LINE公式アカウントにて星模様にみる機転を毎週発信中

熟年離婚からの再婚。子どもたちへ打ち明けるタイミングに悩むとき

大切なことを子どもに話すタイミングを見て欲しい

離婚して3年。

二人の子どもたちは成人をしていて、下の女の子はひとり暮らしの学生。上の子は男の子で社会人3年目。

離婚してからも子どもたちと会うことはしょっちゅうで、下の子には再婚のことを伝えている。

下の子は応援してくれていて、でも再婚相手に会うのは嫌らしい。私も無理強いするつもりはないし、再婚のことを良いように取ってくれているのはよかった。

夢を追って頑張っている彼女のことに心配はなくて、むしろ、こちらが勇気づけられている。

ただ……兄の方にはまだ再婚のことを話せていない。

兄の方は仕事が忙しくて大変だと聞くし、父親との仲がうまくいってないことも耳にしていて、言い出しづらいというか、なんというか……

昔から気難しい子で、どう切り出せばいいだろう、とか、どう説明すればいいだろうとか……離婚後に出会った人だけれど、離婚してからまだ3年だし、不倫してたんじゃない?! などと勘繰られたら嫌だなぁ、とか変な心配をしてしまう。

あの子が仕事でしんどそうなのを知っているだけに、自分だけが幸せになるみたいで、気が引けるというかなんというか……タイミングをすごく気にしていて……いつ、再婚のことを打ち明けるといいだろう……

占い師さん、こういうことを話すのがいい日って、あります?

大切な話をするのに「いい時期」とは?

このような「大切なことを誰かに話すタイミングを見て欲しい」というご相談は少なくありません。

「タイミング」についてご相談があるときは、「時期を読む技術」を使うのが一般的ですが、読み取れるものは、あくまでも周期的な流れであって、一般的に「よくない」と言われる時期が、1ヵ月で終わる場合もあれば、1年以上続く場合もあるわけです。

そのため、タイミング的には「よくない」と言われていても、現実的には1年以上、大事な話を保留し続けるわけにもいかないでしょうし、いくら「いい時期」といっても、実際に、受け取る側の心の準備ができているかどうかや聞く余裕があるかどうかについては、周期とは別の問題ですから、なにもかもがぴったり「いい時期」というのは、なかなかないのも事実です。

またそういう場合が大方ですから、タイミングについてご相談があった場合、占い師として私が大切にしていることは、ご相談者様本人の状態や状況です。

大事な話であればあるほど、本人が子どもに言い出しにくいと感じていればいるほど、いつも以上に気力や胆力がいることでしょう。

そのため、大事な話を伝えるご本人の状態が安定しやすいときを、「いい時期」として読み進めるのが、私の占いのスタイルです。

占いを使って、あなたの気持ちを整理するお手伝いをします

親子関係は、愛着問題と結びついて複雑に思われがちです。

けれど、どのような親子関係がベストかなど一括りにできるものでもないし、ましてや、親が子どもの幸せを願うのと同じぐらい、親自身、自分の幸せを願ってもいいはずです。

親離れのできていない子どもがいたとしても、親が自分の幸せに向かう姿を子どもに見せることができれば、子どもは勝手に親から離れ、親とは異なる自分のオリジナルの幸せに向かって歩けるのではないでしょうか。

うらないば、は、ご自分の幸せに向かおうとするあなたを、応援します。

いったん「親だから」といった役割を脱いで、自分自身の幸せについて向き合ってみませんか?

抱えている不安な気持ち、周りの誰にも言えないどんなお話もお聞きし、占いを使って、あなたの気持ちを整理するお手伝いをいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました