LINE公式アカウントにて満月・新月の星模様にみる機転を発信中

過去世を読むタロットのスプレッド、エクスカリバーは不のループを断ち切るのに役立つ展開法

今回は、エクスカリバーのスプレッドをご紹介します。

エックスカリバーは、タロットで過去世が読めるスプレッドとして紹介されることが多いですが、その本質は、過去から蓄積されてきた無意識のパターンが現状にどのような影響を与えているのかを観ることです。

ちなみに「エクスカリバー」は、アーサー王伝説に登場するアーサー王が持つという魔法の力が宿る剣の名前。

そのため、このスプレッドでは9枚のタロットカードを使い、下から上に、まるで剣の形に並べていきます。

 

タロットリーディングを難しい
カードがうまくよめないと感じる人が
リーディングを楽しみながら
誰かのためにも活かせるようになる

タロットの読み方を解説する
オンラインサロン

 

エクスカリバーについて

①質問を設定します。
「どのようなことについてカードに聞いてみる?」を決めましょう。

②カードをシャッフルした後、図のように9枚展開します。
(カード内に表記している番号は、展開する順番です。配置は図を参考にしてください)

④カードを読んでみよう。

▶質問:           について
▶1枚目:過去の状況は           だったようです
▶2枚目:過去で学んだことは           のようです
▶3枚目:過去で学びきれなかったことは         のようです
▶4枚目:現在の状況は           です
▶5枚目:今、簡単にできると思っていることは         のようです
▶6枚目:今、簡単にできないと思っていることは        のようです
▶7枚目:なんども出てくる問題は           のようです
▶8枚目:その対処法は           です
▶9枚目:結果、次のステージは           となるようです

エクスカリバーを読むコツ

エクスカリバーで過去世を読むことができるといわれますが、そもそも、過去世をどのように捉えるのか、はリーディングにおいてとても大事になります。

そこを押えた上で、エクスカリバーを読むコツは、1枚目から3枚目の過去のパーツと、4枚目から8枚目の現在のパーツを、まずは分けてみることです。

エクスカリバーが表現する過去世について

エクスカリバーを読む肝となる「過去世」

ここでいう過去世とは、潜在意識の情報、と捉えます。

そこには育ってきた環境などの今世も含むため、いわゆる「前世」だけを観るものではありません。

また「前世」の考え方にもさまざまありますが、私は仏教に基づいて理解しています。

人が死ぬとその魂はつぶつぶに細かくなり、そして、つぶつぶになったさまざまな人の魂のかけらたちは阿弥陀様の前に集まり、それぞれに一定の方向性が分け与えられ、同じ方向性が与えらえたつぶつぶの魂同士は集合し、新たなひとつになって転生を果たす。

こういう理解ですから、そもそも、たった一人の魂がひとりの人として繰り返し生まれ変わる、という考えにありません。

そのため前世は一つではないし、なんなら仏の世界に時空はありませんから、遠い未来の魂のかけらが集まっているかもしれないわけです。

そうなると、「前世のあなたはこうだった」と言い切ることはできないのです。

もちろん、ここでいう「過去世」を「前世」の物語のひとつとして捉え、それが相談者の納得につながったり、あるいは、受け入れやすいというならば、そういうリーディングはあっていいと思います。

それでもこのスプレッドを使うとき、「過去世」あるいは「過去」をどのように捉えているかどう定義づけているかは、リーディングに影響を与えますから、占う側は、自分なりの捉え方を持っておくといいかもしれません。

またエクスカリバーに限らず、どのようなスプレッドであっても、どういう理解を以ってそのスプレッドを読むのかは説明できるようにしておきたいものです。

エクスカリバーを読むコツはスプレッドが示す過去と現在の関りを掴むこと

さて、ここからはエクスカリバーを読むコツについて具体的なお話をしていきます。

まずエクスカリバーの読み方を簡単に表現すると、下記のようなことになります。

  • 1枚目~3枚目こういう人だったから
  • 4枚目~6枚目今、こういう風になっていて
  • だから7枚目のような問題やパターンを繰り返してしまい
  • でもそれは8枚目のように対処すればよく
  • そしたら、次の段階9枚目に向かうよ

注目したいのは、1枚目~3枚目の過去のパーツが土台になっていること。

過去が土台にあり現在が作られていて、その現在で何度も出てくる問題やパターンは過去の土台に要因がある

と考えるからです。

またこれは、このスプレッドの世界観だけにいえることではなく、心理の世界でも同じような考え方があります。

現在は過去の延長線上にあり、また未来さえも。

だからもし、過去のやり方で現在に不具合が生じているならば、そのやり方を変えればいいだけです。

新しいやり方に取り組むことが新たな経験となり、過去は積み重なっていく。

「より良くしよう」という今の試行錯誤の積み重ねが過去になるのですから、当然に、より良い現在があり、その先にはより良い未来しかできない、ということです。

こういう考え方がエクスカリバーの前提にあるため、このスプレッドの解釈が未来の創造に影響することもあると意識できると、実生活の具体的な悩みにもこの展開法は応えてくれます。

