LINE公式アカウントにて星模様にみる機転を毎週発信中

再婚を子供たちに伝えるタイミング。熟年離婚を経験したあなたが幸せになるために。

再婚することを子どもに話すタイミングを見て欲しい

離婚して3年。

二人の子どもたちは成人をしていて、下の女の子はひとり暮らしの学生。上の子は男の子で社会人3年目。

離婚してからも子どもたちと会うことはしょっちゅうだ。

夢を追って頑張っている下の子のことはそれほど心配しておらず、むしろ、こちらが勇気づけられている。

ただ、兄の方は仕事が忙しくて大変だと聞くし、父親との仲がうまくいってないことも耳にしていて、心配なことも多い。

下の子には再婚のことを伝えている。私のことを応援してくれていて、でも再婚相手に会うのは嫌らしい。

相手に会うのが嫌でも、再婚のことを良いように取ってくれていることは、ほんとうに嬉しかった。

けれど……兄の方にはまだ再婚のことを話せていない。言い出しづらいというか、なんというか……

昔から気難しい子で、どう切り出せばいいだろう、とか、どう説明すればいいだろうとか……

離婚後に出会った人だけれど、離婚してからまだ3年だし、不倫してたんじゃない?! などと勘繰られたら嫌だなぁ、とか……変な心配をしてしまう。

あの子が仕事でしんどそうなのを知っているだけに、自分だけが幸せになるみたいで、気が引けるというかなんというか……話すタイミングが難しくて……いつ、再婚のことを打ち明けるといいのだろう……

占い師さん、こういうことを話すのがいい日って、あるんですか?

このように、親が子どもに大切なことを話すタイミングを見て欲しい、というご相談を寄せられることがあります。

たとえ成人している子供であっても、親にとっては、いくつになっても子供は心配なものでしょう。

そして、子供には幸せになって欲しい、と願うからこそ、子供たちが仕事でしんどい思いをしていたり、人間関係で疲れている状況を察してしまうと、自分だけが幸せになるような気持になって、再婚の話が切り出せない……

心情的に、「子供は子供、私は私」と、なかなか切り分けずらいことだと思います。

子供に再婚の話をするのに「いい時期」とは?

「タイミング」についてご相談があるときに、占い師として私が大切にしていることは、ご相談者様本人の状態や状況です。

いい日はいつですか? と聞かれるとき、占いでは運気の流れを読む方法を使うのが一般的です。

けれども、この方法で運気の流れを見る場合、人によっては、「運気の流れがよくない」と言われる時期が1年以上続く場合もあります。

運気については、こちらにも記事にしていますが

▶参考記事:運気が悪いとき良いときの過ごし方。言葉に惑わさず自分らしく過ごしていこう

「いい時期」といっても、実際に、受け取る側の心の準備ができているかどうかや聞く余裕があるかどうかについては、運気の流れとは別の問題です。

また現実的には、1年以上も大事な話を保留し続けるわけにもいかない場合もあるでしょう。

そのため、デリケートな話ほど、運気の流れ以上に、ご相談者様本人の心理状態に注目します。

大事な話であればあるほど、本人が子供に言い出しにくいと感じていればいるほど、いつも以上に気力や胆力がいることでしょう。

だから、子供に再婚の話をするのに「いい時期」とは、大事な話を伝えるご本人の状態が安定しやすいとき、がベストです。

 

さて、「親子関係」と一口にいっても、その形や在り方は一括りにできるものではありません。

またどのような親子関係があったとしても、親が子供の幸せを願うのと同じぐらい、親自身、自分の幸せを願ってもいいはずです。

たとえ、子供のことがどんなに心配でも、親が自分の幸せに向かう姿を見せることができれば、子供は勝手に親から離れ、親とは異なる自分のオリジナルの幸せに向かって歩けるのではないでしょうか。

うらないばは、ご自分の幸せに向かおうとする、そんなあなたを応援しています。

占いから、運気の流れに加え、大事な話を伝えるご本人の状態が安定しやすいときを読み解き、子供への伝え方や、伝えた後の子供との関わり方などもあわせて、読み取れることをお話します。

抱えている不安な気持ち、周りの誰にも言えないどんなこともお聞きし、占いを使って、あなたの気持ちを整理するお手伝いをします。

いつでもご相談ください。

 

コメント