占い師になるにはどうしたらいい? 学び方とか必要な能力とか

副業にするにしても、占い師になるにはどうしたらいいですか? 学校で学ぶ、独学をする……費用はどれくらいかかる?

占い師になるにはどうすればいいですか? というご質問をいただくことがあります。こんなことを学んであんなことも学んで……という道筋はいろいろあると思います。

「占い師」というものに公的な資格があるわけでもないし、認定なんたら、がなければ「占い師」といえない! というものでもありませんから。

どこかのスクールに通うのもいいし、本を買ってきて、あるいは、Youtubeを見て独学で学んでみるのもいいし。

スクールとなれば、それなりの必要もかかります。スクールにもよりますが、たとえば、初級から上級と進めば、ひととおりの学びを得られると思います。まぁ、ピンからキリまでありますから、一概にはいえませんが……ひととおりで30万ぐらいでしょうか。スクールの「認定」という肩書を得られるかどうか、によっても費用は変わると思います。また、修了後、その団体に所属をするならば、会費というものも発生するかもしれません。

独学となれば、書籍代に数万円ぐらいでしょうか。なによりこのご時世、メールマガジンや動画配信から「無料講座」などと銘打つ講座もあるわけで。

扱う占術を決めたなれば、その「占い」ができるようになるための道筋はいくらでもあるものです。

もちろん、まずは「どんな占術を身につけたいか」を決めなければ、何を学んでいいのか? になってしまいます。ですから、まずは「どんな占術を身につけたいか」は、自分に聞いてみないといけません。

タロット? 西洋占星術? 四柱推命? 手相? などなど。

「どんな占術を身につけたいか?」と自分に問うときはぜひ、「これはオモシロそう!」「これは楽しそう!」と自分の気持ちに寄り添ってほしいところです。

誰かに「これいいよ」といわれたから、ではなく、誰かにいいよ、といわれたとしても、「自分がいいと思えるかどうか」は、問い直してほしいと思います。

少なくとも、なにかを学ぶ、ということは、自分の大切なお金と時間とエネルギーを使うわけですから……ここは「自分がどう思うか!」を優先したいものです。

占い師になるには何を習得したらいい?

ところで……そもそも、占い師になるのに資格は必要ありません。ぶっちゃけていえば、「占い師です」といえば、その瞬間から「占い師」です。

とはいえ、どんな占い師になるのか、はまた別のお話。

扱いたい占術をひととおり学び終えたなら、占いができるわけですが、そもそも仕事として占いをするのか、趣味で占いをするのか、で占い以外に身につけたい能力も変わってくると思います。

特に「仕事」とするならば……「占い」ができる以外に身に着けておきたいのは断然これ。

聞く力

コミュニケーション力とか話し方とか……いわれるけれども、そんなこと以前に、断然この力。イチオシたい。

これがないと、だいたいコミュニケーションなんてできないやろ???!
人の話が聞けないのに、話し方だけ上手になっても……使えないやろ???!

と思います。

まずは、聞けてこそ。当たり前なんだけれども……でも、これがなかなか難しい。

お互いにいい塩梅の距離感を保ちながら共感をする、ことが「聞く」には大切なんだけれども、「いい塩梅の距離感」を保ち続けることが大変なんです。

いい塩梅の距離感で、自分と相手との間に「心の境界線」がひけないと、いわゆる「もらっちゃう」をやってしまいます。「もらっちゃう」は……かなり精神的にシンドイです。

でも、「心の境界線」がひけたら「もらっちゃう」ことはないです。なによりここができないと、自分のメンタルが壊れてしまいかねません。それほどに、「心の境界線」の扱いは大切ですし、ここができてこそ、相手のことをちゃんと「聞ける」のだと、私は思います。

もし、占い以外に身につけたらいいものを一つ教えて、といわれれば……やっぱり「聞く力」かな。

心理学やセラピーのことを知っていると、この「心の境界線」のことや「そもそも聞くとはどういうこと?」が入っていきやすいかもしれません。

 

あと……時代的なものでいえば、デジタル力も大切でしょうか。もはや、インターネットが欠かせない時代になっていることは否めないからです。

仕事、として「占い」という技術を生かすには、「デジタル発信」についての知識を、ある程度身につけておきたいものです。あるいは、信頼できる人を頼ること。

もうね……「知っている」と「知らない」の格差は本当に広がるばかりだと実感します。インターネット上のノウハウもツールも様々ですが、今は、「無料」で簡単に扱える技術もたくさんあります。

知っていれば無料で簡単にできることでも、知らなければ……「サイトを作るのって数十万近くかかるんじゃないの?」と思っている人もいます。たとえ経費をかけてプロにサイトを作ってもらっても、扱いに慣れてい、時間がない、などで更新するのも億劫になってしまって、結局……ボツにした。などという話もよく見聞きします。

これまでは難しかったことでも、誰でも簡単にできるようになった「デジタル発信」は、今の時代、「占い師」にしても、仕事には欠かせないツールです。

大阪弁でいうなら……「ぼったくられない」ためにも、ある程度の「デジタル発信」に関わる知識は持っておきたいものです。

 

占い師になるには霊感が必要?

これ……「持ってるタイプですか?!」と聞かれることもありますが、感覚に敏感なことはあっても、「そういうもの」は見たことがありません。だから私は「霊感」はないわけで。でも、占い師、はできています。

だから、霊感があってもなくても……占い師、にはなれます。

占術を扱えて、聞く力、があれば、十分じゃないかな。

で、占い師になるには?

〇まずは、扱う占術を、「楽しい?」「オモシロイ?」と自分の気持ちに正直になって決めよう!

〇スクールに通うなら最低でも30万程度は必要。でも、独学なら費用は抑えられる。今は、メールマガジンや動画配信のタイプで「無料講座」もあるから、試してもイイかも

〇占い師を「仕事」でするなら、「聞く力」を養おう

〇今のご時世、「デジタル発信」をうまく活かせる占い師であると、さらにいいと思う

〇占い師には霊感は必要ない

 

ぜひ、参考にしてください!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。