ちなみに、過去のパーツに大アルカナが多く出てくるとき、特に1枚目が「女教皇」など人物像として特徴的な大アルカナであれば、現世にもその影響が色濃くでる、と考えていいでしょう。

つまり、出ている大アルカナのテーマがその人の人生全般のライフテーマになってくる、と見ます。

たとえば1枚目が「女教皇」であれば、その人は「見えないもの」との関りや興味を切り離し人生を送ることは難しい、となります。

そのため、心理の世界や精神世界、あるいは、神仏の世界も含め、そいうものと関わりを持つことは避けられないだろう、といえるでしょう。

もちろん、だからといって、これでリーディングセッションが終わるわけではありません。

そういうテーマや過去の土台があったとして、だったらどうする? なわけですから、ここからは相談者との対話を通じて、あるいは、自分と問答しながら、さらにカードを深掘りしていくといいでしょう。

どのような過去があっても、現在の方向性は自分で決められる。

だからこそ、過去に縛られることなく、言葉に呑まれるのではなく、自分はこれからどんな未来を創っていきたいのか? そのために今、自分はどうするのか?

エクスカリバーからこのようなリーディングセッションが可能になるので、同じような問題に遭遇したり、直したいけどなかなか直せないパターン、繰り返してしまうクセや衝動などに気づいたとき、不のループを断ち切るには役立つと思います。 

「過去」が現在にどのような影響を及ぼしているかを観ることで、より良い「未来」を創るきっかけを「現在」に得る。

そんな心持ちで、このスプレッドを活用されてはいかがでしょう。

 

なお、うらないば、では、スプレッドの動画解説や一般公開可能な実際のご相談を題材にリーディングの読み解き解説を行うオンラインサロンを開設しています。

ケルト十字やホロスコープスプレッドなど、特に現場で活躍する主な7つのスプレッドの解説と実際のご相談を例にスプレッドの読み方を解説している他に、毎月、1テーマ、一般公開可能な実際のご相談を題材にリーディングの読み解き解説を行っています。

また、タロット以外にも西洋占星術を活かした運気の流れも解説しているため、占星術にも触れてみたい!という方にもご好評いただいております。

もちろん、初心者の方にも安心して学んで頂けるよう、数字の捉え方や逆位置の考え方などタロットの基本事項に加え、読むコツまでお話するオンラインサロン

ぜひ、下記をクリックして詳細をご確認くださいね↓

タロットリーディングを難しい
カードがうまくよめないと感じる人が
リーディングを楽しみながら
誰かのためにも活かせるようになる

タロットの読み方を解説する
オンラインサロン

うらないばのオンラインサロンから、タロットのリーディングを洗練させていきませんか?

いつでもお待ちしております。

その他、現場でよく使うスプレッド

その他のスプレッドについて、まとめました。
ご参考ください。

 

▶ヘキサグラムのスプレッド。問題に対して「どうすればいいのか」という対処のヒントをくれる展開法

ヘキサグラムのスプレッド。問題解決のヒントをくれる展開法
タロットのスプレッドでヘキサグラムを読むコツをお話しています。ヘキサグラムは、タロットカードを7枚使って六芒星を形作るスプレッドで、問題に対して「どうすればいいのか」という対処のヒントをくれる展開法です。

ヘキサグラムは、タロットカードを7枚使って六芒星を形作るスプレッドで、問題に対して「どうすればいいのか」という対処のヒントをくれる展開法です。

状況や問題に対して、どうしたらいいのかが冷静に考えられない時に、アイデアのヒントを示してくれるでしょう。

 

▶タロットのスプレッド、ホースシュー(馬蹄形)はより好ましい状況へ向かうために意識の変化を促す展開法

タロットのスプレッド、ホースシュー(馬蹄形)はより好ましい状況へ向かうために意識の変化を促す展開法
ホースシュー(馬蹄形)のスプレッドをご紹介します。タロットカードを7枚使った展開法です。時間の流れや状況の変化を読み取ることで、より好ましい状態へ向かうための意識の変化を促すスプレッドです。また、カードを客観的に捉え俯瞰する技術を養ってくれるスプレッドでもあります。

ホースシュー(馬蹄形)は時間の流れや状況の変化をみたいときにとても役立つスプレッドで、より好ましい状況へ向かうために意識の変化を促してくれる展開法です。

 

▶タロットを8枚使うスプレッド、ソーマ法。問題の原因や本質的なテーマが明解に示される展開法

タロットを8枚使うスプレッド、ソーマ法。問題の原因や本質的なテーマが明解に示される展開法
タロットカードを8枚使うスプレッド、ソーマ法をご紹介します。相談内容に対してその人が抱えるテーマや問題になっていることの原因と、そのテーマや問題に対するアドバイスがダイレクトに表現されているのが特徴です。特に自分事でこのスプレッドを展開すると、なにより自己を客観するにはとても役立ちます。

