LINE公式アカウントにて星模様にみる機転を毎週発信中

バツイチの年上の彼と結婚したいと思っている。でも彼は消極的。そんな二人に結婚は難しいのだろうか?

結婚したいと思う私、結婚を曖昧に濁す彼

彼と付き合い始めて、かれこれもう5年ぐらいになるでしょうか……私も30代になるので、真剣に彼との結婚を考えたいんです。子供も欲しいですし。

3年ほど前から彼と同棲していて一緒に暮らしているので、いつ結婚してもいいと思うんですが、どうも彼が消極的で……私には、「まだ早いと思うんだ」としか言ってくれません。

彼は私と付き合う前に離婚をしていて既にバツイチでした。前の奥さんとの子供がいて、まだ小学生に入ったばかりで養育費も毎月ちゃんと払っているそうです。

そういうところがネックになっているのか、「結婚」という形に囚われたくないだけなのか……

私の両親に会ってくれたこともありますが、その時は、結婚のことを濁していました。

あんまり「結婚したい」っていうのもよくないのは分かっているんですけど……このまま同棲で終わるのも嫌なんです。

占い師さん、どうしたらいいんでしょう……私、結婚できるんでしょうか……

結婚に向きやすい運気の応援を利用する、という方法

結婚をしたい、という想いを持ちながら「彼と今後どうなるか見て欲しいんです」と占いに来られる方は多くいらっしゃいます。

女性は特に出産までの年齢を気にされる方も多く、子共が欲しいとなれば、人生設計としていつまでも結婚を後回しにしたくない、という思いが出てくることもあるでしょう。

年を経るほど、付き合い始めた頃に持っていた気楽な考え方が少しずつ変化し、20代とは違う焦りの様なものが湧いてきて不安に駆られてしまうことも、あるかもしれません。

そんな想いを抱えての「自分は結婚したい、でも相手は消極的」というケース。

消極的である理由のなかに「その気がないわけではないけれど、躊躇してしまって決めきれない」ということがあったり、また、躊躇する理由と向き合うのが怖くて避けてしまう、ことがあったり……

こういう時は、相手に結婚の話をしてもいい返事をしてくれず、あまりそれが多くなると、相手は逃げてしまうことがあります。

だって、怖いから。

同じことを繰り返すかもしれないという不安や、自分が傷ついてしまうことを恐れているからこそ、自己防衛として「避ける」「逃げる」という態度を取ってしまうのです。

こうなると、このテーマについてあまり相手を刺激しないことが大切なのですが……では、いつになったら、そういう話をしやすくなるのでしょう?

少なくとも、相手にその気があるならば、時間の経過とともに前向きな気持ちに変わっていくという現象はそう珍しいことではないでしょう。

そのため占いでは、結婚に対するその人自身の気持ちや相手の気持ちだけではなく、運気の変わり目にも注目します。

気持ちの変わり目がいつ頃起こりそうか、などの流れを読み解くのも占いです。

情緒が安定しやすいとき
コミュニケーションがはずみやすいとき
気持が昂りやすいとき

そういうポイントに注目して、結婚に向きやすい運気を探っていきます。

運気の読み解き方のお話

たとえば、ホロスコープから情緒が安定しやすいときを読み解くときは、ネイタルの月、コミュニケーションの場合はネイタルの水星、気持の高揚はネイタルの金星や火星に、トランジットの金星、火星、木星あたりがどう影響しているか? に注目します。

※こちらにも運勢のお話を書いています↓
▶関連記事:運気が悪いとき良いときの過ごし方。運気の占い方を知って言葉に惑わさず自分らしく過ごしていこう

運気が悪いとき良いときの過ごし方。言葉に惑わさず自分らしく過ごしていこう
年末に読んだ雑誌に「今年は全体的に運気が悪い」と書かれていて、気になっていたんですが、今年に入ってから、確かにあんまりいいことがないんです……職場の上司が変わってやりにくくなったと思ったら、急な方針転換で、今までの業務内容にプラスアルフ...

ただし、トランジットの木星の公転周期は約12年なので、年単位での変化が現れます。

じゃぁ……場合によっては情緒不安定な時期を1年間過ごすこともあるの?

といえば、もちろんそういうわけではありません。

木星はあくまでも拡大や発展、寛容を表すだけです。たとえば、それがハードに影響するからといって、不寛容になるわけではなく、木星の拡大や発展、寛容のエネルギーを素直に受け取りにくい、というだけです。

また1年のなかでも刺激が多くなる時期やゆったりできる時期などもあります。

なかでも金星は「恋愛の星」ともいわれ、感受性や喜びを象徴する星ですが、金星の公転周期は225日。約3週間でひとつのサインを移動します。

1年の流れのなかで、この天体の刺激が加わることで雰囲気も変わってくるでしょう。

運気の影響とはどういうもの?

ちなみに、運気の影響とは

「なんかしらんけど、調子がいい」
「なんかしらんけど、イライラしやすい」
「なんかしらんけど、ウズウズする」

のように「気づけばそこにある」というものです。

この「気づけばそこにある」ものは、程度や影響の仕方は毎回異なっても、定期的に繰り返される、誰にでも起こるものです。

そして、目に見えないものだけにいつ現れていつ消えるのかも掴みにくいもの。

だからこそ占いからそれを割り出し、いつ頃そうなりやすいのかを知って、目に見えないリズムを上手く活かしていこう! というわけです。

運気の流れ以上に大切な、あなたの「頭の想い」と「心の本音」

もちろん、星の応援を受けられるからといって、あなた自身が活かすために動かなければなにも変化は起こりません。

また、潜在意識にみる本音が結婚に向いていなければ、いくら「結婚したい!」といっても、スムーズに事を進めることは難しいかもしれません。

なぜなら運気の流れ以上に大切なのは、結婚したい! というあなたの「頭の想い」と、潜在意識にみる「心の本音」が一致することであり、場合によっては、まずここの一致を優先した方がいいときもありましょう。

その辺りも考慮しながら、うらないばでは、カードから読み取る心理的な側面と、ホロスコープから読み取る運気の流れを絡め、トータルなセッションを進めています。

もし、付き合っている彼と結婚したいけれど彼が消極的で迷っています、と思われることがあれば、いつでもご相談ください。

あなたが幸せになるために、動くきっかけづくりをお手伝いしています。

あなたと結婚に消極的な彼の本音や運気の流れを探り、いつ、どういう風にアプローチをすると話が進めやすいのか、一緒に考えてみませんか?

うらないば、でお待ちしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました