印象を与えますが、すくなからず、「死」は「生」と一対であることは覚えておきたいものです。

「死」という終焉があるからこそ、私たちは「生」を尊ぶことができるのではないでしょうか。

「死」を迎えることなく「生」だけの命であったなら、生きていることに喜びなどを感じることはできないのではないか、とさえ思うからです。

「種の書物」と称されるタロットに「LA MORT」が描かれているのは、もしかすると、「(一対となる)生をちゃんと思い出せ!」というためなのかもしれません。

そうそう。歌手のSylvie Vartan(シルヴィ・ヴァルタン)の前夫であるJohnny Hallyday(ジョニー・アリディ)が、「A la vie, à la mort!」という歌を歌っていることは……全くの蛇足です……

タロットカード「死神」の意味つれづれ

このカードがでると、私はなんとなく嬉しくなります。

「もうあかん!」と思えたからこそ、ちゃぶ台返しができるというか……やっとひっくり返す勇気が出てくるというか……

ドラゴンボールの悟空がスーパーサイヤ人になるような感じで力が湧いてくるというかなんというか……わかりにくいか(笑)

私にとっての「死神」は、「もうあかん!」までいった自分のご褒美のように思えてくるからです。

死神に「わたしがんばった! ってちゃんといっていいんだよ」といわれているようで、気持ちが軽くなる、私にはそんなカードでもあります。

ここまで「死神」についてみてきました。
少しでも「死神」に親しんでいただけましたなら、嬉しい限りです。

※参考図書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。