タロットカードの意味や占い方が分かる初心者におすすめの本

タロットカードの意味や占い方がわかる、特に初心者におすすめの本を紹介します。
このサイトで、タロットカードの意味をご紹介するときにも参考にしている本たちばかりです。

数字の意味や象徴の捉え方は、タロットカードがマルセイユ版であろうがライダー版であろうが、基本的には共通します。

(原理原則が一致しないのは……むしろオカシイトサエオモウから)

もちろんほかにも参考にしている本はたくさんあります。
必ずしもタロットのことが書かれている本ばかりを参考にしているわけではなく……さまざまなジャンルのエッセンスをリーディングには活かします。

占いは、なまものですから。

リーディングの参考になる本は、おいおい、個別にご紹介してきたいと思いますので、まずは、タロットの意味や占い方がわかる、特に初心者向けの本のご紹介です!

さっそく……まいりましょー

タロットカードの意味を読むうえで欠かせない「数字」に関する本

数の原理で読むタロットカード

数の原理で読むタロットカード
著者 松村潔|出版社 星和書店


私のタロットリーディングは、この本が軸になっている、といっても過言ではないほど、読み込んでいる本です。

数字のお話から生命の樹まで、タロットカードをあらゆる視点からのぞいています。

この本で扱っているカードはマルセイユ版ですが、数字の原理原則や生命の樹のお話は、ライダー版にも共通する視点です。

もし、タロットリーディングのために参考にしている本が、どれも同じように思うことがあるならば……ぜひ手に取ってみてください!

新たな視点が加わることは、間違いありません!!

数はなにを語るのか

数は何を語るのか
著者 F.C.エントレス A.シンメル|出版社 翔泳社


こちらは、前出の「数の原理で読むタロットカード」の参考資料として挙げられていた本でもあります。

数字をテーマにした本であり、タロットの専門書ではありません。

数秘などに興味がある方ならば、もしかすると読んだこともあるかもしれません。

著者の思想に若干の偏りがあるかもしれませんが、そういう部分も含めて興味深いものがあります。

「数字」を知るうえでは参考になる本です。

タロットカードの意味を読むうえで欠かせない「図像」の参考になる本

大アルカナで展開する タロットリーディング実践編

大アルカナで展開するタロットリーディング 実践編
著者 松村潔|出版社 説話社


マルセイユ版の大アルカナに関する本ですが、図像の解釈が端的にまとめられていて、とても参考になる本です。

「実践編」というだけあって、図像の他に、数字のお話や逆位置のときはどう読むか? についてもまとめられています。

とりあえず大アルカナだけをマスターしたい、ということであれば、まずはこの1冊があれば十分かもしれません。
それほど分厚い本でもないですし、サクサク読めます。

はじめのうちは、消化不良と燃え尽き症候群になってはもったいないので、分厚い本から入るのではなく、内容が十分にありそれほど厚くない本をおすすめします。

カードを手元に置きながらときどき引いてみるなどをして、1冊の本をじっくり何度も読む方がいいと思います。

ちなみにこちらの本は、前出の「数の原理で読むタロットカード」と、後出の「魂をもっと自由にするタロットリーディング」と合わせて読むと、タロットの世界観から小アルカナのリーディングまでを網羅できます。

松村先生のこの3作は……私の必須アイテムです!

タロット象徴辞典

タロット象徴事典
著者 井上教子|出版社 国書刊行会


こちらは、ライダー版の本です。
ライダー版を使っている方ならば、ぜひとも手元においておきたい本です。

ライダー版ではありますが、そもそも原理原則は共通するものですから、マルセイユ版を扱っているとはいえ参考にすることがあります。

本のタイトルのとおり「辞典」ですから!

大アルカナから小アルカナまで網羅されているのは当然ですが、ライダー版以外のタロットのことやタロットの歴史まで書かれている、まさに「タロット辞典」です。

タロットカードで占い方を身につけるために参考になる本

魂をもっと自由にする タロットリーディング

魂をもっと自由にするタロットリーディング
著者 松村潔|出版社 説話社


こちらは、マルセイユ版の大アルカナから小アルカナまでのカードの意味が網羅されています。
前出の「大アルカナで展開する タロットリーディング実践編」とセットで読みたい本です。

ここで参考にしたいのは、小アルカナについて、ということもありますが、特に、大アルカナも小アルカナも、全てのカードの最後に必ず書かれている「積極的な意味と消極的な意味」です。

カードの意味が多くて覚えるのが大変……となったときは、まずはここの部分だけでいいので、押さえましょう。

せっかく興味をもったことでも、はじめに飛ばしすぎて続けることが辛くなっては本末転倒です。
知識の幅は、徐々に広げていけばいいのですから。

ちなみにこの本には、カードの意味だけではなく、カードの扱い方も書かれています。
実は私……シャッフルの仕方がいまひとつ掴めずに、この本を参考にした経緯があります。

最近は動画などもあるので、混ぜ方自体はわかるのですが……
シャッフル(カードの混ぜ方)は、特に「これ」というものもなくて、意外とひとそれぞれです。いろいろ試してみたのですが、どうも自分にしっくりこない……

そんなとき、松村先生の本に書かれていたやり方が自分に最もしっくりきた、というわけです。

自分で「分かっている」と思っていることは、たとえ本に書いてあっても意識にとまらないものですね……当時は読み飛ばしていたのだと思います。それまでこの本のなかに、シャッフルについて書かれている記憶がありませんでした。

どれもイマイチやな……と思ってようやく目についたのが、この本に書かれていたカードのシャッフルについて。
「あ! こんなことも書いてあったんだ……」と、反省したことを思い出します(笑)

 

初心者の頃は、誰かの真似をするのが一番です。そこから広げていけばいい。

もし、参考にするものがない、今の感覚にしっくりくるやり方がない、という方は、ぜひ、この本を手にとってみてください!