ケルト十字の読み方実践!|フリーターをやめて就職をするのも怖いのですが、でも……

フリーターをやめて就職をするのも怖いのですが、でも、将来のことを考えるフリーターをこのまま続けていいのだろうか……と考えてしまいます。

20代実家暮らしのフリーターです。今の仕事に大きな不満はありませんが、このままフリーターを続けていられない、という思いもあります。

でも、なんどか就職に失敗していて、フリーターから会社に就職するという変化が怖くもあります。

今の甘えが将来的に大きな代償にならないか、とも思いつつ変化が怖く……関わりたいと考えている職種もぼんやりとあるのですが、踏ん切りがつけられずにいます。

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。 匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。

「フリーターをやめて就職をするのも怖いのですが、でも……」ということについてケルト十字を展開すると……

【1枚目:テーマ】小アルカナ:剣の王の逆位置
タロットカード「剣の王」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【2枚目:覆われたベール】大アルカナ9:隠者の逆位置
タロットカード「隠者」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【3枚目:キーカード】小アルカナ:棒の8の逆位置
タロットカード「棒の8」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【4枚目:過去】大アルカナ7:戦車の逆位置
タロットカード「戦車」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【5枚目:現在】小アルカナ:コインの9の正位置
タロットカード「コインの9」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【6枚目:未来】大アルカナ3:女帝の正位置
タロットカード「女帝」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【7枚目:本心】大アルカナ16:塔の逆位置
タロットカード「塔」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【8枚目:相手・環境】小アルカナ:棒の3の正位置
タロットカード「棒の3」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【9枚目:最終的な意思】大アルカナ2:女教皇の逆位置
タロットカード「女教皇」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

【10枚目:着地点】大アルカナ19:太陽の逆位置
タロットカード「太陽」の意味はこちらをクリックしてご覧ください

※タロットは、カードの意味と展開を総合的にみてリーディングをします。逆位置も含めた今回のリーディングは下記よりご覧ください。

「フリーターをやめて就職をするのも怖いのですが、でも……」というお話をケルト十字でリーディング

今の生活が変化することに対して怖さがあるとのこと……お察します。
その怖さに対してどう進んでいけばいいのか? それは、カードの展開に表れています。

ここでテーマとなっているのは、「剣の王」の逆位置。
「剣の王」は、誰よりも冷静沈着。情報を扱う達人で、感情よりもデーター重視。物事の判断には、かならず客観的な指標から判断します。
ですが、これが逆位置となっていますから……客観的な判断が鈍っている状態です。

この判断の鈍りをどう対処するか? それが、ここでの大きなテーマとなります。

その隣のカード、テーマを「覆っているもの」が「隠者」の逆位置。
「隠者」は、ランプの灯に希望を見つけるのですが……カードでは、ランプの位置が右下になっています。

このランプはいったい何をさしているのでしょうか?
それを全体から眺めてみると……「本心」の配置にある「塔」の逆位置が相当します。

「塔」の逆位置は、壊れるべきものを意図的に壊そうとしない、という意味を持っています。
つまり……殻を破らないことが、隠者の希望です。

とはいえ「隠者」は、テーマを「覆っているもの」です。テーマをあやふやにしたり、テーマの奥に隠された心理、あるいは可能性が、ここの配置のカードが表すことです。

では「テーマ」「覆っているもの」「本心」を総合して読んでみるとどうなるでしょう……

ここでは、「殻を破らない方が心地いいかもしれないけれど、そのことが、今の状況判断を鈍らせている」と読みました。

もちろん、未来に可能性がなければ、そのままでいいと思うのです。
けれども、この展開の「未来」の配置には「女帝」のカードがでています。
「女帝」は、生み出すカード。物事が発展するときに出てくることが多いです。