ソーマ法は、相談内容に対してその人が抱えるテーマや問題になっていることの原因と、そのテーマや問題に対するアドバイスがダイレクトに表現されているのが特徴で、ホースシュー(馬蹄形)のように、物事がどのように進んでいくのかをみたいときに役立つスプレッドです。

特に自分事でこのスプレッドを展開すると、自己を客観するにはとても役立ちます。

 

▶ホロスコープスプレッドから運勢を読むコツ

ホロスコープスプレッドから運勢を読むコツ
タロットのスプレッドで恋愛運や金運、仕事運などの運勢を読むときに役立つホロスコープスプレッド。この記事では、ホロスコープスプレッドの読み方の手順に読むコツをお伝えしています。

ホロスコープスプレッドは、タロットで特定の時期の運勢について読むスプレッドです。「○○年の運勢はどうですか?」といった質問に最適です。

 

▶ケルト十字でタロットを読むコツ。相手の気持ちを深く読む方法も解説

ケルト十字でタロットを読むコツ。相手の気持ちを深く読む方法も解説
ケルト十字をタロットで読むコツをお話しています。ケルト十字はタロットのスプレッドの中でも実践的で様々な相談にお応えできる展開法です。タロットカードを10枚もしくは17枚使ってケルト十字を展開していきます。

ケルト十字は心理的な変化まで読みとることができるので、テーマをより深掘りしてリーディングすることができます。

また「相手の気持ちが知りたい!」というご相談に応えるにも最適なスプレッドです。

なおケルト十字に関しては、下記の記事で実際のご相談に応えています。展開したカードの意味も順番に説明しているので、リーディングの参考になれば嬉しいです。

ぜひぜひ、ご一読ください↓

よくあるご相談|仕事・恋愛結婚・人間関係のお悩み
 うらないば、では、数字の捉え方や逆位置の考え方などタロットの基本事項に読むコツまでお話するオンラインサロンを開設しています。それ以外にもスプレッドの動画解説や一般公開可能な実際のご相談を題材にリーディングの読み解き解説を行っています...

 

占い初心者の方には、1枚引きや3枚引きでカードと仲良くなることをおススメします。

やり方と読み方はこちらに掲載中。

▶初心者のためのタロット占いやり方。まずは3枚引きから始めていこう!

初心者のためのタロット占いやり方。まずは3枚引きから始めていこう!
タロットのスプレッドは自分で作ることができるので、世の中にはほんとうにたくさんのスプレッドがあります。ただ実際に占いの現場で使えて汎用性があるスプレッドは、基本的に3つぐらいです。ひとつは、ケルト十字。無意識の領域にアクセスできるケルト...

ワーク形式になっているので、空欄に言葉をあてはめながら読んでみてくださいね。

また基本中の基本であり、タロットを展開するうえで最も大事な「シャッフル」

シャッフルについて理解することは、タロットの精度にもつながります。

「シャッフルって、単にカードを混ぜればいいんだよね?」と思っているなら、ぜひこちらを読んでみてください↓

▶タロットカードをシャッフルする理由とやり方

タロットカードをシャッフルする理由とやり方。シャッフルの見栄えを気にし過ぎていませんか?初心者にも簡単な方法
タロットのシャッフルのやり方に悩んでしまって、カードを展開するまでにいかないんです……本などで独学をしていた方が、レッスンを受けられるときによくおっしゃるお悩みです。特に最近はYoutubeなどの動画でやり方を調べる人も多いようなので...

 

スプレッドはカードの並べる順番や読み方が先生によって異なることも多いです。

このエクスカリバーは、17歳でタロット界に入り30年以上プロの占い師を多数育てられている宏林先生に教わった方法です。

そのため、ここでご紹介しているやり方は、必ずしも出版されているタロットの占い方の本と一致するとは限りません。

ただ、このやり方を現場で使うようになってから、圧倒的に運勢のリーディングがしやすくなったことは事実です。

カードから見えるお客様の物語がスッと入ってくるようになったことと、お客様の反応が変わったことを実感しています。

ご参考になれば嬉しいです。

 

うらないば、では、数字の捉え方や逆位置の考え方などタロットの基本事項読むコツまでお話するオンラインサロンを開設しています。
それ以外にもスプレッドの動画解説や一般公開可能な実際のご相談を題材にリーディングの読み解き解説を行っています。
下記をクリックして詳細をご確認ください↓

タロットリーディングを難しい
カードがうまくよめないと感じる人が
リーディングを楽しみながら
誰かのためにも活かせるようになる

タロットの読み方を解説する
オンラインサロン

 


コメント