無料占い仕事(タロット)|ブラック企業を辞めて2年。求職活動に疲れてきました……

ブラック企業を2年前に辞めて仕事を探しています。未だ見つからないのですが求職活動に疲れてきました……

2年前にブラック企業を辞めてから仕事を探していますが、未だに見つかりません。そのため勉強したりフリーで働いたり、奉仕活動をしたりしています。

今後3か月私の求職活動に光は見えるでしょうか。
そろそろ疲れてきて求職活動を終了しようと思っています。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

求職活動に光は見えるでしょうか、というご相談にケルト十字を展開すると……

【1枚目:テーマ】小アルカナ:カップの4の正位置
タロットカード「カップの4」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【2枚目:覆われたベール】小アルカナ:棒の2の正位置
タロットカード「棒の2」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【3枚目:キーカード】小アルカナ:剣の9の正位置
タロットカード「剣の9」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【4枚目:過去】小アルカナ:コインの騎士の逆位置
タロットカード「コインの騎士」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【5枚目:現在】大アルカナ8:正義の逆位置
タロットカード「正義」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【6枚目:未来】小アルカナ:剣の4の正位置
タロットカード「剣の4」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【7枚目:本心】小アルカナ:カップの王の正位置
タロットカード「カップの王」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【8枚目:相手・環境】小アルカナ:カップの1の逆位置
タロットカード「カップの1」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【9枚目:最終的な意思】小アルカナ:剣の2の逆位置
タロットカード「剣の2」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【10枚目:着地点】小アルカナ:コインの王の正位置
タロットカード「コインの王」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

※タロットは、ご相談内容からカードの意味と展開を総合的にみてリーディングをします。逆位置も含めた今回のリーディングは下記よりご覧ください。

「求職活動に光は見えるでしょうか」というご相談のケルト十字から総合的に読みとれること

カードから読み取れることを率直にお伝えすると……休んでほしい。
これに尽きます。
また求職活動に光が見えるかどうか、でいえば、光は見えずらいです。

なぜそう読んだのか……少しだけ、カードから見えることをおはなしさせてください。

今のご相談者様のテーマは「カップの4」。「カップの4」は癒しのカードです。
ご相談者様の今の課題は、ゆっくりすること、エネルギーチャージをすること、と読むことができます。

けれども、課題を覆っているものがあります。それが「棒の2」です。「棒の2」は野望のカード。
こんなことをしたい、あんなこともできそう、次こそは!……そんな想いがどんどん膨らんでしまうのです。

ここ……矛盾しています。
一方ではゆっくりした方がいいという。でも、どこかに、動きたい! という想いがある。

さて。現状は「正義」の逆位置。
現状において、物事を客観的にみる目や強い意志、判断力が、まだ十分ではない状態が表れています。

もしこのままいけばどうなるか……「剣の4」。「思考停止」です。
強制終了的に、休まざるを得ない状況が出てきます。

だから……

「そろそろ疲れてきた」とおっしゃっている今、もう、ほんとうに休んでほしいです。

「求職活動に光が見えるかどうか」については、「休んで」というシグナルが出ていることもありますが、特に9枚目の「剣の2」と10枚目の「コインの王」のカードにも注目しました。

9枚目の「最終的な意思」のカードが「剣の2」です。
これは、意志と感情の狭間で身動きが取れなくなることを表します。

そして10枚目の「着地点」は「コインの王」の逆位置。
お金や具体的な結果を象徴する「コイン」。それを司る「王」が、ひっくりかえっていることからみても……具体的な結果は出にくい、と読むことができます。

これらのことから総合的にみて、「やすんだらええよ」と思ったわけです。

ただひとつだけ。「やすむ」といっても、ここはスルーしたくないのです。
それは、ご相談者様のなかにある「棒の2」です。

こんなことをしたい、あんなこともできそう、次こそは!……このフツフツと沸いてくる気持ちを持ったまま「休めばええ」といわれても、なかなか難しいところもあります。

なぜかといえば……休むためにと、その気持ちを強引に押えつけてしまうと、余計にまとわりついてくるからです。
そうするとどうなるか……休んでいることに罪悪感を持ってしまい、ゆっくり休むことができません。

