マルセイユタロットカードで恋愛・仕事を読む。ワンオラクルの占い方|コイン(貨幣)の10

タロット―カードの占い方として、ケルト十字やヘキサグラムなどの展開を行うことがあります。

このときの「キーカード」に「コインの10」が出てきたらどうなるだろう? 

ここでは特に、恋愛と仕事の両面から「キーカード」を読むコツを、小アルカナの「コインの10」にみていきます。

また、「こんなときは『コインの10』を意識してみて!」という「コインの10」からのメッセージとして、タロットカードの1枚引き(ワンオラクル)にもご活用ください!

 

※ここでお伝えすることは、「必ずこう読もう」というものではありません。ご相談内容や展開されるカードによって、読めることも異なります。あくまでも、よくある一例、としてご参考頂ければ幸いです。

 

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

タロットカードの「コインの10」をキーカードとして読むコツ

※小アルカナは、「棒=火」「コイン(貨幣)=土」「剣=風」「カップ(杯)=水」の4つの要素と、1から10までの数字をつかんでおくと、読みやすくなります。

 

「コイン」のキーワードは「現実的」「物質性」「お金」「身体」「五感」。
数字の「10」は、物事が完結する数字。

「コインの10」は、形が出来上がる、カードです。
願ったこと、想いが現実的な形となり現れます。

これまでに培ってきた経験やご縁の集大成が「コインの10」とみてもいいです。
家族、会社、社会などの一致団結した集団の姿がここにあります。

またコインを象徴する「土」は、踏み固めることで固い基盤となります。
中世などはその上にお城を築いたのですから……「コインの10」として完成した基盤は、子々孫々の繁栄をもたらす「礎」と捉えることもできます。

それはどのコインのカードよりも完成度が高く、将来的な安定の基盤となるもの。

恋愛でいえば、将来を約束ような関係を築いたり、円満な家庭を築けるような関係と捉えてもいいでしょう。
仕事でいえば、それなりの地位も肩書も、またお金も手に入れる「基盤」を持つことになります。

 

タロットカードの「コインの10」が恋愛のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、恋愛における「コインの10」のアドバイスはどういうものとなるでしょう?

そこで……ここでは2つの場面に対する「アドバイス」について「コインの10」の意味を考えてみたいと思います。

①ひとつめは、まだ相手がいない場合。
②ふたつめは、相手とギクシャクしてきたとき。

 

まだ相手がいない場合の「コインの10」からのアドバイス

まだ相手がいないときに「コインの10」が出てきたら、「お見合い」にご縁があったり、親戚などの血縁者から、いいお話が広がる可能性があります。

「コインの10」には、ご縁が詰まっています。
恋愛においても、自分ひとりだけの力で形にしていくのではなく、周りからもコインが集まってきて形になっていくイメージがあると、「コインの10」のご縁がどこにあるのか?? 掴みやすくなります。

合コンよりもお見合いサイト、お見合いサイトよりも親友からのご縁、親友からのご縁よりも親戚からのご縁……縁を繋ぐ血が濃くなるわけです。

他には……
「コイン」が「土」であるところから、土地のご縁。
地元のご縁、出身地の繋がりも広がるときです。

また、「コイン」の恋愛観をたとえるならば……「堅い恋愛」といえばいいでしょうか。燃え上がるような恋心というよりも、じんわりじっくり安心感を育てていくような恋愛です。

そんな恋愛観がつまった「コイン」が10枚ですから……恋愛においては、打ち上げ花火のような刺激はないかもしれません。
はじめは好きかどうかも分からなかったけれど、付き合っていくうちにだんだんと惹かれていった……

そんなご縁が、あなたを待っているでしょう。

 

恋人とギクシャクしてきたときの「コインの10」からのアドバイス

パートナーとギクシャクしてきたときに「コインの10」がキーカードに出てきたら、基本的に、そのギクシャクはあまり気にしなくてもいいです。
二人の関係が崩れてしまうようなギクシャクではないからです。

ただ、パートナーシップで「コインの10」がアドバイスで出てきたなら、ひとつだけ意識しておいてほしいことがあります。
それは、日常のひとつひとつを丁寧に過ごしてほしい、ということです。

「コイン」が象徴する「土」は、物質や現実を表します。
タロットの4つの要素である「火」「土」「風」「水」のなかで、最も「ある」と実感できるものが「土」です。

それはなにも、「もの」に限ったことではなく、たとえば、私たちが暮らしている家も、一緒にいる人も、それらを大きく捉えたなら、経験もあなたがいる空間も時間さえも……「土」。
日常で体験できるあらゆることを「土」と捉えてみてもいいのではないかと思うのです。

起きて顔を洗うことも、鏡で自分の顔をみることも、また、おはよう! と挨拶することも、洗濯をすることも、パートナーとの会話も……どんなに何気などんなに小さなことであっても、みな同じ「土」。

すると、完成形をあらわす「10」という数字がついた「コインの10」は、まさに日常の集大成といえます。

だからこそです!
「コインの10」を形作る1枚1枚の「コイン」=「土」がどう扱われたかで、「コインの10」の満足感も変わるのです。

パートナーと一緒に過ごす時間、何気ないいつもの会話を意識してみてください。
もっともっといい関係を築いていけるでしょう!

 

タロットカードの「コインの10」が仕事のキーカードとしてでてきたらどうする?

では、仕事における「コインの10」のアドバイスはどういうものになるでしょう?
ここは全体的なアドバイスとして考えてみたいと思います。

仕事で「コインの10」が出てきたら、これまで取り組んできたことが形になるとき。
プロジェクトの円満な完了を迎えたり、安定的な売り上げの確保や、商売が軌道にのってくるなど……ひとつの形を完了させて終えることもあるでしょうし、将来的な基盤ができることもあるでしょう。

ここは「コインの10」ですから、みんなが一丸となって最後まで務めることが大切です。

派手な演出をするのではなく粛々と終えることが大切ですし、勝負やチャレンジにでるよりも安定維持に努めるように。
「コインの10」はそうアドバイスします。

今の成功を謳歌するのもいいですが、次なる発展を見据えて、変わらず謙虚に堅実であることです。
あまり、羽目を外し過ぎないように……ネ。

 

タロットカードの「コインの10」を読むときに参考にしてほしい記事

マルセイユタロットには慣れていない?!でもこれさえ押さえれば大丈夫!
正位置と逆位置のキーワードを完結にまとめています。初心者必見のこちらを参考ください!

タロットカードの大アルカナと小アルカナについて、タロットに興味がある! タロットを学びたい! という方に向けて「これだけは押さえておきたい...

マルセイユタロット「コインの10」の読み方のコツを知りたい?!
キーワードを押さえるたけでは足りない方には、カードを「読むときのコツ」が参考になります!

タロットカードの小アルカナの意味を一覧でご紹介しています。 小アルカナは、数字とカードのスート(棒・貨幣・剣・杯)の意味を組み合わせて読ん...