つまり……この「未来」には発展性があるのです。

なんだけど……着地点は「太陽」の逆位置。
このままいけば、未来の発展を受け取れないどころか、祝福の太陽からの恩恵がえられません。

だから……「塔」の破壊を故意に遅らせることなく、自分が発展できる道を進んでほしいのです。

それに「塔」の破壊は……今、故意に遅らせたとしても、将来的には起こるべきものだから。

さて。ここからは「キーカード」に場を譲ります。
キーカードから「じゃぁ、太陽の恩恵を得るにはどうしたらいい?」をキーカードから探っていきたいと思います。

キーカードは「棒の8の逆位置」

ここからは、キーカードから「じゃぁ、太陽の恩恵を得るにはどうしたらいい?」を探っていきます。

キーカードは、小アルカナ:棒の8の逆位置です。
「棒の8」は、「畳みかけるようなパワー」「決断が速い」「限界に燃える」というような意味があります。

けれどもここは、「棒の8」を表現するキーワードではなく、「棒の8」の本質から考えてみたいと思います。

「棒」は、「ビジョン」「情熱」「創意」などを表します。簡単に言えば……「やる気」でしょうか。
それが数字の「8」です。「8」は、「凝縮」「集中」を意味します。

つまり、情熱が凝縮される、パワーが満ちる、となります。

もちろん、ここは逆位置。
そもそも「凝縮」が本質であり、それが「逆」となるのですから、単純に考えれば、出す!! となります。

ここはアドバイスですから、「やる気を出せ!」「情熱を見せろ!」みたいになるのですが……そんなん、簡単にできたらとっくにやってるわ!! なわけです。

そこで提案です。
文面に書かれている、ぼんやりと持っているという「関わりたいと考えている職種」をもっと突き詰めてみませんか?

これは「棒の8」の本質でもある「凝縮」に関わります。
カードは、たとえ逆位置になっても、その本質から離れません。

「棒の8」の逆位置はいいます。
「やりたい!」という気持ちをもっともっと集めて爆発させよう!!

具体的には、関わりたいと思う職種について、まずはインターネットで調べてほしいのです。

どんな仕事があるのか?
どんな会社がそれをやっているのか?
その会社ってどんなところ?

インターネットができれば、これらのことは簡単に調べることができます。
いろいろなサイトを読みながら、「これ、オモシロそう」「これならできそう」「これいいかも」という気持ちを、高めてほしいのです。

気持ちが高まってきたら、次は、リクルート情報を探して応募をする。

アルバイトでも時間雇用でも、期間雇用でも、雇用形態にこだわることはありません。そこで経験ができるなら積み上げてみてほしいのです。

「棒の8」の逆位置がいうところの「やる気を出す」とは、つまり、実際に行動してみること、に相当します。

なお、文面には「怖い」という気持ちがある、とも書いていました。

「怖い」は、小さな「できた」を集めることで消えていきます。
いきなり就職することが怖いからこそ、まずは、その職種に関わることからはじめてみてほしいのです。
それをするのに、アルバイトや時間雇用、期間雇用、正社員などの、雇用形態に拘ることはありません。

いきなり本丸を攻めると大変ですが、その周辺から攻めていこう! というのが、雇用形態に拘らない、という作戦です。

アルバイトからであっても、その職種に関わるスキルは身につくでしょう。もしかすると、時間雇用から正社員、という話がでてくるかもしれません。
慣れた会社での就職であれば、「怖い」という感情も湧きにくく、就職へのハードルも低くなります。

それに……

インターネットで情報を集めながら気持ちを高め、どんなに小さくてもいいのでできるところから始めてみよう!

というアドバイスは、「剣の王」が得意な「情報」と、「塔」の「殻を破る」が両方満たせる、アイデアでもあります。

あとは……やってみるだけです。

未来の発展と太陽の祝福を、受けてほしいと思います。
応援しています。

仕事のやりがいを感じない、転職を迷っている、職場での人間関係……立場上、職場関係者には相談しずらい、などでも大丈夫です。話してみてください。

誰でも安心してご利用いただける無料占いを受付中です。
あなたのお悩みにもお応えいたします。

下記専用ページからご相談ください。

無料占い受付中 ◆無料占い受付フォーム◆ みなさまから頂いたご質問やご相談には、匿名にて、うらないばのブログでお答えしております。 占術...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

うらないばの無料占いでは
ご相談ごとに占い師がタロットカードやホロスコープを展開し、丁寧に読みます。
結果はブログにてお応えします。
匿名でどなたでもご利用いただけますので
下記ボタンをクリックし専用ページからご相談ください。