もし「こんなことをしたい、あんなこともできそう、次こそは!……」という気持ちが湧いてきても、「なにかしないと!」と焦って動くことはストップです。

その代わり、その気持ちが湧いてきたら、紙とペンを持ってください。
そして、「こんなことをしたい! あんあこともできそう、次はこうするぞ!」というのを、なぐり書きでいいので紙に書きだしてほしいのです。

とりあえず「動く」のではなく、まずは、その想いを見える化する
これが、ここのポイントです。
そして「想いが具体化できるまでは動かない!」と決めるといいです。

そうすれば、動く理由がなくなります。反対に、休む理由ができます。

さて。ここからは「キーカード」に場を譲りたいと思います。

キーカードから、もう少し詳しく「どうすればいい?」を探っていきたいと思います。

キーカードは「剣の9の正位置」

ここからは、ご相談者様の「どうすればいい?」に応えるヒントを探っていきたいと思います。

キーカードは、小アルカナ:剣の9の正位置です。
「剣の9」のカードは、精神主義、理想主義の行き過ぎを警告するカードです。

単純なアドバイスとしては「リラックスしたらいい」とか「もうちょっと気楽に考えたらいい」というようなことになるのですが……

気楽になれたらこんなに思いつめることもないわけで……ここではもう少し視点を変えていこうと思います。

数字の「9」は、総合、精神的な世界、哲学、応用性、智慧、といった意味を持ちます。
「剣」は、情報、智慧、知性、理性、といった意味があります。

あわせると、総合的な経験や学び、智慧が集約されている知性。
総合的な経験や学び、智慧が集約されている知性、とえいば……なにを思い浮かべますか?

私から、ひとつあげさせてください。

先ほどから「やすんで!」というお話をしています。
まずは寝る! が第一です。でも、もし寝ることに飽きたら、図書館や本屋さんにいって「本」に触れてほしいなぁ、と思います。

「本なんて……」と思うかも知れません。でも、はじめは本屋さんや図書館に行くだけでいいんです。本屋さんや図書館の、本がたくさん並べられた棚をぼうっと眺めているだけでもいい。

そのうち「なんかこれ……」と目に留まる本が出てきます。
そしたらそれを手に取って、パラパラとめくってほしい。なんか面白うそうかも、と思ったら、読んでみてください。

「くつろげる場所で、本を読みふけってみてほしい」
これが、キーカード「剣の9」からのアドバイスです。

今回の展開には、「本心」の配置に「カップの王」がありました。
カップの王は、感動や心の交流を司るカードです。

それもあったので、「総合的な経験や学び、智慧が集約されている知性」に「心が動かされるもの」をプラスして、ここでは「本」をおすすめしました。

心に響く本との出会いが、その人の人生に影響を与えることがある、ともいいます。
ご相談者様にも、そんな本と出会ってほしいなぁと思います。

今の仕事、働き方、将来がみえなくてほんとうにこれでいいのだろうか……漠然とした不安があれば、話してみてください。

誰でも安心してご利用いただける無料占いを受付中です。
あなたのお悩みにもお応えいたします。

下記専用ページからご相談ください。

無料占い受付中 ◆無料占い受付フォーム◆ みなさまから頂いたご質問やご相談には、匿名にて、うらないばのブログでお答えしております。 占術...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

コメント

  1. アバター Struppi より:

    診断をありがとうございます。本当にその通りの状況です。現在に関しては実際に他人からそう指摘されたことがありますが、自分であまり自覚がないのが悩ましいです(直し方が分からない)。
    せっかちな性格なので、焦りがありそれが棒2に現れていると思いました。
    休まないといけないのですね、趣味は続けつつ力をもっと抜いて、周りに振り回されず自分のペースでゆっくり動こうと思います。
    感謝します。

    • 安賀里 安賀里 より:

      この度は、うらないばの無料占いにお寄せくだりありがとうございました。

      今は「あぁ、棒の2や」と思えるだけで大丈夫です。
      「棒の2」の想いを書き続けていると、だんだんと具体的なことが書けるようになってきて、「これ……やるわ」とどうしようもなく動きたくなる「その時」が、必ずやってきます。
      その時まで、趣味をやりつつ休むことをやる! という感じです。
      どうか、ご自身を大切にしてあげてください。

      メッセージ、ありがとうございました。

      安賀里